情報コンテンツ 教育

「LINEいじめ」からわが子を守る方法は親との関係性にあります

投稿日:01/09/2016 更新日:

今では小学生がスマホを持つようになりましたが、子どもから「みんな持っているから」スマホほしいとせがまれました。
どのようなことに注意したらいいでしょうか?
こんな相談も多いです。
アメリカで話題の母から息子へ、スマホを使う為の「18の約束」が有名になりましたが、以下の5点にまとめられます。

1 スマホは貸し出すもの。夜は親が預かる。
2 実体験・思考・会話こそ宝物
3 相手や家族を傷つける言葉は、厳禁
4 ゲームは控えめにして、頭を使う遊びも
5 自分や友だちの写真は、ネットにのせない。

大事なのは何かあったら相談するという関係を作っておくこと

スマホ禁止とかフィルタリングとかLINEはヤバいとか、スマホなどの通信機器の利用にあたって制限することも必要ですが、それ以上に大切なことは、親子の関係性です。
何かあったら親(または信頼できる大人)に相談するという関係を作っておけば、スマホ利用を制限する必要はなくなります。
その中には、親子でスマホ利用のルールを確認したり、親も同じようにルールを守るということが大前提です。
親が好き勝手にスマホを使っているのに、子どもにだけ制限をするというのはダメです。

そもそも親が使い方が分かっていない「危険物」を「みんなが持っているから」という理由で子どもに与えること自体がおかしな話です。無責任な親だとしかいいようがありません。
別にスマホなんかなくても生活は成り立ちます。「今の時代、携帯くらいもってないと・・・」という考え方もおかしなことです。便利なところも害になることもあるので、要は使い方次第です。
ルールを決めたら親も守ること、そして、「ヤバい!」と思ったらすぐに相談できる関係を作っておくことです。
通信機器に限らず、子どもは親の目を盗んでいろいろなことをしています。
私たちの子どものころは今のようなメディアはありませんでしたが、親の知らないところで「悪友」たちといろいろな「悪だくみ」のための情報交換をしていました。

「やっちゃダメ!」と言われたらやりたくなるのが子どもです

子どもだけで校区外に行っちゃダメ!
テレビは見るな!
深夜放送は聞いちゃダメ!
火遊びをしちゃだめ!
川や海に遊びに行ったらダメ!
漫画の本を読んだらバカになる!
Hな雑誌は見ちゃダメ!
と大人たちから言われていましたが、それ以上のことをこっそりと大人の目を盗んでやらかしていました。それがめちゃくちゃ楽しかったです。
しかし、「何でもやっていい」というのではなく「ここまでやったらヤバいよね」という自己規制も働いていました。
いざというとき、これはヤバいと思ったときに相談できる大人の存在によって、自分で自分にストップをかけることができます。
大人が一方的にメディアの使い方を決めるのではなく、自己規制ができるように親子の信頼関係を作っていくことの方が大事です。

子どもが何でも言える大人になるためには

・親が世間体や体裁を気にして、立場上の言い方をしないこと
・親が子どもの行動の先回りして、段どりを整えないこと
・自分の行動は自分で決めて責任を持つこと
・嫌なことに「NO」「嫌だ」と言えること
・親も自分の気持ちを素直に伝えること
・親もできないことは誰に対しても「できません」といえること

大切なことは、このルールを親が一方的に親の都合のいいように決めて子どもに押し付けないことです。
これは親子間で話し合うチャンスです。親子間の信頼関係を作るいい機会です。
親子間で納得できる話し合いをしましょう。
子どもに押し付けて、「親は大人だから」という理由でルールを破っては話し合う意味がありません。

そして、「ヤバいな!」と感じたら、親も独りで解決しようとしないで誰かに相談できる関係を作っておくことです。
「子どもの行動はすべて大人の責任である」という大人の自覚が欠如していることが問題なのです。

悲惨な「LINEいじめ」からわが子を守る方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-情報コンテンツ, 教育

執筆者:

関連記事

12月23日「不登校を話そう!おはなし会」と「倉吉トトロの会」に参加

昨日は「不登校を話そう!おはなし会」と「倉吉トトロの会」に参加しました。 おはなし会は不登校を経験した若者たちが初めて企画した会でしたが、たくさんの方が来られ、思い思いのことを話すことができたと思いま …

不登校を「問題行動」と判断してはいけない

何度でも言います! 不登校が問題なのではなく、「不登校を『問題行動』だとしていること」が問題なのです。 学校システムそのものが不登校を生んでいるという認識が必要にも書いたとおり、2016年(平成28年 …

「英語と私」の著者の松本 亨さんは今の学校での英語教育をどう思っているだろう?

二十歳の誕生日に買った松本 亨の「英語と私」。 今読んでもとても新鮮で、というか今、学校で英語教育が推進されている中で考えさせられる内容が多い。 読み返してみると、実に面白い。 新刊書もよく読むのです …

子どもの発達科学研究所「学校再開へのメッセージ~子どもたちのメンタルヘルスを守るために~」

全国ほとんどの学校が再開しましたが、長期休み明けは不登校になりやすい時期です。 「学校行くのがしんどい」子もいると思いますが、それは自分だけではありません。 休校中はみんなが休んでいるので安心感があっ …

AMISでデイジー教科書を読んでみよう(動画)

教科書を読むのが困難な人が「読み書き」を補助できるツールはたくさんあります。 「AMIS」(アミ)は無料で利用できるオープンソースのDAISY再生用ソフトウェアです。 これを使うとフルテキスト、フルオ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク