暮らし

倉吉市未来いきいき総合戦略のパブリックコメントを実施

投稿日:16/10/2015 更新日:

倉吉市未来いきいき総合戦略の策定に当たりパブリックコメントを実施しています。

倉吉市民が直接まちづくりについて意見が言える貴重な機会です。

市民の意見や提案がどこまで反映されているのかチェックしてみてください。

市民集会は一部の役員だけの参加だったので、多くの意見は反映されていないのが残念ですが。

ホームページ上でも公開されていますので、このチャンスを活かして自分の意見を直接市政に届けましょう。

「倉吉市未来いきいき総合戦略」については10月の市報にも情報が載っていましたし、「素案」を読みましたが、突っ込みどころはたくさんありますよ。

本来なら、パブリックコメントではなく直接意見交換ができる場の設定が必要だと思いますが、どうしてできないのでしょうか?
それにしても、倉吉市のFacebookもホームページも面白くないですね。

(とりあえずシェアはしましたけど・・・)
クリックする気はぜんぜん起きません。

ただの事務連絡ではなく、もっと魅力ある発信をしてほしいと思います。

そもそも、市からの情報発信が少なすぎますよ。

戦略会議、市民集会、素案への意見募集など、石破くんの「宿題」を800万円もかけて作っているという情報を知っている市民はごくわずかしかいません。

「市民の声を聴いて市政に反映する」ためには、何をいつどこでやっているかを知らせることが必要です。

発信手段は様々ありますので、あらゆるメディアを使って情報を伝えてほしいものです。

これも、担当者に伝えます。

パブリックコメントは25日まで受け付けていますが、土日は閉庁なので明日が締め切りです。

何件のパブリックコメントが寄せられているのか聞いてみたいと思います。

多分、誰も知らないでしょうね。

倉吉市未来いきいき総合戦略の策定へのパブリックコメントを提出しました。

これがどのように扱われて、どのように戦略の中に反映されるのか期待してみていこうと思います。

ちなみに、この戦略について「語る会」を自主的に開いたら、参加希望の方はありますか?

http://www.city.kurayoshi.lg.jp/p/gyousei/div/kikaku/sogoseisaku/sousei/6/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

「HSC」にとって学校ほど過酷な社会はありません

そもそも「HSC」にとって、学校ほど過酷な社会はありません。大人であれば、対人関係が苦手であったとしても、それをさほど必要としない働き方を選ぶことができます。しかし、学校という場は全員が同じでなければ …

「障害者の○○さん」ではなく「○○さんの一部に障害がある」

「障害者の○○さん」ではなく「○○さんの一部に障害がある」という見方が正しいです。 その「障害」も○○さんが持っているのではなく、社会の側の「障壁」が障害にしているのです。 発達障害や学習障害、知的障 …

優先席、お年寄りと一口に言っても・・・

えっ?どうしよう・・・? 席を譲らなきゃダメかなあ・・・ 小学生が考える「席を譲らない理由」も一理ある?電車で席を譲らないのは悪か? http://spotlight-media.jp/article …

「ディスレクシア」という新しい肩書きができてからどう変わったか

先日「ザ!世界仰天ニュース」で放送された内容がアップされています。 南雲明彦さん(31)は、「ディスレクシア」という脳の障害のある一人です。 「字が読めない少年」として、誰にも理解されず苦しんみ、21 …

日本が民主主義国家になるにはあと何百年もかかる

これだけ国民をバカにしている政治家が生まれる理由は簡単なことです。 国民の多くが政治に無関心だから。 政治を諦めている、政治家には期待できないと思い込まされているから。 投票率が50%を切っている中で …

スポンサーリンク

スポンサーリンク