教育

「不登校の解決」って何かをしてもらうことではなくただただ共感すること

投稿日:30/03/2019 更新日:

どんなに苦しい状況にある子どもでも、だれが見てももう救えないと思える若者でも、彼らがその状況から抜け出す力も、そこから歩き出す力も、誰が与えるものではなく、その力はすべて彼ら彼女たちが自ら持っているのだ。支援者が与えるなどおこがましい。様々な困難がその力を引き出せなくしているだけなのだ。

じゃぁ、私たちにできることはなんなのか?
苦しいときはただそばにいる。本当に苦しいとき、言葉は邪魔になる。
辛いことを吐き出したいときはひたすら聞き役に徹する。アドバイスなど無用だ。
そして動きたいときは一緒に動いていく。
なぁんだ、誰にでもできることじゃないか、という人がいるかもしれない。
でもその通りなのだ。誰にでもできる。寄り添うこと、伴走することは誰にでもできることなんだ。

(引用元:中野 謙作さんのFacebook

中野さんとまったく同意見です。
私の信条も「信じて、見守り、待つ」そして「ありもままの姿を認め」「いっしょに喜ぶ」です。
支援するとは「何かをさせる」ことでも「してあげる」ことでもない。
「苦しいときはただそばにいる。本当に苦しいとき、言葉は邪魔になる。辛いことを吐き出したいときはひたすら聞き役に徹する。アドバイスなど無用だ。そして動きたいときは一緒に動いていく。動きだすチカラは自ら持っている。」
では、この「誰にでもできること」がなぜできないのか?
これまではここがまったく考えられてこなかったような気がします。
この「誰にでもできること」がなぜできないのか?
周りの人たちは、何らかの動きをしないといけない、方向性を示さなくてはいけないなど「なんとかして解決策を探して伝える」ことが役割だと思っていることもその理由のひとつです。
行政支援の問題点もここにあって、だから「相談しようと思わない」のが当然だといえます。
ただそばにいる、ただ聴くだけ。それがベストなんですがね。
そこを深めていきたいです。

学校に行けない子を持つ気持ちは経験したものにしかわからない

本当に近しい存在、一番応援してくれそうな人(夫とか父母)にも、理解されない「まさか」の経験をして、ますます社会との接点を避けがものすごく真剣に、ものすごく真剣に、不登校のリアルを知りたい!と思っていただける経験が、実はあまりありませんでした。
興味本位に、質問攻めにあうこともなかったかも知れません。有ってもどこか攻め口調だったかも知れませんしね。
「大変そう」「かわいそう」って思って遠慮しているのでしょうか。
何事もなかったかのように接されるのは楽だけど、どこかに虚しさも感じる。
元気そうに見えるかもしれないけれど、気持ちを切り分けているだけであったりもする。
根拠のない理由で、「大丈夫」にされるのも複雑。
やっぱり、学校に行けない子を持つ気持ちは経験したものにしかわからないのだろうと思う。

なぜ、「毎朝学校に電話するだけ」のことが辛いのか?
なぜ、そこまでの罪悪感を感じるのか?
なぜ、子どもは何故外出を拒むか?
なぜ、昼夜逆転してしまうのか?
なぜ、親は外出するのが難しくなるのか?
これ等の答えはわかるでしょうか。
それは・・・
「そんなこと」と思われることがわからなかったり、「簡単」と言われてしまうようなことが出来ない苦しさや、テンポよく周りと合わせられないことが、罪悪感となり、身体がプレッシャーを一心に感じて、余計に動かなくなる。
本当に近しい存在、一番応援してくれそうな人(夫とか父母)にも、理解されない「まさか」の経験をして、ますます社会との接点を避けがちになる。
それが答えです。
対処や対応方法のマニュアルよりも、気持ちをわかって欲しい。まずはそこからです。

(引用元:イクミナルのFacebook

まったくその通りですね。
自分の思いを共感してもらえる。
不登校の状態をどうこうさせようとしなくても、それだけで自己決定して自分の道を見つけていきます。
「不登校の解決」って、誰かに何かをしてもらえることでもノウハウや対策が必要なのではなく、ただただ共感することが大事なんです。
本人の思いを聴くこと、それを100%受け入れることが信じるということです。
これまでの不登校対応で最もできていないことが100%共感すること、信じることです。
これは、教育行政、学校、保護者、関係者などすべての周りの人たちにいえることです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

不登校の親の会「虹の会」のテーマは「みんなが笑顔になるために」

昨日は、東伯文化センターで行われた不登校・発達障害の親の「虹の会」に参加しました。 この会は中部地区の中学生の保護者の集まりですが、初めて参加される方も増えています。 私自身も、この会に行くことがとて …

「学校に行かない」と決めるのも選択肢のひとつ

どう生きるか、何を選ぶか、どの道に進むかを決めるのは本人なんです。 親のできることは、子どもの意志を尊重することです。 「学校に行かない」と決めるのも選択肢のひとつなんです。 「学校へ行くことが当たり …

日本の外国語教育で必要なのは「出川イングリッシュ」本当の勉強の仕方とは?

日本の外国語教育で必要なのは「出川イングリッシュ」 ・なぜ出川イングリッシュは通じるのか ・言葉より大事なのはコミュニケーション能力 ・英会話は言葉じゃなく「魂」で話すことが近道 何年も英語を勉強して …

橿原市立中学校生徒自殺に関する調査報告書は無責任だ

奈良県橿原市畝傍中学校で2013年3月に中学1年の女子生徒が自殺した件。 学校側は「自殺は家庭内の問題」と主張、市教育長は、いじめと自殺との因果関係は「低い」と否定していました。 そこで、自殺した女子 …

子どもたちに親や教員など大人の価値観を押し付けるなよ!

学歴を価値とする考え方自体が間違っています。 学歴主義が長く続いてきた結果が今の理不尽な社会の仕組みを作っているといってもいいです。 学歴主義以前の問題として「やらされている」教育、「やらされている」 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク