暮らし

倉吉市未来いきいき総合戦略のパブリックコメントを実施

投稿日:16/10/2015 更新日:

倉吉市未来いきいき総合戦略の策定に当たりパブリックコメントを実施しています。

倉吉市民が直接まちづくりについて意見が言える貴重な機会です。

市民の意見や提案がどこまで反映されているのかチェックしてみてください。

市民集会は一部の役員だけの参加だったので、多くの意見は反映されていないのが残念ですが。

ホームページ上でも公開されていますので、このチャンスを活かして自分の意見を直接市政に届けましょう。

「倉吉市未来いきいき総合戦略」については10月の市報にも情報が載っていましたし、「素案」を読みましたが、突っ込みどころはたくさんありますよ。

本来なら、パブリックコメントではなく直接意見交換ができる場の設定が必要だと思いますが、どうしてできないのでしょうか?
それにしても、倉吉市のFacebookもホームページも面白くないですね。

(とりあえずシェアはしましたけど・・・)
クリックする気はぜんぜん起きません。

ただの事務連絡ではなく、もっと魅力ある発信をしてほしいと思います。

そもそも、市からの情報発信が少なすぎますよ。

戦略会議、市民集会、素案への意見募集など、石破くんの「宿題」を800万円もかけて作っているという情報を知っている市民はごくわずかしかいません。

「市民の声を聴いて市政に反映する」ためには、何をいつどこでやっているかを知らせることが必要です。

発信手段は様々ありますので、あらゆるメディアを使って情報を伝えてほしいものです。

これも、担当者に伝えます。

パブリックコメントは25日まで受け付けていますが、土日は閉庁なので明日が締め切りです。

何件のパブリックコメントが寄せられているのか聞いてみたいと思います。

多分、誰も知らないでしょうね。

倉吉市未来いきいき総合戦略の策定へのパブリックコメントを提出しました。

これがどのように扱われて、どのように戦略の中に反映されるのか期待してみていこうと思います。

ちなみに、この戦略について「語る会」を自主的に開いたら、参加希望の方はありますか?

http://www.city.kurayoshi.lg.jp/p/gyousei/div/kikaku/sogoseisaku/sousei/6/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

世間に根付く認知症のネガティブなイメージはメディアにも責任がある

昨日の22時からNHKで認知症キャンペーン特番 第6弾「わたしが伝えたいこと ~認知症の人からのメッセージ~」という番組を見ました。 このキャンペーン番組は継続して見ていますが、これまで伝えられている …

発達障害の息子のために、ゼロからラーメン屋を作りました

小学校高学年頃から不登校になり、息子さんは発達障害があると気づきました。 そんな発達障害の息子さんと共同作業ラーメン屋をつくった話が投稿されています。 親子であっても人の心の中は分からない。 本人がで …

あなたの「存在そのもの」に価値があります。自分ひとりでできることには限界があります。

「頑張って誰かのためになにかしなくちゃ、なにかしよう!」って思わなくても、努力して頑張らなくても、あなたは「そのまま」で誰かの役に立っています。 あなたの「存在そのもの」に価値があります。 「なにかや …

原始 物々交換の時代ってどう思いますか?

お金がお金持ちに集中するから生きていけない人が出てくる。 物を必要な分に予備分を加えただけ生産し不要な分を作らなくていい分、減ってしまった仕事を週休2日を週休3日にするなどしてみんなで分け合い、お金を …

チャリティの名を借りたテレビ局の一大ビジネス

8月24日から25日にかけて毎年恒例の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が放送された。 同番組をめぐっては、チャリティー番組にも関わらず出演するタレントにギャラが支払われていると度々指 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク