仕事

「ナリワイ」は一人ではじめられて資金も少なくてできるのが最大のメリット

投稿日:17/02/2016 更新日:

「ナリワイをつくる人生を盗まれない働き方」
この本は4年前に出会ったのですが、会社や組織に縛られないで、自分らしく自由に生きることの意味を再確認できた本です。

好きなことを仕事にする、仕事も、ほしい物も、仲間も自分で作るのは本当に面白いしやりがいがあります。

「やりたいことを仕事にできるなんてうらやましい」という人がいますが、「ナリワイ」をつくるのはそう難しいことではありません。

結局は自分の考え方次第、やるかやらないか、一歩踏み出すちょっとの勇気があるかどうかなんです。

「ナリワイ」とは、一人ではじめられて資金も少なくてできるのが最大のメリットです。

会社を作るのもそんなに費用はかかりません。

0円で立ち上げることも可能です。

それなりの資本や場所や土地があればそれでやればいいし、それらがなくてもはじめられます。

必要なものを1つをあげるとしたら、アイデアです。

スティーブ・ジョブズもアイデア1つで生きてきた人です。

「自分はアイデアなんか持っていないし、発想力も乏しい。
」って、そんなことはありません。

誰もが自分の経験とアイデアは持っています。

それをアウトプットするかしないか、実際に動くか動かないかの違いだけなんです。

「ナリワイ」とは、好きなことをやって他人から報酬をいただける「仕事」と考えたらいいです。

今までの自分の体験を活かしたり少しのスキルではじめられて、やればやるほど頭も体も心も成長できます。

さらに、自分中心の人のネットワークまで構築できるので、楽しくてしょうがない。

おまけに、お客さんには感謝され、仲間が増える仕事なので、とてもやりがいがあります。

好きなことで志を同じくする仲間と組んでやる仕事なので、「労働」しているという意識はありません。

やればやるほど自分のライフスタイルの充実につながるので、「働いている」感がありません。

なので、休みもなくてもストレスも感じません。

今ではほぼ毎日、365日仕事をしています。

まあ、「今日は休みにしよう」と思えばいつでも休みにできるのが「ナリワイ」の強みでもあります。

というか、仕事と趣味とやりたいことの区別さえないので、毎日が仕事で毎日が休みのようなモノです。
^^
仲間とのコミュニケ―ションが楽しいし、お客さんに喜んでもらって「対価」としての報酬をいただいています。

また、好きなことを仕事にするので、「ナリワイ」は複数作ってもいいんです。

そもそも学校を卒業したら、いきなり就職してずっと同じ仕事をし続けるという方が無理があるのではないかと思います。

しかも、それは「やりたい仕事」ではなく「やらされる仕事」をしている人がほとんどです。

今では自分で仕事を作ったり起業する人も増えてはいますが、相変わらず一つの組織に所属して一つの仕事を一定の年齢までやり続けるという「働き方」が常識になっていますが、このような働き方は歴史上ある意味異常なものです。

昔は一人でいろいろな仕事をして生計を立てている人が大半だったのです。

経済資本主義のもとで、就職して給料をもらうというのはスタンダードではなく、ある意味異質な働き方なんだと思います。

なので、会社に勤めながらナリワイをつくるというのもアリです。

会社勤めは大変だとか、起業するのは大変だよとか、「ナリワイ」はいいよとかではないですよ。

生きる道、仕事の選択肢はたくさんあります。

「こうであらねばならない」とか「こうすべきである」というのではなく、「自分はこうやって生きていく」という自己決定をすることが大事なんです。

ということで、今私は「ナリワイ」を創って楽しく暮らしています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-仕事

執筆者:

関連記事

ゲーム・チェンジャーの競争戦略を読み解く

この本、実に実践的で面白いです。 いま、異業種競争はますます激化しています。 「ゲーム・チェンジャーの競争戦略を読み解く」では、そうした戦いのなかで競争のルールを破壊している企業(プレーヤー)の戦い方 …

起業は誰でもできる 起業のネタはいっぱいある

起業成功の秘訣は、誰もやっていないことを始めること。 組織の歯車(兵隊)として命令され妥協しながら生きるか、自分のやりたいことだけをして生きるか。 あなたはどちらの生き方をしていますか? 起業のチャン …

給料が増えてはじめて景気がよくなったといえる

給与が増えない中で消費税率が上がれば、景気は確実に失速する 消費税増税を行うと「景気が腰折れするのではないか」という懸念が取り沙汰されていますが、この状況では私はほぼ確実に景気は減速すると考えています …

過労死をなくすためには「業務量を減らす」か「人員を増やす」しかない

過労死防止法が2013年に施行され、今年で3年目になります。 ・脳・心臓疾患の労災認定(いわゆる過労死)の目安となるのは『80時間』を超過する時間外労働。 ・月80時間以上の時間外労働が状態かした職場 …

鳥取の学生イベント「だっぴプロジェクト」が熱い!行動が力になる

「鳥取県人は消極的で自分を出さない」といわれていますが、決してそんなことはありません。 今の学生たちの中にも活発で自分たちで何かやっていこう!という人たちがいます。 そして、鳥取県にいるからこそできる …

スポンサーリンク

スポンサーリンク