教育

倉吉市立小学校適正配置地区説明会「統廃合は適正配置ではない!」

投稿日:28/05/2017 更新日:

このまま進んでいくと、倉吉市でも小学校がどんどん減っていきます。
絶対に小学校の数を減らしてはいけません!
学校が減ることには、デメリットが多くあります。
統廃合は「適正配置」ではありません。
ここで待ったをかけるためには、市民が意見を言わないといけません。
多くの方の参加をお願いします。

今日は明倫地区、31日は成徳地区です。他の地区の方も参加できます。

倉吉市立小学校適正配置地区説明会開催のお知らせ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

文科省・鳥取県教委の考える「不登校児童生徒を支援する上での基本的な姿勢」

平成28年9月14日に文科省から県教育長宛に出された通知があります。2年前のことです。 不登校児童生徒への支援の在り方について(通知) 「不登校児童生徒を支援する上での基本的な姿勢」として ・不登校を …

小学校入学までに!必ず身につけておきたい「5つの力」は不要です

小学校入学までに!必ず身につけておきたい「5つの力」とは? これってなんだかなあ? 「必ず」ってそうでもないと思うけどなあ。 まあ、1年生の担任の先生は楽かもしれないけど。 では、この5つの力を見てい …

教師が決める「スクールカースト」に苦しむ子どもたち

いよいよ明日から新学期が始まります。 公立学校は児童生徒は学校も先生を選べません。教員も学校も子どもも選べません。 スクールカーストは「すべての子どもは学校に行くことが当たり前だ」という前提で、全員が …

平成29年11月鳥取県定例教育委員会の資料が掲載されました。

平成29年11月定例教育委員会の資料が掲載されました。 【報告事項イ】 公開 ≪資料PDF≫ 平成29年度鳥取県コミュニティ・スクール推進研修会について 【報告事項ウ】 公開 ≪資料PDF≫ 平成30 …

発達障害の子どもの入級前には担任にしっかり伝えておくことが大事

「教員だから発達障害の知識も理解もあるはず」 「発達障害の子どもの対応もできるだろう」というわけではありません。 もちろん、学校の教員として研修も受けていて、障害名程度は知っています。 しかし、知識も …

スポンサーリンク

スポンサーリンク