教育

森のようちえん「木とねっこ」主催の「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会

投稿日:21/02/2016 更新日:

今日は、映画「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会に行ってきました。

木とねっこさんとのご縁で、昨日はいろいろな方とのつながりができました。
ご縁に感謝しています。

鳥取県中部の「森のようちえん」あおぞら自主保育の会「木とねっこ」の主催で行われたのですが、県内外の子どもと保護者や関係者などたくさんの方が参加されていました。

知らない人も多いのですが、今では森のようちえんは県内各所にできています。

森のようちえんと従来型の幼稚園や保育園との違いは、ようちえんそのもののフィールドが自然の中にあるという点です。

いやゆる建物、園舎はありません。

子どもたちは、どこかの幼稚園や保育園に通園するのではなく、自然の中で過ごしています。

子ども本来の生きる力を自然との関わりの中で育む保育です。

そこは、こどもの居場所であると同時に親の居場所にもなっています。

子どもの人間関係を作るには親同士の居場所が必要です。

子どもだけでなく親もお互いに安心できて楽しく過ごせる環境が必要なのですが、「森のようちえん」はまさにそのもので、子どもがいきいきと育つ「理想の場」を現実に作っておられます。

不登校やひきこもりなど、子どもが人間関係の中で困った状態に置かれている大きな要因は「遊び場」がないことです。

ゲームやスポーツ活動などの既成の遊びはあるのですが、子どもたちが自ら作り出す自然の中で人間関係を作っていく遊び場がないことが問題です。

現状では「空間」「場所」としてはあるのですが、そこが子どもの「遊び場」となっていないのです。

狭い空間の中に閉じ込められて、教育を強制されていたのでは自主性はおろか人との健全な関わり方は学べません。

今の子どもたちに絶対的に書けているのが「外遊び」です。

自然の中で育った子どもは、体だけでなく脳もたくましくなります。

外でめいっぱい遊んだ子は体験による学習の力が身につきます。

「大物」といわれている人は、幼少期にめいっぱい外遊びをしています。

私も、上井地域の野山をかけまわった野生児でした。
^^
そういう意味でも「森のようちえん」の存在は大きな価値があります。

交流会でも、子育てに大切なことは子どもを「信じる」「見守る」「待つ」ことだと出ていました。

これは、就学前の子どもだけでなく、すべての人に通じることだと思います。

今日も様々な方たちとつながることができましたので、このつながりをもっと広げていきたいと思っています。

鳥取県で子どもも大人もいろいろな人とつながって、これからも楽しいことをやっていきましょう。

おっちゃんたちも森の中で一緒に遊びたいので、今後ともよろしくお願いします。

あおぞら自主保育の会 木とねっこ

https://www.facebook.com/kitonekko/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

フリースクールで育った不登校経験者の今

夏休みが後半になると2学期の不安が迫ってきます。 学校に行くのがつらい子どもたち、無理して行かなくてもいいよ。親御さんも行かせなくても大丈夫です。 学校を休んだって全然OKです。 学校に行くか行かない …

「障害者差別解消法」を前向きに考える

2016年度から施行される「障害者差別解消法」によって、公立学校には障害がある子どもたちへの「合理的配慮」の提供が義務付けられます。 しかし、現在でも教員は多忙で疲れ切っているというのも事実で、これ以 …

特別支援学校は、頑張るため、我慢する訓練の場ですか?

働くことで得られる喜びとは何なのか? 学ぶ楽しさは、一人ひとりが違います。 進学も就労もゴールではなくスタートです。 働くことで得られる「報酬」とは、お金だけではありません。 人としての役立ち感、存在 …

「入学後のイジメは毎年ある」ってどういう意味ですか?!

ある中学校の保護者から、「娘が入学してすぐにイジメにあって、その時学年主任の先生が『入学後のイジメは毎年ある』みたいな事言っていた。」と聞きました。 本来なら、入学前の保護者の不安に応える話をすべきで …

鳥取県 不登校の理解と支援のための教職員研修資料

不登校やひきこもり、発達障害などで悩んでいる保護者の方は多いですが、まずどこに相談に行ったらいいのか?はじめの一歩が踏み出せない人が少なくありません。 一番身近なのが学校なのですが、誰に相談すればいい …

スポンサーリンク

スポンサーリンク