健康

教員も独りで頑張らなくてもいい。絶対に無理してはいけない。

投稿日:30/05/2017 更新日:

民間窓口の先駆的な存在が、04年9月から活動を続ける東大阪市の「先生の駆け込み寺」だ。主宰するのは大阪府立高校などで37年間教壇に立った下橋邦彦さん(77)=大阪市東淀川区。小中高の教員OB6人でほぼ毎月1回、現職教員の相談に乗り、改善策などを助言する。これまでに150人以上が訪れ、リピーターも多い。教員OBによる相談窓口は、埼玉県や岡山県などにもあるという。

独りで頑張らなくてもいい。
独りで悩まないでいい。
できないのは、あなたの力不足ではない。
すでに教員ひとりにできるキャパを超えているのですから、無理しないでもいい。
絶対に独りで解決しようとしないで、誰かに「助けて!」って言ってください。
「助けて!」っていうことは、逃げているのでも弱いのでもありません。
誰かに言えば、きっといい方法が見つかります。
絶対に無理して頑張ってはいけません。

教育の窓 先生、独りで悩まないで 広がる相談の場

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

医学不要論

「医学不要論」内海 聡 現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活 …

夫がうつ病かもしれないのですがどうしたらいいでしょうか?

12月から、改正労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が多くの企業や役所などで義務付けられました。 これでどれだけの職場で”本気”で職場改善をしていくのかは疑問がありますが、従業員に対して身体 …

新型コロナウイルスの集団感染拡大について思う

政府もお粗末ならメディアもお粗末。 どちらも無策、隠蔽、パニックを煽るだけ煽って責任回避に走っているだけ。 素人でも考えられる対策を出して終わり? 政府の対応力のなさとメディアの情報操作、今回もまた典 …

子どものうつ病も本人ではなく、周囲の環境が原因で引き起こされている

子どものうつ病も本人ではなく、周囲の環境が原因で引き起こされています。 医者のいうままに子どもに薬物を投与することは、大変危険です。 必要なことは薬物治療ではなく、子どもが無理して周りに合わせるのでも …

大阪大学元総長 平野俊夫氏「なぜCOVID-19はこれほど恐れられているか?」

大阪大学元総長・平野教授によるコロナウイルスの解説です。 「インフルエンザでさえ毎年60万人の人が世界で死亡しているのに、なぜ新型コロナウイルス感染症は恐れられているのか? 季節性インフルエンザとなに …

スポンサーリンク

スポンサーリンク