教育

課題とはいえない夏休みの宿題なんかしなくてもいい、思いっきり遊べ!

投稿日:01/08/2017 更新日:


夏休みの宿題、子どもがどっさり持って帰ってますよね。
見るだけでやる気は失せてしまう。
そんな意味のない宿題なんですが、「あと何日でやらせなければならない」って、日を追うごとにどんどん不安が増してきている「親」はいませんか?
勉強するしないは、個人の問題です。親の課題ではなく、子どもの課題です。
課題といっても、別に夏休みの宿題なんか克服しなくてもいいので、課題とはいえません。
こどもがやりたいと思えばやればいいし、やりたくなければやらなくてもいい。ただそれだけのもんです。
こちらに「子どもに夏休みの宿題をやらせなくていい理由」も書いています。
子どもが「やりたい」と思えるような宿題の出し方ができなかったのは、学校の責任です。子どもには責任はありません。
宿題によって最も失われるものが、自由な時間です。
宿題によって子どもが自由な時間に好きなことをして遊ぶことが犠牲になる。
チョーもったいないです。
子どもにとって最も大切なものは自由な時間です。

日本の夏休みは宿題だけでなく、あれやこれやといろんな行事が盛り込まれています。
なんで、夏休みまで時間を拘束されなくてはならないのでしょうか?
学校や宿題にかかわる時間が長くなれば長くなるほど勉強が嫌いになっていく。行事への参加もたいぎくなっていく。
中には親子喧嘩まで始まる家庭も出てきて、子どもも親も不機嫌になり、家庭内の人間関係まで壊れる。
だから、宿題なんかするよりも、好きなことをして遊んだほうがよっぽど子どものためになります。
親だって、子どもが元気に遊んでいる姿を見たほうが嬉しいです。

やたらと宿題を出して親に管理させるなんて失礼だよね。日本の宿題の多さについて考えてみる

「夏休みは宿題なんかしないで思いっきり好きなことをやろう!」と書いたばかりですが、こんなキャンペーンがあったって知らなかった。
多分、みんな知らないでしょう。
平成21年度から始まったようですが、9年間でどのような効果や成果があったのでしょうか?
・授業にぐっと集中するためには?
・毎日じっくり家庭学習するためには?
・具体的に何が必要なのか?
・そもそも、なんで勉強しなければならないのか?
こんなキャンペーンなんかやったって、全く意味がないのですが、これまでにその検証はされているのでしょうか?
多分そんなことしてないでしょう。
その反対に「夏休みは宿題なんかしないで思いっきり遊ぼうキャンペーン」をしたらいい。
そしたら、子どもはもっと生き生きと主体的になりますよ。
そして、親はもっと楽になりますよ。

鳥取県教委 勉強がんばろうキャンペーン(PDF)

「勉強がんばろうキャンペーン」推進事業

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

ぴっかりさんの著書『心を抱きしめると子育てが変わる』がリニューアル発売

6月10日、11日に倉吉でのぴっかりさんの子育て講演会&実技講習会に来ていただいたぴっかりさんの著書『心を抱きしめると子育てが変わる』(主婦の友社)が、リニューアル版として、7月20日に発売されます。 …

「学校に行かなくてもいいんだよ」と声をかけられても、不安が消えるわけではない

9月1日に子ども自殺注意報を出す異常な国にしたのは誰か?にも書きましたが、一時だけ「学校に行かなくていい」というだけでは無責任。 行くのも不安、行かないのも不安。 追い詰められた子どもは、「学校に行か …

楽々かあさんの学校へのiPad導入の徹底解説が素晴らしい

発達障害の子どもの学習支援ツールとしてiPadの実践報告が発表されています。 「子どもに学校でiPadを使わせたい!」という親御さんは多いです。 iPadの学校への導入に当たっては、特別支援コーディネ …

小学校入学前に「がまんすること」がしっかりできるようにって?

ある小学校で、就学時検診の時、入学説明書にこんなことが書かれていました。 「あいさつ」と「話を聞くこと」と「がまんすること」がしっかりできるように、お家の人が手本を示してあげてください。 「がまんする …

不登校を「問題行動」と判断してはいけない

何度でも言います! 不登校が問題なのではなく、「不登校を『問題行動』だとしていること」が問題なのです。 学校システムそのものが不登校を生んでいるという認識が必要にも書いたとおり、2016年(平成28年 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク