教育

不登校は精神疾患ではない、不登校支援は「当事者のニーズ」が最優先

投稿日:10/06/2018 更新日:

クラスジャパンの方向性ですが、読んでいてやっぱり「上から感」が強いと感じます。
結局、クラスジャパンは学校復帰が目的で、既存の教育システムという枠の中でどうするかという発想です。
また学校に行かない期間は「休養」だけではなく、行かないことが目的である子どもだっているわけです。
最も大切なことは、「本人がどうしたいのか」です。それがすべての出発点です。

クラスジャパン「原田メゾッド」は不登校児童をケアできるのか

私も斎藤環さんの不登校・ひきこもりについての考え方と同じです。

まず確認しておかなければならない点がひとつあって、それは不登校は精神疾患ではないということなんですね。「ひきこもりは疾患ではない」というのと同じ意味で、疾患単位ではないというのは自明の前提なんです。けど、まあ誤解はまだあるという。その辺の誤解は、今回のクラスジャパンのようなプロジェクトが出てきてしまった遠因かとも思いますけど、まあ不登校は病気ではないと。
で、「病気ではない」ということは、別に不登校の子供が全員健康だということではなくて、要するに「不登校」とは疾患概念と無関係であるということなんです。

もちろん私も、今の学校のシステムが素晴らしいとは全然思いません。ただ、うまく出来ているところもあるから存続してるわけです。今の教育システムで、7割の子供はハッピーになれます。私のざっくりとした推定ですが。ただ、残りの3割にとっては地獄になっていると思います。
この格差をなんとかしないと、私は教育を褒めるわけにはいかないと思います。だけれども、7割の子供がハッピーであるという事実は無視できないわけです。そこに戻りたいというニーズもある。学校教育を全否定してかかるような不登校支援は違うのかなと思います。

最も重要なことは「本人の意志」「本人のニーズ」です。
学校に行く自由もあれば、学校に行かない自由もある。
ジャパン・プロジェクトのような「再登校が目標」という「学校復帰支援を押し付ける」ような支援は大きな問題です。
「学校に行きたいけど行けない」という子や「何とかして学校に行かせたい」と思っている親御さんには聞こえがいいかもしれませんが、押し付け支援には問題ありです。

学校を休むことは何の問題もありませんにも書いたように不登校という「休養」は絶対に必要です。
「休養」も必要だし、「学校に行かないこと」が目的の子にとっては学校に行かない自由を選んだわけなので、それは「休養」ではありません。それを「不登校」とも呼びません。
しかし、クラスジャパンはそのような考え方ではありません。
「クラス・ジャパン」という言葉からして、「みんなを学級に入れよう」という恐ろしいことです。
そんなこと絶対に無理です!
「学校に行かない自由」が認められないのですから。
こういうと学校システムを全否定しているように受け止める人がいます。
「学校には行かなくていい」といったら子どもが学校に行かなくなるのではと心配する人が出てきます。
しかし、それは違います。
学校に行く自由もあれば、学校に行かない自由もある。行くか行かないかは子ども本人が決めたらいいんです。「学校に戻りたい」というニーズもあります。
学校に行きたい子にとって学校を楽しい場所にすること、行かない子が楽しく過ごせる場所を創ること。これが多様性を認め個を尊重すること、自由を認めるということです。それが私たち大人の責任です。気持ちを受け止めるという心の関係作りはもちろん、安心して楽しく過ごせる具体的な居場所創りを実現していく必要があります。
だから、「クラス・ジャパン」のような押し付け支援には恐ろしさを感じています。
最も重要なことは「本人の意志」「本人のニーズ」です。

精神科医 斎藤環氏に聞く「クラスジャパン」の問題点

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校システムそのものが不登校を生んでいるという認識が必要

2016年(平成28年)9月14日には文科省が全国の自治体や教育長宛に「不登校は問題行動ではない」という通知を出しています。 1 不登校児童生徒への支援に対する基本的な考え方 (1)支援の視点 不登校 …

自由な発想をするのにおすすめなのが「ひとりブレインストーミング」

「光と同じ速さで、光線の中を走ったらどうなるんだろう?」 この発想がアインシュタインの偉業の一つ、相対性理論を生み出すきっかけになりました。 ここで、アインシュタインの立場になってみましょう。 まだ相 …

私が早期退職した理由のひとつが自分の命と健康を守るため

私がなぜ教員を早期退職して今の活動をやっているのか? 途中で辞めないで教員を続けていたら死んでいたかもしれないからです。 自分の健康と命を守ために辞めました。 「学校が理由」で子どもも教員も自殺してい …

レゴは子どもの無限の可能性を拓きます 圧巻です!

レゴははいいです。 レゴはカッコいい! レゴは子どもの無限の可能性を拓きます。 ある少年がレゴと出会ったのは1歳のころ、成長とともに作り上げたレゴ作品に賞賛の声が!レゴと子供の無限の可能性をご覧くださ …

子どもたちは「学校に行って勉強したい」と思っているのか?何を求めているのか?

コロナの影響で学校が休校になり、教育関係者は「学びを止めない」と必死になっています。オンライン授業競争がまずます激化しています。 学校からyoutube配信「休校中も学べる」ネット無料教材が続々登場 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク