教育

子どもの自閉症について、学校に何度も伝えても理解してくれない

投稿日:05/06/2017 更新日:

子どもさんの自閉症について、学校に何度も何度も伝えても理解してくれない。

学校って何のためにあるのか?誰のためにあるのか?
教員って何しに学校へ行っているのか?
こんな思いの親御さんも少なくありません。
学校に一緒に行って話したい思いです。
たかが学校、されど学校という気持ちで何度も何度も子どもさんのことを伝えられて、こんな対応では、学校がある意味がわかりません。
学校ありきではなく、子どもありきでいきましょう。

学校だけが全てではありません。
今は民間のフリースクールなどもありますし、市町村によってまちまちですが、行政の理解のある所は、それを積極的に利用したらいいと思います。
子どもの教育にラッキーとアンラッキーがあってはならないですよね。
すべての子どもに「義務教育」を受ける「権利」があるのですから。

まず第一に生徒理解。
その上で個別支援と環境調整。
生徒を学校に合わせるのではなく、学校と教員が生徒に合うように変える。
基本中の基本なんです。
どの学校でもやろうとしたらできることなんですが、今の学校環境で辛い思いをしている子どもたちは少なくありません。

しかし、すでに既存の学校では対応できなくなっています。
だからこそ、既存の学校ではないさまざまな学びの場を作ること、それらと連携していくことが必要ですね。
全国各地でそのような動きが広がっていることは素晴らしいことだと思います。
そのためにも、情報発信、情報共有が必要です。

子どもさんのために一生懸命に話をされ、これまでよくがんばってこられたと思います。
保護者としては学校と対決しようという気はないのですが、あまりにも酷過ぎる対応だと思います。
学校の教員だけでは対応できないために、スクールカウンセラー、心理士、子育て支援センター、児童相談所、児童民生委員など、公的な機関や人だけでも組織化はされています。
しかし、現状ではなかなか連携できていなくて、本当の意味で機能していないと思っています。
実際には親ひとりで学校と向かい合わなければなりません。
今では各地に親の会があります。
ひとりでがんばらないで、身近な人と相談しながらやっていくといいです。
とりあえず、今は親子でもゆっくりして好きなことをしたらいいと思います。
そして、子どもの思いに寄り添って、好きなこと、なりたいと思っているものに向かって親子で楽しんで進んでいきましょう。

なによりも大切なことは、子ども本人の思いですから、学校は必要になったときに利用したらいいと思います。
学校はあくまでもひとつの選択肢と考え、強制や強要をしないで本人が決めたらいいと思います。「学校へ行かない」という選択肢もアリです。
同時に、私はすべての子どもに「普通教育」が保障されるよう、いろいろな人たちと連帯していきたいと思っています。

これからも応援しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

個を犠牲にしてまで集団を維持するのは間違っている

「みんなと同じ」「みんなができる」ことほど気持ち悪いことはありません。 しかし、多くの人は「みんなと同じ」平均的な日本人でありたいと思っています。 そんなにみんなと同じになりたいのでしょうか? 優先す …

アクセシブルな情報システム”DAISY”に関する取り組み

マルチメディアデイジー教科書は、視覚障害者だけでなく、発達障害、認知・知的障害など様々な障害のある人にも有効です。 これは文字だけでなく画像や音声などの表現によって、教科書の知識・情報を無理なく効果的 …

リモートスクーリングという「非登校」という考え方で作る学びの形に注目

リモートスクーリングは非登校対応による、不登校や行き渋り児童・生徒の支援方法として提案され、実施がスタートしたばかりの新しい取り組みです。 現時点では山梨県の某自治体が、全国に先駆けて試験的導入・運用 …

遊びながら国語や算数が好きになるおすすめの本

秋の連休は雨。 こんなときは、家で親子読書もいいですね。 国語や算数が好きになるドリルならこれが面白いです。 つまらない繰り返し漢字・算数ドリルなんかさせるより、学校でも天才脳ドリルを採用したらいいの …

9月1日に子ども自殺注意報を出す異常な国にしたのは誰か?

最近は、9月1日の前になると、「死んではいけない」と色々な団体や個人が発信するようになりました。 そんな君だからこそ、生きてやるべきことがある。君にしかできない役目があるのです。 それが、君が生まれて …

スポンサーリンク

スポンサーリンク