教育

今年は学びの改革元年、学びのスタイルの自由化が広がっていく

投稿日:15/04/2020 更新日:

今年は学びの改革元年になります。
学びのスタイルの自由化が広がっていきます。

以前は、どちらかというとメディアの方が情報を先行していましたが、この度のコロナショックによって国も自治体も情報発信に努めていると思います。
これまでは省庁からの情報提供はこんなにはなかったと思います。私もそうでしたが、国民が政府や省庁のHPを見ることもほとんどなかったと思います。

政府、文科省が臨時休校の要請をしたことからいろいろな教育関連企業が多くの学習教材を提供していますが、文科省が学習支援に関する特設ページを開設したことは初めてのことです。
都道府県教育委員会も独自の教材を配信しているところもあります。
それだけ、日本の教育に動きが出ているといえます。
学校からyoutube配信「休校中も学べる」ネット無料教材が続々登場にも書きましたが、ICT教材をはじめとした学び方の多様性が広がっています。

こういったWeb教材を活用して、やろうと思えば、やる気のある子はどんどん自宅に居ながら自学できます。
教科書に合わせた「教師用指導書」や「ワークシート」なども公開されているので、教科の単元ごとのめあてを知った上で学習を進めることができます。
学習の仕方として、自宅で学習しながら担任の先生や教科の先生に電話やメールなどで質問したりしたらいいと思います。
これまでは学校から与えられる勉強をこなしていくスタイルでしたが、自分の興味のあること、学びたいことからスタートし、学校は必要に応じて利用するという形にしてもいいと思います。
そうしたら、勉強が好きになる子も増えると思います。

そして、やる気のある子とそうでない子の差も大きくなっていくと思います。だから、教員は勉強を教えるのではなく、「子どものやる気を引き出す」ことが大事です。
それが、新指導要領の目指していることでもあります。
休校中のために教科書の配布されていない学校もあるようですが、請求してもらったらいいと思います。
今年は学びの改革元年になります。
学びたいことを学ぶという学び本来の形に変わっていくことになると思います。

文科省「子供の学び応援サイト」
臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト

臨時休業が終わって新学期が始まってもICTを活用した自宅学習支援を!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

ウワサの保護者会「シリーズ不登校 学校に行かない学び方」

「学校に行かない学び方」 今回の番組内容はとてもよかったです。 自分のやりたいこと学びたいことは自分で決める。 必要を感じたら自分で学び始める。 それは、学校の教科の勉強である必要はない。 「知りたい …

わが子の発達障害を障害をオープンにして周囲にどう伝えるか

わが子の発達障害を周囲にどう伝えるかは、保護者にとってとても気がかりな問題です。 障害に対する社会的な理解はまだまだ十分ではなく、周囲の人に障害を伝えることによる不安もあります。 でも、障害をオープン …

「不登校」ではなく「脱学校」で主体的な学び方を作る

「登校、不登校、再登校、非登校、脱学校」そのどれを選んだっていいんです。 学校に行くとか行かないとか、どうだっていいんです。 「学校に行くのが正しい」のでも「学校に行けないから悪い」のでもありません。 …

平川理恵さん「不登校は今の教育を子どもが嫌だと言っている表れだ」

不登校児をゼロにした元中学校長で広島県新教育長の平川理恵さんのいう「非常識」とは。 「大人の思い込みを子どもに押し付けるのでは、不登校はなくならない。不登校は今の教育を子どもが嫌だと言っている表れだか …

2019年4月に導入のデジタル教科書は自治体や保護者が費用を負担?

視覚障害や識字障害などで紙の教科書を使った学習が困難な児童生徒は、全ての教育課程でデジタル教科書を使用できるようになります。 しかし、「デジタル教科書を正式な教科書と位置付ける」ことになりましたが、併 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク