仕事

「自分ノート」でインプットしたものをそのままにしない

投稿日:24/11/2015 更新日:

本を読んだからといって、セミナーを受けたからといって、魔法のようにその次の日からスキルがあがることはない。

学生のころ、教科書や参考書を読んでノートをとるという勉強法は一理あります。

しかし、学校を出て就職したり仕事を始めた場合でも本を読む人は多いですが、それが実践に結び付いていないケースが多いです。

ビジネス系の成功本が次々発売されるのですが、その「本質」は大して変わりません。

仕事やスキルアップにつながっていない理由が、きちんとインプットされていないことにあります。

インプットの量が少なければアウトプットする情報がありません。

インプットの質が低ければアウトプットする質もまた貧弱なままです。

次に、インプットしたものをそのままにしないことです。

インプットしたことを実際に使ってみる。
どんどんアウトプットして実践の場でどうなるのか自分で試し検証する。

そして、またインプットとアウトプットを繰り返す。

多くの成功体験が本やノウハウとして出ていますし、高額のビジネスセミナーも開催されていますが、それを実践しなければ何もなりません。

木部氏のいう3つの「独学術」、全く同感です。

1.「自分ノート」を作る
2.学んだことを使ってみる
3.本は繰り返し読む

特に、いつでもどこでも「自分ノート」を持ち歩き、覚え書きやアイデアを書きためていくといいです。

最近は考えたことを頭に入れてもすぐに忘れてしまうので、すぐに書き留めるようにしています。

せっかく考えたアイデアが消えてしまうのがもったいないからです。

ただし、「自分ノート」も作ることが目的ではなく、インプットしたものを整理して活用することに意味があります。

ノートの冊数が増えていくことで、アイデアの蓄えも増えていき「自分はこれだけやったんだ」という自信にもつながります。

我師匠、吉田松陰も手書きのノートへの書写を勧めています。

「読み・書き・そろばん」は昔も今も変わらない勉強なのです。

悔しいほど伸びていく人の「独学術」ベスト3
読書や講演通いは、こうすれば成果に変わる

http://toyokeizai.net/articles/-/93047

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-仕事

執筆者:

関連記事

「勝手に働き過ぎ」と言わせず 教職現場の包括的命令、最高裁認める

鳥居さん、みんなのために闘い続けてくれてありがとうございます。 なにが「勝手に働き過ぎ」というのでしょうか! 無理を強いている、過重労働を押し付けているのは文科省や教委でしょう。 まじめで責任感が強い …

学校も職場もコンフォーミティ(同調性)を増長させる特長を持っています

学校に代表される「教員一人対生徒多数」という場はコンフォーミティ(同調性)を増長させる環境であるという認識が必要です。 学校も職場もコンフォーミティを増長させる特長を持っています。 さらに「同一集団」 …

半径500メートルの商売をクルマ+人力でやる意義とは?

コンビニ大手のローソンが、佐川急便を傘下に持つSGホールディングスと合弁会社を設立し、宅配事業に乗り出すと発表がありました。 新会社「SGローソン株式会社」を6月に設立し、佐川急便が預かった荷物や、ロ …

仕事辞めたい人へ転職経験者が教えます

今、かつての教え子の何人かから転職相談を受けています。 仕事をやめたい一番の理由は、職場での人間関係。 職場への順応能力や仕事への自己の努力が足りないのではなく、その人に合った仕事の内容とマッチしてい …

鳥取の学生イベント「だっぴプロジェクト」が熱い!行動が力になる

「鳥取県人は消極的で自分を出さない」といわれていますが、決してそんなことはありません。 今の学生たちの中にも活発で自分たちで何かやっていこう!という人たちがいます。 そして、鳥取県にいるからこそできる …

スポンサーリンク

スポンサーリンク