地域情報

不登校抱え、職員室で孤立する教員を救うには「みんな」の支援が必要

投稿日:24/12/2018 更新日:

これは不登校対応だけではありませんが、学校の中に情報を共有する体制が整っていない。
それ以前に、相談したくても逆に自分を責められる相手に相談できるはずもない。
という学校は少なくないです。
対教委についても同じ構造です。
一人ひとりの教職員が分断されて協働できないのです。
こうやって、孤立し一人でなんとかしようと抱え込んでしまっています。いろいろな無理が重なっていきます。
私も同じような経験をしましたが、職場によって雰囲気は様々です。

だから、弱音を吐ける場、お互いに「助けて!」という関係作りが必要です。
教員が信頼できる相談の場と人が必要です。それは学校内部ではなく外部の人の方がいいです。
ですが、学校というところは非常に閉鎖的な場所なので外部から入ることはとても大変です。
子どもと関わるだけでなく、教員の話し相手として地域のおっちゃんやおばちゃんが気軽に入ることができたらいいのですが、それがなかなか難しいのが現実です。
不登校対応ひとつとっても、学校だけで対応するのにはとっくに限界が来ています。だから本人や保護者との間にもズレが生じて、ギャップが広がっていきます。それが悪循環の連鎖となります。
それを解決していくためにはそのような関係性を総合的に観てコーディネートする「第三者」が絶対に必要です。
しかし、実際には「文書に書いてある」だけで完結しています。

でも、できる学校はやっているんですよね。
よかった点を共有して実行するだけなのに。
子どもも教員もギリギリの学校生活を送っています。
これは教員個人の問題ではなく、学校システムに欠陥があるということなのです。
その根本には、閉鎖的な隠ぺい体質が潜んでいます。
対立構造の中では、子どもも教員も壊されてしまいます。
教員ができることには限界がありますので、私が現職の時には、職員仲間だけでなく保護者の方にも助けてもらっていました。
そのお陰で教員を続けることができたといってもいいです。
だから、児童生徒の支援はもちろん、「みんな」で教職員を支えていく必要があります。他人事だと考えないで学校に関心を持つ必要があります。
「みんな」でです。

なんなら、先生方もうちに来てもいいですよ。

不登校「私のクラスばかり…」不登校抱え、職員室で孤立 学校介入どこまで

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

鳥取県中部・倉吉市災害ボランティアセンターを開設

倉吉の町は地震発生から3夜空け、4日目の朝が始まりました。 いつもの月曜日と変わりなく、学校や職場に向かいます。 鳥取県中部で災害ボランティアの受付を開始しています。 今回の地震での作業は家屋のがれき …

倉吉図書館では「戊辰戦争150年コーナ」で会津関連の本の特集

長州と会津、同時進行で読んでいます。 松陰先生と容保公とは関係ないけど、なんだか、今自分が生きていることに対してご先祖様の墓にお礼に行きたくなりました。かつて国のことを命をかけて本気で守ろうとした人た …

倉吉市民の意識、ニーズと行政の考え方とでギャップが大きい

倉吉市の抱えている課題を解決するには、どうすべきか? 倉吉市は、平成17年度から毎年意識調査を行っています。 平成22年度から今の質問事項に変わっています。 これまでの調査結果は、こちらで見ることがで …

これが倉吉市未来いきいき総合戦略検討会議なのか?

倉吉市未来いきいき総合戦略検討会議(第5回)経済の活躍部会の見学に行ってきました。 参加者は、委員会のメンバー5名(1名欠席)と各課の代表、市の担当者です。 今日も一般市民の見学者は私一人だけ。 多分 …

鳥取県が花粉を出さないスギを開発 花粉症対策への効果期待

鳥取県林業試験場、スゴいじゃん! 長年花粉症で苦しんでいるので助かるなあって思います。 これもまた自分の身体との付き合い方なんですがね。 ただその杉と入れ代えるまでには何年かかるんだろ~? 3月~4月 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク