教育

「なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか」芸術家岡本太郎の教育論

投稿日:30/09/2015 更新日:

「なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか」

その根本にあるのは、「無難に生きたほうがいいよ」「皆と同じようにしたほうが安心だよ」という大人の評価です。

子どもは、こういうことをすれば「無難」なんだと思って、いつでも大人の評価を求めてツジツマを合わせるようになります。

どうしたら親や教員、周りの大人が喜んでくれるのかを無意識のうちに考えています。

世間一般では、これを「子どもらしさ」といっています。

周りの評価を得るためにしている行為が「子どもらしさ」です。

そこで、子どもは次第に「周りと同じこと」をすることが無難な生き方だと身に着けていきます。

知らず知らずのうちに、無意識でなんの違和感もなく「大人の都合のいい行動」をするようになっていきます。

こうして身につけた評価されるためが目的の「型」は大変便利です。

自分の意志は関係なく、周りがいいという行動に価値を見つけるのです。

自分の本当の想いや気持ちを表現すると、周りからの評価は「あいつ、変な奴」となります。

これは「無難」な生き方ではありません。

自分の意志と行動なのですが、周りからは評価されません。

このように育てられたら大人になっても自分の本当の想いや気持ちを伝えることをしなくなります。

周りに評価されないで「変な奴」と見られるのが怖いからです。

なので、自分の意志ではなく、「型」を使ったコミュニケーションをするようになってしまいます。

私は「型」にはまった人間にはなりたくありません。

子どもたちも「型」にはまった人間には育てたくありません。

「あいつ、他人と変わっているよね。」

そういう人間になりたいと思っています。

なぜ子どもはみんな同じお日さまの絵を描くのか

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

宿題はやりたいと思わなければしなくていい それが子どもの権利

宿題がダメなのではなく、宿題の内容と出し方に問題があると書きました。 宿題はやりたいと思わなければしなくていいんです。 やりたいと思ったらやればいいんです。 一番いいのは宿題を出さないことです。 遊び …

高校の特別支援教育ではどんなことをしているの?

学校教育法は、特別支援教育の実施について特別支援学校や小中学校だけではなく、「高校もその対象になる」と明記しています。しかし、実際には小中学校の通級指導のような「特別の教育課程」を編成する制度が高校に …

親も学校も子どものありもままの姿を認める、信じて、見守り、待つこと

いよいよ2学期がはじまりますね。 私もこの時期が1年の中でもっとも嫌な季節でした。 1学期に学校に行っていなかった子へは夏休み中も学校から何らかのアクションがあったかもしれませんし、始業式を前にして校 …

当時の担任らを懲戒処分にしただけでは、問題解決にはならない

当時の担任らを懲戒処分にしただけでは、問題解決にはなりません。 いじめ問題を直視しないどころか、いじめを見てみぬふりをしている、いじめの要因を作りだしている学校制度を放置している者たちが教育の現場に存 …

鳥取県教委 不登校の理解と児童生徒支援のためのガイドブック「あしたも、笑顔で」

鳥取県教委作成の不登校の理解と児童生徒支援のためのガイドブック「あしたも、笑顔で」 表現の仕方で気になる箇所もありますが、作成段階から親の会の意見も取り入れていただいています。 また、今年度より鳥取県 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク