暮らし

「新しい生活様式」の強制は人間性を奪う コロナよりも人間の方が怖い

投稿日:

外に出てマスクをしている人を見ると怖くなります。
自分だけマスクをしていないと、他人の目がとても怖くなります。

ニュース番組では、毎日毎日コロナの感染者数がトップニュースになっています。
「新しい生活様式」
「ソーシャルディスタンス」

今、あちこちで見聞きするようになりましたが、やはり私には馴染めません。
それどころか、そのたびに嫌悪感、恐怖感を感じます。窒息してしまいそうになります。
これは、きっと命の訴えなのだと思います。

まるで他人を「ばい菌扱い」する生活様式の強制、強要は人間を人間じゃなくするように思います。
「ソーシャルディスタンス」は心の距離まで縮めてしまいます。リモートは頭が疲れます。
「新しい生活様式」によって恐怖に支配されているように感じます。

学校では真面目な子、素直な子ほど我慢しています。
マスクもいやなのに、おしゃべりをしたいのに、「みんなのために」と思って、じっと我慢しています。
そして、マスクをしていないと激しく注意されます。おしゃべりしても注意されます。学校生活すべてにおいて行動が管理強化されています。
だから、先生たちも注意する回数が増えています。
人間が人間じゃなくなっているので、以前にも増して学校がこわい場所になっています。

子どもたちは、自由にのびのびと動き回ったり、友達とおしゃべりしながら会食したりすることができなくなりました。
ほとんど人がいないところでもマスクをして黙っていなければならなくなりました。
給食は教室の中のシールドに囲まれた机で黙って食べなくてもいいと思います。
外にバットごと持って出て食べてもいいと思います。
学校帰りに一人で歩いていて、周りに人はいないのにちゃんとマスクをしている子もいます。
私は、そんな光景を見るだけで辛いです。
その一方で、数人の子が「マスクをしないで」楽しそうにおしゃべりしながら歩いている姿を見るとホッとします。

コロナよりも人間が人間じゃなくなる方がよっぽど怖い

コロナの検査数が増えれば当然のごとく「感染者数」も増えていきます。検査数が少なければその数は少なくなります。これは当たり前のことです。
第2波、第3波を恐れさせているような報道ばかりされていますが、コロナの流行には終わりがないような気がします。
「withコロナ」と、コロナだけ特別怖いもののような扱い方にも疑問を感じるようになりました。共に生きていく、暮らしていくのはコロナだけではありません。
それよりも人間が人間じゃなくなる方がよっぽど怖いです。

「新しい生活様式」という言葉を聞いただけで怖くなります。
私はこれまで通り、健康に気をつけながら暮らしていけばいいのだと思います。

「新しい生活様式」の強制は人間性を奪う。
人は人の間に居て初めて人間になる。人と接触することで人間となる。「新しい生活様式」の強制によって、それが加速するに違いありません。
「学校も社会も我慢して生きる必要がある」と意識が強まり、そこで生き残った者が社会を構成するという仕組みだから生きにくい世の中になるのです。
我慢を強いることに未来はない。
自分の生き方は自分で自由に決めたらいいです。

子どもに言う言葉が無気力状態を生んでいる

大人が子どもに対してよくいう言葉が2つあります。
「しなさい」
「してはいけない」という言葉です。

この2つの言葉が子どもを「不安など情緒的混乱」や「無気力」にしていきます。
学校というところはとにかく「やらなければならないこと」「やらされていること」が多すぎるのです。それが無気力状態を生んでいます。ものを言えない人間を作っています。
そんな中で、今、教員が児童生徒と接するという最も大切なことが蔑ろにされているのです。それが「新しい生活様式」によってますます触れ合うことが禁じられています。
子どもたちのために懸命に頑張っている教員もいますが、個人の努力ではもう不可能なレベルなのです。
だから、学校ではない学びの場、人と人がふれあうことのできる場を作っていく必要があります。
「新しい生活様式」を強制するのではなく「新しい学びの場」「自由遊びの空間」を創っていく必要があります。

自由に好きなことをするのが一番ええわ

やっぱり対面でおしゃべりするのがええわ。
リモートで苦痛を感じるのは制限のある空間に閉じ込められているから、ごっつい窮屈なんだわ。
マスクもせんほうがええ。マスクをしたら自分じゃなくなる。息ができん。
「新しい生活様式」アピールも好かん。そうじゃなくて「自分の生活様式」は自分で決めたらええ。「不要不急」の判断だって「自分にとったらどうか」で決めたらいいこと。他者が一律に決めることじゃない。
我慢せんほうがええ。自由に自分で楽しんだらええ。
「国民が、県民が一丸となって」というのも好かん。別にそんなアピールせんでも個々でできることをしたらええ。
他人からあれこれ指図されるのが一番好かんわ。1回聞いたことを何回も繰り返していうのはもういいかげんにしてほしい。
自由に好きなことをするのが一番ええわ。
個々が自分で考えて自由に動いたらええわ。
空気は読まない。
がまんしない。
いいかげんがいい。
それが一番ええ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

2016年は自分の夢や理想に近づくために「超変革」の一年にしたい!

今年は、「社会的不適合者」の二人の生き方に学び、自ら実践していく一年にしたいと決めました。 家を飛び出し、長州藩を脱藩、放浪の後投獄、処刑、草莽崛起、立志尚特異の松陰、名主である実家を逃げ出し、修業し …

子どもが大人を尊敬しないのは大人がつまらない毎日を送っているから

大人が楽しく生きている姿を見たら、子どもも「あんな大人になりたい!」って思います。 「あのおっちゃん、すごい!」って思います。 子どもが尊敬しないのは、大人がわくわくしていないから。 大人がつまらない …

「してもらう支援」「してあげる支援」ではなくもっと自由に生きたらいい

いろいろな会に参加して思うのですが、なんだか、「させたい、させよう」支援が多いような気がします。 親や関係者が勝手に決めたゴールに向かわせているのではないか? なんとかして社会の一員に当てはめようとし …

米子で傾聴コミュニケーション勉強講座が開催されます

答えは本人がすでに持っています。 だから、他者に吐き出すこと話すことが大切で、そのために聴いてもらえる相手との関係性が重要なんですよ。 話を聴くことそのものが解決になることだってあります。 聴くことに …

2020年は「実行の年」裏テーマは「適当」、これくらいがちょうどいい

毎年、年の初めには一年のテーマを決めています。 2016年は超変革の年 2017年は行動の年 2018年は創造の年 2019年は実現の年でした。 昨年は文字通りいろいろなことが実現できた一年となりまし …

スポンサーリンク

スポンサーリンク