健康

コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない!

投稿日:08/08/2020 更新日:

・コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない。
・健康に有害であるマスクの常時着用は不要である。
・大手メディアによるプロパガンダが酷く、感染者数ばかり取り上げるために冷静な判断をできなくなってしまった。

新型コロナウイルス感染症とは(厚生労働省)

風邪症状の緩和のための処方はあってもそもそも「風邪の治療薬」など存在しない。
ましてコロナの治療薬など開発できるはずがない。ワクチンも同様に開発は不可能である。
政府、自治体、メディアによる恐怖の拡散され続けている。
このまま続けば、「終息」などありえない。イベントは中止、縮小され、来年の東京オリンピックの開催も不可能になる。
経済不況がますます増大し、これまで以上に世界が混乱していく。
しかし、「コロナは風邪の一種だから深刻にならなくて大丈夫」だという医療専門家の意見を取り上げることはないだろう。
新しい病気を作り上げ、新薬やワクチンを作ることが目的となっているのではないだろうか。
人間がよってたかって恐怖を拡大拡散し、ストップをかけられなくなっている現実を変えることは非常に難しいことだと思う。
日本人がマスクを着ける動機は、感染が怖いからでも他の人を守るためでもなく「みんなが着けているから」

マスクは「皆が着けているから」 日本人、「感染防止」関係なし

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

医学不要論

「医学不要論」内海 聡 現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活 …

斎藤環さん、外出自粛に「健やかにひきこもる」ために

斎藤環さんがコロナの感染拡大予防対策で外出自粛になった今、「健やかにひきこもる」ためのアドバイスをしています。 外出自粛で家にこもらざるをえず、気持ちがウツウツ、家族の関係もギスギスしそうななか、ひき …

鳥取県が発表している新型コロナ検査陽性者、なぜ症状についての記載がないのか?

鳥取県が発表している新型コロナ検査陽性者の詳細 なぜ、症状についての記載がないのか? 分かっているのは、鳥取県ではコロナ関連の重症者6人、死亡者2人。 人口57万人の県でわずかこれだけです。 島根県で …

PCR検査ではコロナに感染しているのかどうかの正確な特定判断は出来ない

「PCR検査は、ウィルスの遺伝子(断片でも)を検出するものであり、感染性ウィルスの存在を証明するもではない。」 (国立感染症研究所) こんな不確かな検査を基準にしていることがそもそもの間違いです。 つ …

厚労省は、遅くとも2007年から病院勤務医不足・看護師不足を認識していた

厚労省は、遅くとも2007年から病院勤務医不足・看護師不足を認識していたにも関わらず有効な手を打って来ず、医療現場はそのときから崩壊寸前だった。今回それが新型コロナをキッカケに一気に噴出しただけの話。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク