暮らし

マイナンバー制の本当の目的は?

投稿日:05/11/2015 更新日:

安保法案で騒いでいますが、こんな恐ろしい制度がはじまっています。

行政からは利便性だけが強調され、一方的に国民番号がつけられています。

そもそも行政としても不安を抱えたままの見切り発車なのです。

中小の事業所の経営者にとってはいい迷惑です。

これだけでなく、その裏では莫大な予算が投入され、一部のものだけが儲かる仕組みになっています。

それは、すべて国民が収めた税金です。

報道では、「今のところ心配はない」という条件付きです。

しかし今後、国家の都合のいいように次々とひもづけられていくことは間違いありません。

マイナンバー制の本当の目的は「お国のための財産拠出」の準備

http://shuchi.php.co.jp/article/2612

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

料理をするって、まさに「プログラミング的思考」だ!

何が苦手って世の中に料理ほど苦手なものはありませんでした。 さらに誰かに教えを乞うことも大の苦手なので、まったく上達しません。(笑) だから、料理ができる人は大・大尊敬しています。 それが今、兼業主夫 …

飲食店を「犯人」に仕立て上げ、「廃業」か「罰金」かの二者択一を迫る政策

政府と与野党は1月5日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を国会内で開き、感染症対策を強化する特別措置法の改正に向けた協議を始めた。 飲食店を「犯人」に仕立て上げ、「廃業」か「罰金」かの二者択一を迫る政 …

「社会が望む人間像」に当てはまらないと「障害者」と呼ばれる

社会を営むにはある程度のルールは必要なことだが、みんな「こうあるべき」という規範に苦しめられている。 その規範があまりにも過剰になりすぎていて、社会ではそれにぴったり適合することを全員が求められる。 …

2021年のテーマは過去をリセットし自分中心の「わがままな年」に

2021年のテーマは過去をリセットし自分中心の「わがままな年」としました。 毎年、年の初めには一年のテーマを決めています。 2016年は超変革の年 2017年は行動の年 2018年は創造の年 2019 …

所属先や肩書きが知らず知らずのうちに人の意識の中に入り込んでいる

子どもの作品の展覧会やコンクールでは、作品には「鳥取市」「米子市」ではなく「○○小学校」「○○中学校」で、「金賞」「銀賞」ではなく「知事賞」「教育長賞」になっています。 学校の代表として出展しているの …

スポンサーリンク

スポンサーリンク