教育

琴浦町の不登校の親の「虹の会」で心のエネルギーを充電してみんなが笑顔に

投稿日:14/10/2016 更新日:

私も毎月楽しみにしている、みんなが笑顔になるための虹の会です。
保護者のピアサポートの会保護者のピアサポートの会代表河本さんの「個性を伸ばす子育て」の話はとても分かりやすく、「できない、分からない疑似体験」も面白かったです。

・自分がどんなタイプが分かると自分の特性が分かりやすい。
・子どものタイプと親がどんなタイプが分かると、子どもへの接し方も変えられる。
・子どもを褒める、認めるアイテムや言葉の蓄えをたくさんストックしておくといい。
・できないことを治すのではなく、できること、できたことを褒め、好きなことを伸ばしていくことが大切。

親も子も心のエネルギータンクを貯めることが必要

私からは「心のエネルギータンク」について話をしました。
不登校の子どもは脳や心のエネルギーを使い果たしている状態なので、まずは「休むこと」が一番。
クルマのガソリンが0になっているのに、いくらアクセルを踏んでもクルマは動きません。ガソリンがない状態でアクセルばかり踏み続けても、動かないどころか他の部分にも不具合が生じてきます。
そうなるとガソリンが入ったときでもほかの不具合のために動かなくなってしまう場合もあります。
なので、不登校からの回復の位置段階は休んでエネルギーを蓄えること。このときにアクセルを踏んではいけません。
アクセルを踏み出すのはエネルギーが貯まってからすることです。

休むだけでなく、好きなことをすることもエネルギーの回復には有効です。親や学校にとっての都合のいい「休ませ方」ではなく、子ども自身がゆっくりと安心して休む状態でなければエネルギーの充電はできません。
「いつもゲームばかり」
「漫画ばっかり読んでいる」
「好きなことはするけれど、他のことは・・・」
「昼夜逆転でこのままでいいの?」
など、親にとってはやってほしくないこともありますが、それは「不登校状態の今」だから必要なことなんです。
これらのことは「心のエネルギーを貯めるために必要なことなんだ。」という理解をすることが第一です。

そのときに、親や学校からあれこれ要求を出したり、無理に学校へ行かせたりすることが逆効果です。それは心のエネルギータンクに穴をあけるようなもので、せっかく貯めたエネルギーがどんどんこぼれていきます。
何かを強制する、学校へ行くという刺激をするなどは、すべて穴をあけることになりますので、エネルギーを貯めるだけでなくタンクに穴をあけないようにすることも大切です。

実は、このエネルギーを貯めるタンクは子どもだけでなく親も持っていて、どちらもパイプでつながっています。
親のタンクが貯まってくると、パイプを通して子どものタンクに入っていきます。つまり親のタンクにエネルギーを貯めることによって子どものタンクにも早くエネルギーが溜っていくのです。
そして、子どものタンクと同じように親のタンクにも穴があきます。世間からの冷たい視線、学校への不安感、不信感、家族や周囲の無理解などによって親のタンクに穴があいてしまいます。そうなると親自身も懸命にエネルギーを蓄えていても穴があくことでそれがこぼれ落ちてしまうのです。それで親が自分で自分を責めてしまい、ますますタンクの中のエネルギーが減ってしまいます。

心のエネルギーを貯めるには

心のエネルギーを貯めるには子どもは好きなことをすること、親は笑顔で明るく過ごすことが最も有効です。
タンクに穴を空けないようにするには一人では大変なので、周囲の理解ある人に相談したり親の会などで悩みを話したり他の参加者から話を聞いたりすることが必要です。自分の受け止め方や考え方を変えることも、タンクの穴を塞いでエネルギーが漏れない丈夫なタンクにすることにつながります。
このようにして親子で心のエネルギーを貯めることができれば、親も安心できますし、子どもは親の様子を感じ、子どもは自己決定をして次のステップに進んでいくのです。

という意味では、親の会は親のエネルギーを貯めることのできる場のひとつです。
今月の虹の会でも、みなさんがタンクにあけられた穴をふさいで少しずつエネルギーを貯めることができたと思います。
日々の暮らしや子育ての中で使ったエネルギーを回復して、みなさんが笑顔で帰っていかれたのが嬉しかったです。
親が安心して過ごしていると、親子の心のエネルギータンクも充電できます。
虹の会もたくさんのエネルギーを貯められる「充電スタンド」です。

楽しい話をしていただいた河本さん、会場を提供していただいている東伯文化センターの職員さん、参加されたみなさん、今回も勇気をいただきありがとうございました。私のエネルギータンクも満タンにして帰ることができました。
毎回美味しいスイーツを作ってきてくださるNさん、我が家では「虹の会」のことを「スイーツの会」と呼んでいます。^^
心のエネルギーだけでなくお腹のタンクも幸せいっぱいになりました。
これからもみんなが笑顔になれるように、虹の輪が広がっていくといいですね。
みなさんも心のエネルギーを貯めるために親の会に来てみませんか。

心のエネルギー曲線と心のエネルギータンク

こちらでは、不登校やひきこもり状態の時によくイメージ化して使われる「心のエネルギー曲線」について書いています。
心のエネルギー曲線は時間経過で見たもの、心のエネルギータンクは個人の状態を表したものです。
心のエネルギー曲線の回復の姿のひとつの形が「学校へ行く」ことなんですが、必ずしも学校復帰だけが回復のゴールではないことも知っておいてください。

虹の会のFacebookはこちら

鳥取県内の不登校やひきこもりの親の会の案内はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校へ行けない人はなぜ増えた?20年間変わらない「孤立感」

解決されるべきは「不登校をした本人」ではなく「不登校で孤立感を感じざるを得ない社会」の側。 そのためには「学校からの非常口」が整備されるべき。 「不登校をした人の生きてきた姿」や「学校の非常口から出て …

授業の遅れを取り戻すより、子どもたちが時間を忘れて熱中できることをしたらいい

「学びを止めない」 「授業の遅れを取り戻す」 「授業日数の確保を」 「足りない分は家庭学習で」 「なんとかしてオンライン授業を」 「入学試験の範囲はどうなる」 こんな議論を聞いていると、情けなくなりま …

何が好きなのか、何をやりたいのか、一番最後まで必要とされるスキルはそういった意思の力

つまらん、つまらん。 そこには自分の興味がないから。 学校の勉強も与えられた課題、興味のない単純作業をやらされているだけだから。 小林由幸:「詰めこみ型の勉強はしないと決めて、自分の興味あることにだけ …

ディスレクシアの松谷君がTBSの報道番組で取り上げられました

昨年の鳥取らくだカンファレンスにも来てくれた松谷君がTBSの報道番組で取り上げられました。 彼は読み書きに非常な困難を伴うディスレクシアという障害があります。 私は眼鏡をかけないとPCを使った仕事も車 …

発達障害の子達が発するSOS・こころの叫びを聴いてください

まずは子どもを理解する、障害を理解することが第一です。 子どもの行動には必ず理由があります。 子どもの行動には必ず目的があります。 それを理解しようとしないで、表面的な行為だけを見て「問題行動」だとと …

スポンサーリンク

スポンサーリンク