教育

「なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか」芸術家岡本太郎の教育論

投稿日:30/09/2015 更新日:

「なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか」

その根本にあるのは、「無難に生きたほうがいいよ」「皆と同じようにしたほうが安心だよ」という大人の評価です。

子どもは、こういうことをすれば「無難」なんだと思って、いつでも大人の評価を求めてツジツマを合わせるようになります。

どうしたら親や教員、周りの大人が喜んでくれるのかを無意識のうちに考えています。

世間一般では、これを「子どもらしさ」といっています。

周りの評価を得るためにしている行為が「子どもらしさ」です。

そこで、子どもは次第に「周りと同じこと」をすることが無難な生き方だと身に着けていきます。

知らず知らずのうちに、無意識でなんの違和感もなく「大人の都合のいい行動」をするようになっていきます。

こうして身につけた評価されるためが目的の「型」は大変便利です。

自分の意志は関係なく、周りがいいという行動に価値を見つけるのです。

自分の本当の想いや気持ちを表現すると、周りからの評価は「あいつ、変な奴」となります。

これは「無難」な生き方ではありません。

自分の意志と行動なのですが、周りからは評価されません。

このように育てられたら大人になっても自分の本当の想いや気持ちを伝えることをしなくなります。

周りに評価されないで「変な奴」と見られるのが怖いからです。

なので、自分の意志ではなく、「型」を使ったコミュニケーションをするようになってしまいます。

私は「型」にはまった人間にはなりたくありません。

子どもたちも「型」にはまった人間には育てたくありません。

「あいつ、他人と変わっているよね。」

そういう人間になりたいと思っています。

なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

休校は五味太郎さんのいう「じょうぶな頭とかしこい体」になるチャンス!

マスク、トイレットペーパーの次は、なんと小学生向けドリルが売り切れになっているそうです。 どんだけ勉強させたいねん。 これも、みんながやってるから自分もやらなきゃってこと? 「勉強したい」って思った時 …

学校現場での理解に苦しむことを挙げればきりがない

子どもを職員室まで来させて、「はい、六の段言って」と、他の職員の前で大きな声で唱えさせる。 給食を食べきれなかった子どもを掃除時間やすっかり冷たくなったのを放課後まで残して食べさせる。 「もうやらない …

森のようちえん「木とねっこ」主催の「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会

今日は、映画「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会に行ってきました。 木とねっこさんとのご縁で、昨日はいろいろな方とのつながりができました。 ご縁に感謝しています。 鳥取県中部の「森のようちえん」あ …

基礎学力とは何か?学校の勉強ができることではありません

学校の目的はテストでいい点数を取ることではなく、「学ぶって楽しい」と感じることです。 学校は第一に勉強をする場所です。 規則を守らせることや人間関係を作ることよりも第一に「学ぶって楽しい」ことを教える …

「明日学校で待ってるよ」という行為が学校に行けない子どもを追い詰める

昨日のトトロの会でも話題になっていました。 問題はこれが「善意」で行われていることです。 「学校に来られない子どもをみんなで励まそう」という『善意』がベースにある」ということが問題です。 担任も家庭訪 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク