教育

教員の「不適切な初期対応」が「不適切な不登校状態」を続けてしまう大きな要因

投稿日:25/10/2016 更新日:

小学校の担任よりもハル君の方がよっぽど本質を見極めていますね。

この担任の初期対応はまずいです。というか、今の学校では多くの教員がこのような対応をしています。
「学校に行くことが正しい。だからハル君も学校へ来なさい。お母さんはハル君を学校へ行かせなさい。」という対応です。
この担任も学校制度に縛られて、立場発言を優先している形だといえます。

不登校の初期対応で重要なことは学校と保護者との信頼関係作り

まるで担任の方から信頼関係を失うような働きかけをしていますが、初期対応で重要なことは本人、保護者との良好な関係性を作ることです。
「このままですと、息子さんは不登校になる危険がありますよ」
「こう言えば学校を休める、嫌なことから逃げられる」
「嫌なものを避けさせて、学ぶ機会を失ってしまってもいいんですか?」」
「休み癖がつく」
これでは、子どもも保護者は担任を全く信用しなくなります。担任の話を全く聞こうとしなくなります。それが「不適切な不登校状態」を続けてしまう大きな要因なのです。

「不適切な不登校状態」といいましたが、その反対「適切な不登校状態」「健全な不登校状態」という形もあります。
それについては長くなるのでまたの機会に送ります。

自分にとって意味のある学び方は何かを子ども自身が決めることが大事

学校でしか学べないことできない体験はたくさんありますが、学校に行かないからこそ学べることできる体験もあるのです。
不登校対応でよく見られるパターンなのですが、学校は子どもの都合で利用していく機関のひとつであるという認識が足りていないために、このような対応しかできないのです。
それを決めるのは担任でも保護者でもありません。
どのような選択が「自分に合っているか」「自分にとって意味のある学び方は何か」を考えて実行していくことです。
学校や保護者はその機会を提供することが役割だということを知っておく必要があります。

不登校宣言は子どもの「独立宣言」

学校は、「嫌なことをさせて我慢する」ところではありません。
学校を好きなことに夢中になって取り組める場所にしたら、誰もが学校へ行くことが楽しみになります。
それができていないから子どもたちは「不登校宣言」をしているのです。
不登校宣言は子どもの「独立宣言」なんですよ。
誰もが学校へ行くことが楽しみになるのを実行するのが教員の仕事なんですが、この担任は「嫌なことをさせて我慢する」ことに価値があると考えているのでしょうか?
こんな担任のいる学校なんか、ハル君じゃなくても行きたくないでしょ。

学校の都合によるワンパターンの対応方法では子ども理解はできません。
行きたくなるような学校にしない限り、子どもの方から学校を拒否するのは当たり前なんです。
教員としては「なんとか学校へ来させたい」という思いの方が強すぎて、そのような対応になってしまうのです。
なので、学校や担任と対立するのではなく対話は続けていったほうがいいです。

なので、まずは今の子どもさんの思いや保護者の願いをしっかりと学校側に伝えることが大事です。
「今の子どもさんに何が必要で、どうすることがいいのか」対話しながら一緒に考えていくのがいいです。
我慢して無理していかなくても、いくらでも学ぶ方法はありますので、子どもさんの思いをしっかり聴いてあげてください。

不登校問題とは?ここが最も重要なポイント

何度でも言います!!
不登校が問題なのではありません。
「不登校は問題である」という考え方に問題があるのです。
「子どもが学校へ行かない」ことが問題なのではなく、「子どもが行きたいと思える学校の選択肢が少ない」ことが問題なのです。

大人の正義感で不登校を「問題」にしちゃってません?
発達障害の息子が語った、学校に行かない理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

市教委や学校の対応の悪さがますます事態を悪くしている

いじめを苦に自殺、連日新聞やニュースで取り上げられていますが、その後の市教委や学校の対応の悪さがますます事態を悪くしています。 仙台いじめ自殺での「遺族の意向」がどのようなことなのかが分かりませんが、 …

オンライン学習を国が開発へ、「カリキュラム・マネジメント」との関連は?

国がこれから開発するというオンライン学習と新学習指導要領の「カリキュラム・マネジメント」と矛盾していないのでしょうか? 文科省は、小中高校生の「家庭学習の充実」に向け、パソコンやタブレット端末を使って …

校則が厳しい学校は先生方もその校則によって強く統制されている

校則は生徒だけでなく教員も拘束されがんじがらめに縛られます。 自由とはなんでもしてもいいということではなく、自らを律することが求められ、自由度が高ければ高いほど自ら責任をとるということです。 自由であ …

第1回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどいの申し込みについて

昨日、今日は第1回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどいのチラシを配って回りました。 「鳥取県民のつどい」としている通り、できるだけ多くの県民の方にお伝えしたいと考えています。 役所や教育委員 …

不登校の「親の会」に参加することも解決への道筋のひとつ

子どもが不登校になったときには、「自分の育て方が間違っていたのかも?」という自責の念や後悔など今の現状を招いた責任を一人で背負い込んでしまう人も、残念ながら多いです。 というか、子どもの育て方が間違っ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク