社会問題

ひきこもりに対して想像力が働かない人、無関心という困難に挑む

投稿日:01/06/2018 更新日:

2018年5月19日に「NPO法人Node」の設立記念イベントが開催されました。誰もが孤立せず、安心して生きられる社会を目指すため、ひきこもりなどの当事者活動をしてきた人たちが集まって設立したNPOです。
このイベントの主なテーマは「一緒に考えたい ~ つながり・ひきこもり・はたらく場所 ~」で「働く」ことについての意見交換が行われました。
イベントの第一部は、ひきこもりを追い続けてきたジャーナリスト・池上正樹さんと、ひきこもりを広く認知させた精神科医・斎藤環さんによる対談で、テーマは「ひきこもりと仕事」について。

斎藤さんの「就労の自明性を疑え」「就労した方がいいと無条件に言えるものではない」という言葉に注目しました。
ひきこもりのゴールを就労としている支援機関が多いですが、働くことだけがゴールではないということです。
「働かない”よりも”働いた方がいい、を疑え」という意味でも使われています。

人が何かをしようとするとき、一番大事なのは動機を当事者自身が発見するということ。他人が上から押し付けた動機では長続きしない。
当事者自身が動機を発見し、それが就労という形をとるなら、その時点で働いてみればいい。そういう就労なら、その後にハードルが立ちはだかっても乗り越えていける事が多い。
そう考えると仕事は「したくなった人がすればいいもの」。つまり就労した方がいいと無条件に言えるものではないのだ。

さらに、ひきこもりへの社会への無関心について

世間には「ひきこもりに対して想像力が働かない人」が大勢いる。
「ひきこもりに対して想像力を働かせる『つもりなどさらさらない』人」も大勢いる。
様々な社会課題の大半は完全に他人事。その1つがひきこもり。
だから、ひきこもりが社会を変えたいと望むなら、そんな大勢の彼らに想像力を持たせる…共感を得る必要がある。

ひきこもり当事者や経験者の活動が増え、そして今日に至りNodeが出来た。
社会を変えたいと望むなら、Nodeに関係あろうがなかろうが、この無関心という困難に挑むことは避けて通れない。

当事者の集まりや支援者の活動が行われていますが社会の無関心が大きな課題となって立ちふさがっています。

NPO法人Node設立記念イベント感想 「唐揚げに挑め」

語っているのは誰か ― 全国ひきこもり当事者ネットワーク、NPO法人Nodeの「総意なき船出」

不登校、ひきこもり、障害が「正義」の名のもとで資本主義社会の中でビジネスに利用されることについては前にも書きました。
「不登校ビジネス」で高額な相談料を設定している業者やフリースクールも現れています。
ここでは当事者会の個別性と独自性、組織化について、とても大切な視点で書かれています。

組織のために個々の状況や思いを飛び越えて本人と関係ないところで利用される危険もあります。
便宜的に使われていますが、私は「当事者」という表現もやめるべきだと思います。

もし当事者会が全国規模でつながるとしたら、それはけっして「連合会」という組織の設立ではなく、その度その度の自然発生的な連携になるのが好ましい。
当事者とは、それぞれ「個々の人間」であるがゆえに、それぞれ違うものであり、「全国の当事者」として、 かえって「本来の当事者性」を失わせるとにつながるのだ。

当事者活動を考える(4)「全国当事者連合会」は何のために

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

いじめ解決のため、学校側に絶対させてはいけないこと

いじめはいじめているほうが悪いのです。 文科省も「いじめはいじめを受けた被害者がいじめだと感じたらいじめであり、学校はいじめ解決の努力をしなくてはならない」としていますし、いじめ防止対策推進法にも、そ …

仕事やめますか? それとも人間やめますか?個人を追い詰めるような報道は許せない

自分の主義主張を曲げて仕事をすることは、大っ嫌いです。 個人では納得できないのに、組織の中で妥協して仕事をしている人が多すぎます。 そんな人間が正義ぶって口だけいいことをいって、上司の顔色を見ながら仕 …

「すべて佐川局長の指示です」森友事件で自殺した財務省職員 赤木さんの「遺書」

森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記し …

どうでもいいけど 気になる小保方さん

「見るに堪えない偏向番組」小保方氏はNスペ見ず。 NHKの偏った報道には問題があります。 今の世の中は情報は簡単に大量に手に入りますが、そのほとんどは恣意的なフィルターがかかっています。 きちんと情勢 …

権力を持った社会的立場の強い者が弱い者を強大な力で支配する日本社会の構図

息子さんが悪質危険タックルを受けた奥野康俊さん、今も巨大組織と闘い続けています。 これは、日大だけの問題ではなく、日本社会のあらゆるところに蔓延している、権力を持った社会的立場の強い者が弱い者を強大な …

スポンサーリンク

スポンサーリンク