教育

一斉休校と学校再開で分かる教員を軽視し続ける日本の教育

投稿日:19/04/2020 更新日:

学校や教員は、ありとあらゆることを引き受けている。
子どもたちが学校にいたからこそ、家事や仕事ができていた。
子どもたちの勉強から生活までを引き受けていることで、親たちは仕事に専念することができる。
親も会社も、学校や教員に依存することで社会が成り立っている。
親や会社をはじめとする社会が学校に依存している構造が、教員を過重労働に追い込んでいる要因になっている。

一斉休校と学校再開であぶり出された教育現場への過剰な依存

「インパール作戦」の失敗がいま、教育現場でも繰り返されてしまう。
「学習に著しい遅れが生じることがないように」
「休校による学習の遅れは認めない。さらには遅れた分は補習や宿題でカバーしろ」
文科省の無謀な作戦で教員はさらに疲弊してしまう。
文科省、教委のバックアップも絶望的。
そして「定額働かせ放題」が一段と加速する。
その向こうには子どもたちがいる。
もちろん、補習や宿題に追われる子どもたちの疲労も相当なものになります。
こんな、実行不可能な過酷なミッションを押し付けられても、子どもたちのために日夜奮闘している先生方には頭が下がります。

さらに過酷なミッションを教員に押しつける文科省

民間企業にくらべて学校という職場が魅力に欠けていることが最大の原因だろう。
こうした数字を並べてみると、あらためて「教員人気の低下」を実感させられる。そして、その人気低下には、学校という職場の「過酷」さが大きく影響してもいる。
体調がすぐれないなかで我慢して教壇に立ち、ついに力尽きて休職する。「休職しないまでも体調不良を訴える教員はごろごろいるし、いつ休職してもおかしくない教員も珍しくありません」と、ある公立小学校の教員は言った。

 学校という職場は病んでいる。そんな職場を就職先として望むほうが、奇特なのかもしれない。倍率が、受験者数が、と騒ぐ前に、「学校の病を治せ」の声を大きくするほうが先なような気もする。
 そして、人を集めたいならやはり待遇が重要である。人材確保のために好待遇を呈示する民間企業が増える傾向が強まっていくなかで、教員の待遇改善はなかなかすすまない。

世界も危惧する“教員を軽視し続ける国”日本

前屋 毅「学校と教員に何が起こっているのか -教育現場の働き方改革を追う-」

そろそろ学校は春休み…でも勉強の遅れは大丈夫?文科省が新たな見解を公開

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

不登校の親の会「虹の会」のテーマは「みんなが笑顔になるために」

昨日は、東伯文化センターで行われた不登校・発達障害の親の「虹の会」に参加しました。 この会は中部地区の中学生の保護者の集まりですが、初めて参加される方も増えています。 私自身も、この会に行くことがとて …

学校が楽しければ学校に行くし、給食が美味しかったら残さず食べる

食育って栄養のことだけではないでしょ。 給食だけじゃないけど、その時間が来るのが楽しみって思うかどうか。 病院食じゃないんだし、完璧な栄養バランスなんかできるはずないんだから、それよりも大事なのは「美 …

「英語と私」の著者の松本 亨さんは今の学校での英語教育をどう思っているだろう?

二十歳の誕生日に買った松本 亨の「英語と私」。 今読んでもとても新鮮で、というか今、学校で英語教育が推進されている中で考えさせられる内容が多い。 読み返してみると、実に面白い。 新刊書もよく読むのです …

小学校入学までに「◯◯が出来るように」しておかなくてもいいです

「入学前に身に付けたい習慣」 1.朝は、時刻を決めて起きることができる。 2.夜は、時刻を決めて寝ることができる。 3.自分一人で衣服の着脱ができる。 4.脱いだものは、きちんとたたむことができる。 …

才能とはできることではなく、夢中になれるかどうかで見つけたらいい

才能とはできることを探すのではなく、それをすることが好き、楽しい、時間を忘れて夢中になれるかどうかで見つけたらいい。 他人と比較して、優れているかどうかではなく、ハマることが才能です。 その才能を開花 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク