教育

森のようちえん「木とねっこ」主催の「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会

投稿日:21/02/2016 更新日:

今日は、映画「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会に行ってきました。

木とねっこさんとのご縁で、昨日はいろいろな方とのつながりができました。
ご縁に感謝しています。

鳥取県中部の「森のようちえん」あおぞら自主保育の会「木とねっこ」の主催で行われたのですが、県内外の子どもと保護者や関係者などたくさんの方が参加されていました。

知らない人も多いのですが、今では森のようちえんは県内各所にできています。

森のようちえんと従来型の幼稚園や保育園との違いは、ようちえんそのもののフィールドが自然の中にあるという点です。

いやゆる建物、園舎はありません。

子どもたちは、どこかの幼稚園や保育園に通園するのではなく、自然の中で過ごしています。

子ども本来の生きる力を自然との関わりの中で育む保育です。

そこは、こどもの居場所であると同時に親の居場所にもなっています。

子どもの人間関係を作るには親同士の居場所が必要です。

子どもだけでなく親もお互いに安心できて楽しく過ごせる環境が必要なのですが、「森のようちえん」はまさにそのもので、子どもがいきいきと育つ「理想の場」を現実に作っておられます。

不登校やひきこもりなど、子どもが人間関係の中で困った状態に置かれている大きな要因は「遊び場」がないことです。

ゲームやスポーツ活動などの既成の遊びはあるのですが、子どもたちが自ら作り出す自然の中で人間関係を作っていく遊び場がないことが問題です。

現状では「空間」「場所」としてはあるのですが、そこが子どもの「遊び場」となっていないのです。

狭い空間の中に閉じ込められて、教育を強制されていたのでは自主性はおろか人との健全な関わり方は学べません。

今の子どもたちに絶対的に書けているのが「外遊び」です。

自然の中で育った子どもは、体だけでなく脳もたくましくなります。

外でめいっぱい遊んだ子は体験による学習の力が身につきます。

「大物」といわれている人は、幼少期にめいっぱい外遊びをしています。

私も、上井地域の野山をかけまわった野生児でした。
^^
そういう意味でも「森のようちえん」の存在は大きな価値があります。

交流会でも、子育てに大切なことは子どもを「信じる」「見守る」「待つ」ことだと出ていました。

これは、就学前の子どもだけでなく、すべての人に通じることだと思います。

今日も様々な方たちとつながることができましたので、このつながりをもっと広げていきたいと思っています。

鳥取県で子どもも大人もいろいろな人とつながって、これからも楽しいことをやっていきましょう。

おっちゃんたちも森の中で一緒に遊びたいので、今後ともよろしくお願いします。

あおぞら自主保育の会 木とねっこ

https://www.facebook.com/kitonekko/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

不登校の児童生徒が自宅学習で指導要録上の「出席扱い」になるための条件とメリット

文科省は平成17年7月6日に「不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について」とう通知を各都道府県教育委員会教育長宛に出しています。 そしてこのほ …

愛知教育大学臨床総合センターが教材「先生のための発達障害」を制作、公開

愛知教育大学臨床総合センターが、教員が児童生徒の発達障害について理解を深めるための教材「先生のための発達障害」を制作し公開しています。 発達障害のある児童に対する効果的な対応例の映像とその解説をまとめ …

倉吉トトロの会の20周年パーティーに行ってきました

昨日は倉吉トトロの会の20周年パーティーに行ってきました。 今ではこの会は、私にとっても大切な居場所になりました。 共通な悩みを持っている者同士だからこそ、本音で話ができます。 私がこの会に初めて行っ …

むしろ「不登校」とは子どもにとってその親にとって肯定的な選択

「不登校」を否定的に受け止めるのではなく、むしろ、子どもにとって、その親にとって、肯定的な選択だといっていい。 いわゆる「ふつうの学校」に通っていない生徒たちの皆が、それぞれに個性的に、しかし主体的に …

小中学校で「先生が足りない」理由 ”とにかく教員が見つかりません。”

今、全国の公立の小中学校で『先生が足りない』という異常事態が起きています。」 NHKが、都道府県と政令指定都市、合わせて67の教育委員会に取材したところ、今年(2017年)4月の始業式時点で、半数近い …

スポンサーリンク

スポンサーリンク