教育

芸術家岡本太郎の教育論こそ本質です

投稿日:30/09/2015 更新日:

「なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか」

その根本にあるのは、「無難に生きたほうがいいよ」「皆と同じようにしたほうが安心だよ」という大人の評価です。

子どもは、こういうことをすれば「無難」なんだと思って、いつでも大人の評価を求めてツジツマを合わせるようになります。

どうしたら親や教員、周りの大人が喜んでくれるのかを無意識のうちに考えています。

世間一般では、これを「子どもらしさ」といっています。

周りの評価を得るためにしている行為が「子どもらしさ」です。

そこで、子どもは次第に「周りと同じこと」をすることが無難な生き方だと身に着けていきます。

知らず知らずのうちに、無意識でなんの違和感もなく「大人の都合のいい行動」をするようになっていきます。

こうして身につけた評価されるためが目的の「型」は大変便利です。

自分の意志は関係なく、周りがいいという行動に価値を見つけるのです。

自分の本当の想いや気持ちを表現すると、周りからの評価は「あいつ、変な奴」となります。

これは「無難」な生き方ではありません。

自分の意志と行動なのですが、周りからは評価されません。

このように育てられたら大人になっても自分の本当の想いや気持ちを伝えることをしなくなります。

周りに評価されないで「変な奴」と見られるのが怖いからです。

なので、自分の意志ではなく、「型」を使ったコミュニケーションをするようになってしまいます。

私は「型」にはまった人間にはなりたくありません。

子どもたちも「型」にはまった人間には育てたくありません。

「あいつ、他人と変わっているよね。」

そういう人間になりたいと思っています。

https://conobie.jp/article/2225

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

楽々かあさんの「毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法」

これまでも子育てや発達障害に関するいろいろ本を読みましたが、これは実践向きというか、子育てについての具体的な方法が書いてあるので、とても分かりやすいです。 『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を …

子どもが学校へ行かなくなったとき、少し休んでゆっくり考えてみる

10月27日に発表された文部科学省の「問題行動調査」で、「不登校の小学生2万7581人 過去最多」という発表がありました。 先日の日本海新聞では「不登校の小学生、過去最悪」という見出しでした。 私は「 …

日本と真逆の「授業で話さない先生」が評価されるオランダの教育とは

海外では「先生が授業で話さないこと」が評価されます。「先生が教えない」学校が増えています。 課題は児童生徒が決めるので一人ひとりやっていることが違います。 それが主体的な学びです。 日本の学校はこれと …

子どもの才能をつぶしているのが日本の学校教育

日本の学校教育は、子どもだけでなく親にも「決められた一本の道」しか通れないように教え込んでいます。 すごい能力と大きな可能性をもっている子どもの才能をつぶしているのが日本の学校教育です。 それに気づい …

世間知らずの日本の教員に進路指導ができるはずがない

教員個々によって個人差はあると思いますが、そのほとんどは学校しか知らない人たちばかりです。 実際にとても狭い世界しか知らない教員が多いと思います。 進学に当たってもペーパーテストだけで選抜されて教員に …

スポンサーリンク

スポンサーリンク