健康

発達障害は心の問題ではなく、脳の神経の発達の問題である

投稿日:23/10/2017 更新日:

この解説分かりやすいです。

発達障害は心の問題ではない

発達障害は心の問題ではなく、脳の神経の発達の問題であるということも脳科学で分かってきました。
発達障害児の脳の神経は、一般の人よりも成長が緩やかか、うまく繋がっていません。 それにより、脳の発達に問題がない人には見られない様々な特徴が現れます。

ADHDに関して現在わかっていること

ADHDに関してわかっていることと、未治療のままだとどういったリスクを抱えるのかを簡単にまとめます。
ADHDの原因とは?ADHDもASDと同じで、遺伝と環境の掛け算によってその症状がおもてに現れることがわかっています

発達障害の種類 ADHDその1

ADHDは大きく分けて二つに分類できます。
・不注意優勢型
・多動・衝動性優勢型
脳の機能から考えて比較的軽度と考えられるのが、不注意優勢型です。

発達障害とは ADHDその2

不注意優勢型タイプのADHDについて。
不注意優勢型とは、ADHDの中でももっとも軽度に分類されます。実際に衝動性優位のADHDと比較すると分かりやすくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

医学不要論

「医学不要論」内海 聡 現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活 …

新型コロナウイルスの感染拡大、学校も在宅学習にしたらいい

新型コロナウイルスの感染拡大による在宅勤務の会社が増えていますが、学校も在宅学習にしたらいいです。 感染しているかどうかは検査しないとわからないのに、検査もしないで感染者が出てから学校閉鎖にしても手遅 …

新型コロナウイルス「感染爆発の重大局面」はどこまで重大か、検査の能力と限界

武蔵野大学国際総合研究所研究主幹 鎌江伊三夫氏の解説です。この解説も信頼度が高い内容だと思います。 「感染爆発の重大局面」とはどこまで重大なのか。私たちは今の事態をどう理解すればよいのか。 感染経路の …

我慢して、無理やり教室で授業を受けさせるために薬を飲ませるんですか?

発達障害の根本治療はできない、薬は百害あって一利なしでもシェアしたのですが、良記事です。 ・授業中に歩き回る、教室に入るのは嫌、テストはやりたくない。 ・薬をのみ始めると落ち着いて授業を受けられる? …

うつや双極性障害などの精神障害がもたらすプラスの能力

うつや双極性障害などの精神障害がもたらすプラスの能力が見直されています。 うつや双極性障害などの精神障害はマイナス、ネガティブな状態としてとらえられがちですが、過去の偉人や著名人など、リーダーとして優 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク