教育

2020年5月11日学校の情報環境整備に関する説明会【LIVE配信】

投稿日:11/05/2020 更新日:

5月11日に、文科省主催で「学校の情報環境整備に関する説明会」のLIVE配信がありました。
・「1人1台端末」の早期実現について
・学校ネットワーク環境の全校整備について
・家庭学習のための通信機器整備支援について
・学校からの遠隔学習機能の強化について
・GIGAスクール構想について

「えっ、この非常時にさえICTを使わないのなぜ?」
「今、何をすべきか。使えるものは何でも使いましょう。」
「紙を配るんではなく、双方向での授業を学校現場に取り組んで頂く必要がある。」
「ICTを使おうとしない自治体さんにこれからは説明責任が生じてきます。」
「現場の職員の取り組みをつぶさないでくれ」
「本当にできること、使えるものは何でも使って、できることから、できる人から、既存のルールに捉われず、臨機応変に何でも取り組んでおられますか?」
「ご対応いただきたい、じゃないですね。私たちですね、今、今日、この日に、学校のICT環境整備の担当になったんだから、やんなきゃいかんです。」
「皆さんも是非おかしいんだ、今が間違ってんだ、やろうとしないということが一番子供に対して罪だと、私は思います。」

といった文科省の訴えがありました。

こちらに文科省のLIVE配信の文字起こしがあります。
文科省説明会[5月11日]を文字起こししてみた

「自治体で困っている場合は、こちらのICT活用教育アドバイザーに相談してください」とのことです。
LIVE配信の時のプレゼン資料もアップされています。
文部科学省 令和2年度「ICT活用教育アドバイザー」の活用事業

この取り組みもコロナ効果のひとつ

これまでは、関係者のみの参加による発表や記者会見で、その内容は後になってからメディア報道で知っていましたが、このような形で一時情報がLIVE配信されるようになりました。
これも「コロナ効果」のひとつだといえると思います。

コロナ対策による臨時休校で学校が今できうる子どもたちへの対応策

「コロナ効果」による学校改革が全国に、世界の学校に拡がっている

コロナ効果によって自宅にいることがメリットになることも増えている

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

生徒や教員の自殺が日常的に教育現場で発生している日本の学校は異常

今、日本で、子ども、小・中・高校生の自殺が増えています。 文部科学省のまとめによると2018年度に自殺した小・中・高校生は前年比33%増の332人で、1988年に現在の方法で統計を取り始めて以来、過去 …

教育委員会にも相談して何一つ改善されません

こんな事例、自分も思い当たるという保護者の方もあるのではないでしょうか。 「担任から親子の前で暴言を言われて来ました。 学校は、皆だって頑張っているんだからと比較する言動が数多くありました。 本人は参 …

小2の男の子「学校は自由じゃないんだよ。息ができなくなっちゃうの」

小学2年生の男の子はこう言いました。 「学校は自由じゃないんだよ  他のことを考えちゃいけないの  息ができなくなっちゃうの」 なんて素晴らしい子なんだろう。 私もまったく同感です。 齋藤いずみさんも …

学校は通常通り、行くか行かないかは自分で決めるのがいい

全国すべての公立小中高校を週明けの3月2日から休校とする。 当面、春休みまでとするという首相表明がありました。 ですが、自治体によっては休校にしないところもあります。 学校は通常通り、行くか行かないか …

鳥取県「子どもたちの明日を語る会」で保護者の声は届いているのか?

鳥取県では、平成25年度より「特別な支援を必要とする子どもたちの明日を語る会」を、各地区で年1回開催しています。 子どもに関係するいろいろな立場の人が一堂に集まって意見を述べ合う場は、年にこの1回しか …

スポンサーリンク

スポンサーリンク