健康

発達障害は心の問題ではなく、脳の神経の発達の問題である

投稿日:23/10/2017 更新日:

この解説分かりやすいです。

発達障害は心の問題ではない

発達障害は心の問題ではなく、脳の神経の発達の問題であるということも脳科学で分かってきました。
発達障害児の脳の神経は、一般の人よりも成長が緩やかか、うまく繋がっていません。 それにより、脳の発達に問題がない人には見られない様々な特徴が現れます。

ADHDに関して現在わかっていること

ADHDに関してわかっていることと、未治療のままだとどういったリスクを抱えるのかを簡単にまとめます。
ADHDの原因とは?ADHDもASDと同じで、遺伝と環境の掛け算によってその症状がおもてに現れることがわかっています

発達障害の種類 ADHDその1

ADHDは大きく分けて二つに分類できます。
・不注意優勢型
・多動・衝動性優勢型
脳の機能から考えて比較的軽度と考えられるのが、不注意優勢型です。

発達障害とは ADHDその2

不注意優勢型タイプのADHDについて。
不注意優勢型とは、ADHDの中でももっとも軽度に分類されます。実際に衝動性優位のADHDと比較すると分かりやすくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

医者に殺されない47の心得を身に着けましょう

最近、身近(年の近い)な人の訃報が多い。 そのほとんどが、癌での死亡。 これって、本当に癌で死んだのか疑問に思っています。 もし自分が癌だと分かったら余命申告を真っ先に聞きたい。 そして、そう診断した …

子どものうつ病も本人ではなく、周囲の環境が原因で引き起こされている

子どものうつ病も本人ではなく、周囲の環境が原因で引き起こされています。 医者のいうままに子どもに薬物を投与することは、大変危険です。 必要なことは薬物治療ではなく、子どもが無理して周りに合わせるのでも …

朝調子が悪くて起きられない起立性調節障害の治療法は未確立

不登校の子どもたちは、学校に行く時間になると、本当に頭やお腹が痛くなったりします。本当に!です。 昨日の夜には、はりきって(無理しすぎて)明日の学校の用意をしていますが、当日の朝になって急に頭やお腹が …

元自衛隊メンタル教官が教える「心が折れてしまう」原因

不登校やひきこもりは、本人に原因があるのでも責任があるのでもありません。 ましてや、親の育て方や教育方法が原因なのでもありません。 なので、不登校やひきこもりになったからといって、本人や親を責めたりす …

斎藤環さんの著書『オープンダイアローグとは何か』を読みました

斎藤環さんの著書『オープンダイアローグとは何か』(2015年6月・医学書院刊・斎藤環著・訳) を読みました。 こちらのサイトにエッセンスが分かりやすくまとめられていたので紹介します。 「オープンダイア …

スポンサーリンク

スポンサーリンク