教育

森のようちえん「木とねっこ」主催の「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会

投稿日:21/02/2016 更新日:

今日は、映画「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会に行ってきました。

木とねっこさんとのご縁で、昨日はいろいろな方とのつながりができました。
ご縁に感謝しています。

鳥取県中部の「森のようちえん」あおぞら自主保育の会「木とねっこ」の主催で行われたのですが、県内外の子どもと保護者や関係者などたくさんの方が参加されていました。

知らない人も多いのですが、今では森のようちえんは県内各所にできています。

森のようちえんと従来型の幼稚園や保育園との違いは、ようちえんそのもののフィールドが自然の中にあるという点です。

いやゆる建物、園舎はありません。

子どもたちは、どこかの幼稚園や保育園に通園するのではなく、自然の中で過ごしています。

子ども本来の生きる力を自然との関わりの中で育む保育です。

そこは、こどもの居場所であると同時に親の居場所にもなっています。

子どもの人間関係を作るには親同士の居場所が必要です。

子どもだけでなく親もお互いに安心できて楽しく過ごせる環境が必要なのですが、「森のようちえん」はまさにそのもので、子どもがいきいきと育つ「理想の場」を現実に作っておられます。

不登校やひきこもりなど、子どもが人間関係の中で困った状態に置かれている大きな要因は「遊び場」がないことです。

ゲームやスポーツ活動などの既成の遊びはあるのですが、子どもたちが自ら作り出す自然の中で人間関係を作っていく遊び場がないことが問題です。

現状では「空間」「場所」としてはあるのですが、そこが子どもの「遊び場」となっていないのです。

狭い空間の中に閉じ込められて、教育を強制されていたのでは自主性はおろか人との健全な関わり方は学べません。

今の子どもたちに絶対的に書けているのが「外遊び」です。

自然の中で育った子どもは、体だけでなく脳もたくましくなります。

外でめいっぱい遊んだ子は体験による学習の力が身につきます。

「大物」といわれている人は、幼少期にめいっぱい外遊びをしています。

私も、上井地域の野山をかけまわった野生児でした。
^^
そういう意味でも「森のようちえん」の存在は大きな価値があります。

交流会でも、子育てに大切なことは子どもを「信じる」「見守る」「待つ」ことだと出ていました。

これは、就学前の子どもだけでなく、すべての人に通じることだと思います。

今日も様々な方たちとつながることができましたので、このつながりをもっと広げていきたいと思っています。

鳥取県で子どもも大人もいろいろな人とつながって、これからも楽しいことをやっていきましょう。

おっちゃんたちも森の中で一緒に遊びたいので、今後ともよろしくお願いします。

あおぞら自主保育の会 木とねっこ

https://www.facebook.com/kitonekko/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「教員の長時間労働」を改善する方法はこれしかありません

2017年8月18日、教員の長時間労働を考えるフォーラム「保護者の立場から考える!教員の長時間労働」が開催されました。 日本の学校教育は教師の長時間労働の上に成り立っているが学校だけではもう限界にも書 …

「学力調査結果を教員ボーナスに反映」最下位に大阪市長!?

大阪市長、バカか? この発言、思っていたことをたまたま 大阪市長が言っただけだと思う。 どこの自治体の首長もテストの点数だけしか見ていない。テストで点数を上げることを学校の目的にしている。 メディアも …

明日の始業式に担任がいないクラスがあるのですが

「明日の始業式に担任がいないクラスがあるのですが・・・」 このような事態は全国的に発生しています。 鳥取県でも同じようなことが起きていて中学校や高校の免許状しかない者に「小学校の臨時免許状」を与えたり …

日本の教育の「皆同じでなければ」への違和感を感じています

子どもたちが興味のある話題から入るからこそ、主体的な学びにつながる。 先生も、さまざまな方向に導いていく問いかけが非常にうまい。 決められたことをこなす画一的、一方的な日本の学校とは大違いです。 日本 …

柏市が市内全小学校でプログラミング授業を始められた理由

プログラミング授業というと「プログラミング言語」を思い浮かべるのは大人だけだと思います。 子どもには「ゲーム作り」の時間として時間割を確保すれば十分可能です。 柏市が市内全小学校でプログラミング授業を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク