教育

芸術家岡本太郎の教育論こそ本質です

投稿日:30/09/2015 更新日:

「なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか」

その根本にあるのは、「無難に生きたほうがいいよ」「皆と同じようにしたほうが安心だよ」という大人の評価です。

子どもは、こういうことをすれば「無難」なんだと思って、いつでも大人の評価を求めてツジツマを合わせるようになります。

どうしたら親や教員、周りの大人が喜んでくれるのかを無意識のうちに考えています。

世間一般では、これを「子どもらしさ」といっています。

周りの評価を得るためにしている行為が「子どもらしさ」です。

そこで、子どもは次第に「周りと同じこと」をすることが無難な生き方だと身に着けていきます。

知らず知らずのうちに、無意識でなんの違和感もなく「大人の都合のいい行動」をするようになっていきます。

こうして身につけた評価されるためが目的の「型」は大変便利です。

自分の意志は関係なく、周りがいいという行動に価値を見つけるのです。

自分の本当の想いや気持ちを表現すると、周りからの評価は「あいつ、変な奴」となります。

これは「無難」な生き方ではありません。

自分の意志と行動なのですが、周りからは評価されません。

このように育てられたら大人になっても自分の本当の想いや気持ちを伝えることをしなくなります。

周りに評価されないで「変な奴」と見られるのが怖いからです。

なので、自分の意志ではなく、「型」を使ったコミュニケーションをするようになってしまいます。

私は「型」にはまった人間にはなりたくありません。

子どもたちも「型」にはまった人間には育てたくありません。

「あいつ、他人と変わっているよね。」

そういう人間になりたいと思っています。

https://conobie.jp/article/2225

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

フィンランドの独自の教育方法って本当か確かめました

フィンランドの教育がかなり評判になっているので調べてみました。 一次情報を探すには、実際にフィンランドの学校へ行って確かめてみるのがいいのですが、こんな学校だったらいいなあということは言えそうです。 …

「できる、できない」ではなく「学習するって楽しい」って感じることの方が大切

今の学校の勉強は、みんなに同じことをさせて勉強を嫌いになる子どもを育てているような気がします。 苦手なことを何度も何度もやらせることは、それができるようになるどころか、どんどん嫌いにさせていきます。 …

繰り返される教員の暴言・暴力を止め、子どもを守るには何が必要か

こんなことが許されるはずがないですよ! 「教員による児童への虐待が司法の場にまで持ち込まないと解決できない」ということが現実に起こっています。 子どもたちが学校でこんなひどい目にあっているのは、他県の …

全国で初めてフリースクールを対象にした給付型奨学金

全国で初めてフリースクールを対象にした給付型奨学金が三重県津市で始まりました。 たいへん画期的な取り組みです。 三重県遊技業協同組合は、これまでもフリースクール・三重シューレに毎年370万円の家賃相当 …

学校の社会性に適応できなくても大したことではない

茂木健一郎さんの考えに全く同感です。 子どもたちや保護者だけでなく、現場の教員も苦しんでいます。 学校をとりまく様々な問題を現場の教員だけで解決することは不可能です。 教員も子ども個々に応じた対応が重 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク