暮らし

合理的配慮は特別扱いではなく「ちょっとした工夫」でできる

投稿日:

ある子に他の子とちがうことをすると、日本の学校では「ずるい」という声があがります。
日本の学校では、一人に違うことをしようとすると、「えこひいき」と言われます。

ひとりだけ「特別扱い」はできない?
学校は「個に応じた指導」はできないのですか?
それなら、学校には行けないでしょう。
学校で勉強をさせてもらえない、勉強ができないのですから、それでは学校は何のためにあるのですか?

「学校へ行かないと勉強ができないよ」
「学校へ行かないと友達が作れないよ」
「学校へ行かないと社会性が育たないよ」
「小さな学校だと切磋琢磨できなくて競争力が育たないよ」
「だから学校を統合して、競争力を育てる必要があるんだよ」
これ、本気でそう思っているのですか?
はあ~~??

学校へ行かなくても、勉強はできます。
学校へ行かなくても、たくさんの友達や仲間が作れます。
学校へ行かない方が社会性が育ちます。
学校へ行かないほうが、強くなります。国際的な競争力も育ちます。

現在、1クラス約30人に2人は発達障害をもつ子どもがいるというデータもあり、「授業中にじっとしていられない」「空気を読めない」など行動面での著しい困難や学習面での著しい困難を示している子がたくさんいます。
行動面での著しい困難によって、親や教員から「この子は問題行動ばかり起こして、なんて子なの!」と酷い叱責を受けたり、学習面での著しい困難によって、文章を読んだり書いたりできない、問題が読めない、答えは分かっていても書くことができないため、担任からは、「勉強をさぼっている、授業中に怠けている」と見られて注意を受けることがしばしばあります。
さらに、脳の障害の専門家である精神科医の理解も不十分なため、酷い言葉かけで辛い思いをしています。

「困難」を感じている本人も、他の子は普通に読み書きができるのに、「自分はできない、普通じゃない」ということがとても恥ずかしく思っています。
しかし、これは周囲で「もっと理解や適切な対応」ができたら困難なことではなくなります。それは、「ずるい」ことでも、「えこひいき」でもありません。
当たり前のことです。

平成28年4月より施行された障害者差別解消法に伴う「合理的配慮」も、この「当たり前のことを当たり前にする」ためです。
しかし、親が待っていても学校が対応してくれるものではありません。親が要望しても、ほんの些細なことができない学校の方が多いです。
・教室が明るすぎて目がチカチカする。
・教室の中が雑然として集中できない。
・周囲の音が気になって落ち着かない。
・読み書きが遅いために黒板の字が書きとれない。
・教員の話が聞き取れない。
・教員の叱る声が怖くて教室にいられない。
・イスが硬くて長い時間座れない。
このようなことを解決することは、大掛かりなことをしなくても「ちょっとした工夫」でできます。
窓にカーテンをつけたり、子どもの間に仕切りを置いたり、イスにクッションを置いたり、蛍光灯を変えたりなど、たいしてお金をかけなくてもちょっとしたことでできます。
しかし、学校では、それが実現するまで何ヶ月も何年もかかります。
中には学級担任が自費で購入して設置しているケースもありますが、こんな簡単なことすらできないのが学校です。

これらを実現するためには、いちいち保護者が実際に学校へ子どもの状態を説明し、納得の上で個別の配慮をお願いしていく必要があります。新しい学年に変わると、そのたびにいちいち0から学校に説明する必要があります。
前年度からの引き継ぎがまったく行われていないために、校長や担任が変わると、また0からのスタートとなっているのです。
保護者が「いちいち」学校を訪問して一回一回話をしなければなりません。
さらに、話を伝えたからといって実現できるかどうかは分かりません。
学校で勉強をさせてもらえない、勉強がができないのですから、それでは学校は何のためにあるのですか?

「合理的配慮」とは、障害がある人にツールを与えることではありません。「障害者のため」に「特別なこと」をすることではありません。
学校では、「ちょっとした工夫」でできることもありますから、保護者の提案を聞いて、今の学校でできることをしていくだけでいいのです。
障害があるないに関わらず、どの子にとっても学校生活がスムーズにできる支援体制や環境を整えていくことが必要です。

合理的配慮を要請するときに誰にどこにどのように伝えていったらいいの?

学校教育現場における児童生徒に対する「合理的配慮」は、公立学校であれば「法的義務」があります。
「文科省資料3:合理的配慮について」
(1)障害のある児童生徒等に対する教育を小・中学校等で行う場合には、「合理的配慮」として以下のことが考えられる。
(ア)教員、支援員等の確保
(イ)施設・設備の整備
(ウ)個別の教育支援計画や個別の指導計画に対応した柔軟な教育課程の編成や教材等の配慮
これは、「法的義務」です!

「合理的配慮の否定」も「障害に基づく差別」であると定義されています。
つまり、「障害のある人に必要な配慮を、出来るのにやらないことは、差別だ」ということが明確に示されたわけです。
このように法律で定められていて、公立学校がそれをしないと義務違反になります。

発達障害だけでなく、学校で「困っている子」はたくさんいます。
「困っている教員」も「困った教員」もたくさんいます。
他の子とちがうことをすることは、「ずるい」ことでも「えこひいき」でもありません。
合理的配慮は「ちょっとした工夫」で可能なのです。
これからもひき続き、「当たり前のことを当たり前にする」ための行動を続けていきます。

学校に合理的配慮をお願いするための資料

合理的配慮を具体的にお願いするためのステップ

もちろん、すべての学校がそうだといっているのではありません。
中には個に応じた丁寧な対応をしている学校も、熱心で指導スキルの高い教員がいることも知っています。
それらの学校でやっていることを広く共有し、すべての学校での対応がされることを望んでいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

ひきこもりサポーターを地域でどれだけ育てられるかも大きな課題

国がひきこもり支援事業に本腰を入れるという一方では、、半数の自治体がひきこもり就労支援を断念という事態もあります。 しかも事業を断念した理由が当事者の「利用ニーズに問題がある」としていることだといいま …

すべきことは「ひきこもりからの脱出」ではなく、本人の苦痛や困り感を解消すること

内閣府は29日、40歳~64歳までを対象とした「ひきこもり」の実態調査の結果を公表。40歳以上のひきこもりは推計61.3万人とした。15歳~39歳までの「ひきこもり」は2015年の調査で推計54.1万 …

TVタックル『ひきこもり特集』のヤンキー業者礼賛 斎藤環氏に賛同します

私も、斎藤環さんに同感です。 TV報道は一部の映像だけを切り取って流されるので、全体像までは見えませんが、やり過ぎ、行き過ぎの感は否めません。 成功事例もありますが、すべてが上手くいっていることはない …

今の小学生はスマホがなくたって自分でなんとかしてLINEをしている

知りたい!見たい!と思ったら、どんな時代でもなんとか工夫しています。 私たちが子どものころにはネットとかスマホなどありませんでしたが、それを探し出す方法が友だちとの情報交換で、なんらかの情報を誰かが持 …

まちづくりで人を変える“居場所”の力とは?

積極的不登校の子も、難しい課題を抱えて生きている子も、みんな安心できる生き生きと成長できる場があれば、「不登校」は不登校ではなくなり、「障害」も障害ではなくなります。 本来なら公教育の場である学校にそ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク