教育

子どもの自閉症について、学校に何度も伝えても理解してくれない

投稿日:05/06/2017 更新日:

子どもさんの自閉症について、学校に何度も何度も伝えても理解してくれない。

学校って何のためにあるのか?誰のためにあるのか?
教員って何しに学校へ行っているのか?
こんな思いの親御さんも少なくありません。
学校に一緒に行って話したい思いです。
たかが学校、されど学校という気持ちで何度も何度も子どもさんのことを伝えられて、こんな対応では、学校がある意味がわかりません。
学校ありきではなく、子どもありきでいきましょう。

学校だけが全てではありません。
今は民間のフリースクールなどもありますし、市町村によってまちまちですが、行政の理解のある所は、それを積極的に利用したらいいと思います。
子どもの教育にラッキーとアンラッキーがあってはならないですよね。
すべての子どもに「義務教育」を受ける「権利」があるのですから。

まず第一に生徒理解。
その上で個別支援と環境調整。
生徒を学校に合わせるのではなく、学校と教員が生徒に合うように変える。
基本中の基本なんです。
どの学校でもやろうとしたらできることなんですが、今の学校環境で辛い思いをしている子どもたちは少なくありません。

しかし、すでに既存の学校では対応できなくなっています。
だからこそ、既存の学校ではないさまざまな学びの場を作ること、それらと連携していくことが必要ですね。
全国各地でそのような動きが広がっていることは素晴らしいことだと思います。
そのためにも、情報発信、情報共有が必要です。

子どもさんのために一生懸命に話をされ、これまでよくがんばってこられたと思います。
保護者としては学校と対決しようという気はないのですが、あまりにも酷過ぎる対応だと思います。
学校の教員だけでは対応できないために、スクールカウンセラー、心理士、子育て支援センター、児童相談所、児童民生委員など、公的な機関や人だけでも組織化はされています。
しかし、現状ではなかなか連携できていなくて、本当の意味で機能していないと思っています。
実際には親ひとりで学校と向かい合わなければなりません。
今では各地に親の会があります。
ひとりでがんばらないで、身近な人と相談しながらやっていくといいです。
とりあえず、今は親子でもゆっくりして好きなことをしたらいいと思います。
そして、子どもの思いに寄り添って、好きなこと、なりたいと思っているものに向かって親子で楽しんで進んでいきましょう。

なによりも大切なことは、子ども本人の思いですから、学校は必要になったときに利用したらいいと思います。
学校はあくまでもひとつの選択肢と考え、強制や強要をしないで本人が決めたらいいと思います。「学校へ行かない」という選択肢もアリです。
同時に、私はすべての子どもに「普通教育」が保障されるよう、いろいろな人たちと連帯していきたいと思っています。

これからも応援しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「子どもを学校に行かせる」ことが義務教育ではない!

「義務教育」の義務とは、「子ども自身が学校に行くことではなく、大人が学びの環境を用意する」ことの義務です。 これまでに何度もいってきましたが、「親が自分の子どもを学校に行かせる」義務があるのではありま …

子どもに夏休みの宿題をやらせなくていい理由

すべてのことは、自分が決めた結果です。 ひとつのことを選ぶことは、その他のことを捨てるということです。 宿題なんかするよりも、自分の好きなことを思いっきりやりまくろう! こんなに自由な時間は大人になっ …

植松努さんの「そんな僕だから、見えたもの」が素晴らしい

植松努さん、そんな僕だから、見えたものが素晴らしいです。 「みんながやってるから」「力を合わせてがんばった感」って、そんなことどうだっていいんですよね。 というか、そんなことに振り回されてるから、世の …

iPadは子どもの未来を拓くのか?

iPadを使うというのは一例です。 夏休みのうちに学校と話し合いをして、1学期の様子を振り返って2学期に向けて具体的な学習方法や支援体制についてきちんと決めておきましょう。誰が、いつ、どこで、何を使っ …

学校に行かなくても子どもは成長している「さなぎ~学校に行きたくない~」

学校に行かなくても子どもは成長しています。 どんなところにいても子どもは自ら学習しています。 しかし、学校だけが学習の場ではないのに、子どもは学校教育に適応しなければならないと世の中は決めつけています …

スポンサーリンク

スポンサーリンク