健康

コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない!

投稿日:08/08/2020 更新日:

・コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない。
・健康に有害であるマスクの常時着用は不要である。
・大手メディアによるプロパガンダが酷く、感染者数ばかり取り上げるために冷静な判断をできなくなってしまった。

新型コロナウイルス感染症とは(厚生労働省)

風邪症状の緩和のための処方はあってもそもそも「風邪の治療薬」など存在しない。
ましてコロナの治療薬など開発できるはずがない。ワクチンも同様に開発は不可能である。
政府、自治体、メディアによる恐怖の拡散され続けている。
このまま続けば、「終息」などありえない。イベントは中止、縮小され、来年の東京オリンピックの開催も不可能になる。
経済不況がますます増大し、これまで以上に世界が混乱していく。
しかし、「コロナは風邪の一種だから深刻にならなくて大丈夫」だという医療専門家の意見を取り上げることはないだろう。
新しい病気を作り上げ、新薬やワクチンを作ることが目的となっているのではないだろうか。
人間がよってたかって恐怖を拡大拡散し、ストップをかけられなくなっている現実を変えることは非常に難しいことだと思う。
日本人がマスクを着ける動機は、感染が怖いからでも他の人を守るためでもなく「みんなが着けているから」

マスクは「皆が着けているから」 日本人、「感染防止」関係なし

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

現役医師「これからは『コロナは風邪』と割り切る視点も必要だ」

私も大和田さんの考え方に賛同します。 無知、無勉強で、自己の責任回避と手柄を立てることが目的化した政府、自治体、マスコミの取り上げ方が恐怖を煽っている。 ・コロナウイルスは「蔓延常在化」している。 ・ …

教員も独りで頑張らなくてもいい。絶対に無理してはいけない。

民間窓口の先駆的な存在が、04年9月から活動を続ける東大阪市の「先生の駆け込み寺」だ。主宰するのは大阪府立高校などで37年間教壇に立った下橋邦彦さん(77)=大阪市東淀川区。小中高の教員OB6人でほぼ …

うつや双極性障害などの精神障害がもたらすプラスの能力

うつや双極性障害などの精神障害がもたらすプラスの能力が見直されています。 うつや双極性障害などの精神障害はマイナス、ネガティブな状態としてとらえられがちですが、過去の偉人や著名人など、リーダーとして優 …

発達障害も苦手を克服するのではなく、得意を伸ばす

NHKがまた発達障害のことをやっていた 「苦手」なことの克服 「得意」なことを伸ばすほうが「苦手」は小さくなるはず 「得意」を無視して、 「苦手」なことに意識を強く持たせる社会 苦手なことがあることを …

大往生したければ医療に関わるな

「大往生したければ医療に関わるな」 医療と向き合うには、自分自身の覚悟がどうかを問われることだと思います。人は必ず死にます。 残念ながら、死に立ち会うことは、現在では少なくなっています。 しかし、逝く …

スポンサーリンク

スポンサーリンク