暮らし

「夢を紡ぐ子育て支援」のための予算配分や人の配置は不十分

投稿日:25/10/2015 更新日:

安倍氏は、総裁記者会見で第二の矢は「夢を紡ぐ子育て支援」と述べています。

その内容は、

・希望出生率1.8の実現
・経済的な理由などで実現できない残念な現実
・「結婚したい」と願う若者の、背中を押すような政策
・人口が安定する「出生率2.08」も十分視野に入ってくる
・少子化の流れに「終止符」を打つことができる
・様々な事情で学校に通えない子どもたちには、フリースクールなど多様な場で、自信を持って学んでいけるような環境を整える
・希望すれば、誰もが進学できる環境を整える
・子どもの貧困の問題に取り組む
・本人の努力次第で、大きな「夢」を紡いでいくことができる社会をつくりあげていく

と、まさに「夢」のような内容となっています。

しかし、それを本気で実現しようと思っていないことは明らかです。

政権内の優先順位では、下の下に位置されています。

鳥取県の「子育て王国」宣言もスローガンだけで終わっている感じです。

倉吉市の「総合戦略」にも子育て支援についても触れられていますが、目標値も低すぎるし、何よりも、誰がいつ何をするのか、その検証方法はどうしていくのか?などはっきり決まっていないことがほとんどです。

市の担当者の話では、
「具体的な方法はこれから決めていく」
「これから各機関と連携しながら組織を作っていく」
「予算化して実行に努力する」
「子育て中のお母さんの要望を聞いていく」
といっていましたが、課題は目の前にあります。

実際には子育てで悩んでいたり、子どもを預ける場所やお母さんの働く場所がなくて困っている人も少なくありません。

課題は山積みですが、経済的な負担による不安が大きいいので、まずそこを整備していくことが第一ではないでしょうか。

そのための予算配分や人の配置もまだまだ不十分です。

財政も厳しいことは知っていますが、行政の経営努力によって本当に必要なことに予算を配分していくべきです。

そして、もっと地域の人材を活用する仕組み作りを進めていく必要があります。

子育て中のお母さんの不安を少なくするための具体的な施策が急務です。

スローガンを作って目標を掲げるだけなら誰だってできます。

それを「実現する」ために必要なことをすぐに実行して欲しいです。

これまでに、政治家のウソに騙され続けた国民は政治を諦めたり無関心になっていますが、それが一番危険です。

国民が声を出し続けること、自分のできる行動を始めることが大事です。

それは、国レベルではなく市町村レベルから始めるべきだと思います。

安保法案撤廃によるデモの盛り上がりが全国各地で続いていますが、それも大事ですがもっと足元の生活の不安を取り除いていく運動も必要ではないでしょうか。

「ニッポン一億総活躍プラン」については報道で知っている人もあると思いますし、私は政権与党の考え方も推し進めている政策にも大反対ですが、あえてリンクを貼っておきます。

安倍晋三総裁記者会見(両院議員総会後)
https://www.jimin.jp/news/press/president/130574.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

「できませんでした」が「頑張ります」に変わってきています

分からないから知りたくなるし、できないからできると楽しいんです。 もしも、できることばかりであったら人生はつまらないと思いますよ。 私は、疑問や分からないことなどの課題を見つけたらとてもワクワクします …

今の小学生はスマホがなくたって自分でなんとかしてLINEをしている

知りたい!見たい!と思ったら、どんな時代でもなんとか工夫しています。 私たちが子どものころにはネットとかスマホなどありませんでしたが、それを探し出す方法が友だちとの情報交換で、なんらかの情報を誰かが持 …

携帯スマホを貸し与えたのは親ですから、すべて親の責任です。

今日はペアレンタルコントロール講演会に行ってきました。 あなたはどんな目的があってどんな理由があって子どもに携帯を「貸して」いますか? 「みんながもっているから」 「高校生になったから」 「自分だけ持 …

鳥取県「ひきこもり家族教室」のご案内について

このような「ひきこもり家族教室」なるものがあるとは知りませんでした。 自治体によって内容は異なるようですが、全国にあるみたいです。 「ひきこもり家族のつどい」「ひきこもり家族教室」で検索したらいろいろ …

スティーブ・ジョブズの生き方に学び、自分の人生をやり切る

スティーブ・ジョブズ、カッコいい! 言行一致とは、彼のことをいっています。 アップルを作ったとかiphoneを発明したからすごいんじゃなく、彼の生き方が素晴らしいんです。 CEOとか社長とかいう「肩書 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク