健康

コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない!

投稿日:08/08/2020 更新日:

・コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない。
・健康に有害であるマスクの常時着用は不要である。
・大手メディアによるプロパガンダが酷く、感染者数ばかり取り上げるために冷静な判断をできなくなってしまった。

新型コロナウイルス感染症とは(厚生労働省)

風邪症状の緩和のための処方はあってもそもそも「風邪の治療薬」など存在しない。
ましてコロナの治療薬など開発できるはずがない。ワクチンも同様に開発は不可能である。
政府、自治体、メディアによる恐怖の拡散され続けている。
このまま続けば、「終息」などありえない。イベントは中止、縮小され、来年の東京オリンピックの開催も不可能になる。
経済不況がますます増大し、これまで以上に世界が混乱していく。
しかし、「コロナは風邪の一種だから深刻にならなくて大丈夫」だという医療専門家の意見を取り上げることはないだろう。
新しい病気を作り上げ、新薬やワクチンを作ることが目的となっているのではないだろうか。
人間がよってたかって恐怖を拡大拡散し、ストップをかけられなくなっている現実を変えることは非常に難しいことだと思う。
日本人がマスクを着ける動機は、感染が怖いからでも他の人を守るためでもなく「みんなが着けているから」

マスクは「皆が着けているから」 日本人、「感染防止」関係なし

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

子どもを犠牲にしてまで運動会をする必要はない!

こんなことしてまで運動会をする必要はない! 運動会だけじゃないで、普段の授業も音楽会、発表会、研究会、どれだけカッコだけの「形」のために無理してやってんの! 羽合小学校の飛び込み事故も、子どもの命より …

新型コロナウイルス「感染爆発の重大局面」はどこまで重大か、検査の能力と限界

武蔵野大学国際総合研究所研究主幹 鎌江伊三夫氏の解説です。この解説も信頼度が高い内容だと思います。 「感染爆発の重大局面」とはどこまで重大なのか。私たちは今の事態をどう理解すればよいのか。 感染経路の …

病名や、診断っていうのは、そもそも「未来」のためにあるものなんだ

声優・シンガー・ラジオDJ・作詞家であると共に一児の母でもある林原めぐみさんが18歳の自閉症の高校生からもらった手紙にブログで応えています。 この高校生のことも障害についてもとても深く考えていて、すご …

医療従事者を守らなければ最悪の場合「命の線引き」も

この状況下において、「自分は感染しない」「感染していないから他人にはうつさない」「感染したら病院に行けばいい」という考えの人たちがいます。 「自粛要請は営業妨害」 「自粛させるなら生活補償をしろ」 「 …

大往生したければ医療に関わるな

「大往生したければ医療に関わるな」 医療と向き合うには、自分自身の覚悟がどうかを問われることだと思います。人は必ず死にます。 残念ながら、死に立ち会うことは、現在では少なくなっています。 しかし、逝く …

スポンサーリンク

スポンサーリンク