教育

「なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか」芸術家岡本太郎の教育論

投稿日:30/09/2015 更新日:

「なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか」

その根本にあるのは、「無難に生きたほうがいいよ」「皆と同じようにしたほうが安心だよ」という大人の評価です。

子どもは、こういうことをすれば「無難」なんだと思って、いつでも大人の評価を求めてツジツマを合わせるようになります。

どうしたら親や教員、周りの大人が喜んでくれるのかを無意識のうちに考えています。

世間一般では、これを「子どもらしさ」といっています。

周りの評価を得るためにしている行為が「子どもらしさ」です。

そこで、子どもは次第に「周りと同じこと」をすることが無難な生き方だと身に着けていきます。

知らず知らずのうちに、無意識でなんの違和感もなく「大人の都合のいい行動」をするようになっていきます。

こうして身につけた評価されるためが目的の「型」は大変便利です。

自分の意志は関係なく、周りがいいという行動に価値を見つけるのです。

自分の本当の想いや気持ちを表現すると、周りからの評価は「あいつ、変な奴」となります。

これは「無難」な生き方ではありません。

自分の意志と行動なのですが、周りからは評価されません。

このように育てられたら大人になっても自分の本当の想いや気持ちを伝えることをしなくなります。

周りに評価されないで「変な奴」と見られるのが怖いからです。

なので、自分の意志ではなく、「型」を使ったコミュニケーションをするようになってしまいます。

私は「型」にはまった人間にはなりたくありません。

子どもたちも「型」にはまった人間には育てたくありません。

「あいつ、他人と変わっているよね。」

そういう人間になりたいと思っています。

なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

no image

算数の問題の記述がなんとも微妙で、納得いかない

するどい息子さんです。 こうやって親子で議論になることが素晴らしいですね。 それにしても「米が30.4kgあり、先週3.2kg食べた」とは、細かい計り方をしていますよね。 普段、3.2kgまで計って食 …

教員の不適切な対応と学校環境の不備によって引き起こされたのが不登校です

不登校の児童生徒に対して間違った対応が多くの学校で行われている。 教員の不適切な対応と学校環境の不備によって引き起こされたのが不登校であり、不適応になっているのは子どもではなく学校側にあると書きました …

学校が楽しければ学校に行くし、給食が美味しかったら残さず食べる

食育って栄養のことだけではないでしょ。 給食だけじゃないけど、その時間が来るのが楽しみって思うかどうか。 病院食じゃないんだし、完璧な栄養バランスなんかできるはずないんだから、それよりも大事なのは「美 …

新田サドベリースクールの子どもたちが智頭町議会を傍聴

智頭町議会の一般質問にて新田サドベリースクールについての議題があり、そこに行っている子どもたちが議会の傍聴に行きました。 「町民による選挙で選ばれた町議さんが、教育長にどのような質問をするのか。」 「 …

SNSに増殖している「勉強垢」で答案用紙や自筆ノートを晒す

学習管理SNSなんてものまであるのですね。 ネットやSNSでのつがなりが増えているのは便利さだけでなく、現実でのつながりにくさや人間関係の薄さが原因です。 現実の社会で人間関係が作りにくかったり、居場 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク