情報コンテンツ

世界の中で一番日本のことを知らないのは日本人、メディアを疑え

投稿日:10/12/2018 更新日:

私は日本が大好きです。日本人が大好きです。日本人であることに誇りを持っています。だからもっと日本について知りたいです。もっと世界のことも勉強したいです。
子どもたちも日本と日本人について学んで欲しいです。自分で考える人になって欲しいです。

世界の中で一番日本のことを知らないのは日本人だと思います。
それは日本について学校では勉強しないし、テレビや新聞などのメディアは本当のことを報道しないからです。
私の周りでも「だってテレビや新聞で言ってたよ。」という人が多いことには驚きます。
すべての情報は発信する側が意図的に流しています。テレビや新聞は中立ではありません。それはメディアの「意思」ではなく、それを流したい者の目的のために報道されています。このようにすべての情報は操作されています。まずそれを知りましょう。
「だって○○さんが言ってたよ。」というのも同じです。それは真実かどうかはわかりません。○○さんが見聞きした「感想」や「考え」に過ぎません。AさんにはAさんの考え方があり、BさんにはBさんの考え方があります。そのどちらが正しいか、真実かは自分が判断するしかありませんが、そのためにはできるだけ多方向からの多面的な情報が必要です。メディアだって同じです。偏った一方的な情報だけで判断するのは大変危険です。実は学校ではこういう大事なことも教えません。
それが真実かどうかは自分が直接一次情報をキャッチするしかありません。
情報とはそういうものです。

ある方からこんなコメントをいただきました。
流石です。素晴らしい。
明確かつ分かりやすいです。

メディアリテラシーを拒む日本人的な理由はこんな感じでは?
1.性善説=マスコミや企業は国民のことを想って心を込めて伝えているから、そんな良い人を疑ってはいけない。
2.学校教育=先生の言うことが正しいと認めさせるには、子ども達に批判的な読み解きを覚えさせてはいけない。
3.経済=賢く情報を判断できる消費者が増えても企業が得することはない。むしろ広告に影響されやすいイワシのような消費者であってほしい。
4.政治=自由は権利、民主主義は制度としてのみ機能すればよく、それを欲する国民を増やす必要はない。
5.文化=島国単一民族は長いものに巻かれた方が安心。わざわざ真相を探っても、声のデカい方(みんなが言っていること)が事実(正義)とみなされる。
6.無責任=何かあっても伝えた人の責任で、その情報を信じた自分は悪くない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-情報コンテンツ

執筆者:

関連記事

リアリティに欠ける情報を流しても価値はない

会社をやめても食える人の仕事力 「7つの自在力」を身につければ自由自在に活躍できる 会社員を経て現在はフリーランスとして活躍する中山マコト、立花岳志の両氏が、会社をやめても“食える人”であるための仕事 …

ネットとリアルは同じ 直接会って対話することが一番

12月4日に倉吉であった「インターネットに潜む危険から子どもたちを守るための講演会」に参加しました。 初めて聞いたワードもたくさんありましたが、講師の石川千明さんの関西弁がなんとも心地よく、すいすい話 …

ネット時代の老舗に学ぶ「戦わないマーケティング」

最近読んだ本です。 商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組み 「めんどくさい」がなくなる本 「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記 10倍売れるWebコピー …

最強のSEOとは知りたい人に知りたい情報を届けること

発信する情報を欲しがっているユーザーに的確に届けることを意識(ターゲッティング)してコンテンツを作成、提供することこそがSEOの王道です。 ネットでもリアルでもシニア対応が不可欠の時代になりました。 …

意外と知らない学校での1人1台のタブレット活用

2014年現在、149自治体で1人1台タブレット端末の導入が行われ、そのうち62自治体では既に全校で導入されています。 ・1人1台のタブレット端末を、より有効に活用するために必要な教室環境とは? ・そ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク