教育

支援計画は学校と保護者が話し合っていっしょに作るものです

投稿日:11/02/2018 更新日:

これって多くの学校で行われているのではないでしょうか。
発達障害はその子のすべてではありません。
発達障害はマイナスでもありません。
得意なこと、苦手なことを含めてその子なんです。障害に目を向けるのではなく、その子を見なくてはいけません。
まずはそういう理解が必要です。
だから、支援計画はパターン化されたものではなく、「その子」に合った「個別」のものでなければいけません。
さらに、作ることが目的ではなく、実行できなければ何の意味もありません。
それが学校の役目、教員の仕事です。

支援計画の作り方について教員研修はしていますし、支援計画がない方が不安ですが、計画なしで済ませている学校が多いのではないでしょうか。
教員も専門の研修はしているんです。
しかし、保護者の方から話を聞くと、実際にそれが活かされていない場合が少なくないと感じています。
子どもの状態を一番よく知っているのは保護者ですから、教えてあげましょう。
支援計画は子どもの実態や保護者の要望も聞いて作成するものですから、学校と話し合って作ったらいいです。

もちろんこのような支援計画をきちんと作って丁寧な対応をしている教員もいます。
そして、子どもの様子や変化を見ながらどのような対応をしていったらいいか試行錯誤の毎日です。
各学校には専門のコーディネーターも配置されていますが、その力量がまちまちなのが課題ではありますが。
中には支援計画や支援会議について知らない保護者の方も多くあり、適切な支援計画の作成もされていないケースもあります。
なので、こうやって情報を共有して自分の子どもが行っている学校はどうなっているのか確認したほうがいいと思います。

個別の教育支援計画の作り方についてはこちらにも書いています。

鳥取県の特別支援教育と個別の教育支援計画について

通常学級か支援学級か?個別の支援計画は誰が作るのか?

支援計画は学校だけで一方的に作るのではなく、保護者がいっしょに作るものです。
一般的にはこのように作成しますが、学校によって様々な形があります。

学校って「みんなちがってみんないい」といいながら実際はそうじゃないんですよね。
みんなに合わせること、空気を読んで協調できる子を求めています。
そんなこと絶対に無理ですよ。
だから、学校って居辛い子だって出てくるのは当たり前です。
そしてさらに、そんな子を「適応させる」ことを目的としたって不可能ですよ。
学校って、このような本質的な理解と適切な対応ができていません。
だったら、自分で自分の道を切り開いていける子を育てていくべきだと思っています。
学校だけが学びの場じゃないですから。

発達障害の子「死ねば分かった?」 理解不足による指導が苦しみに

ふくいを生きる

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

鳥取県琴浦町公報ことうらの「シリーズ教育」で不登校特集

鳥取県琴浦町公報ことうらの「シリーズ教育」いいね! 精神福祉センターの原田豊先生からは、「子どもを理解するとは?」からはじまり、「では、具体的にどんな接し方をしたらいいのか?」「このタイミングではこれ …

教員本来の仕事を優先していけば、多忙化を改善することは可能

学校という職場は朝7時前に出勤して帰るのは深夜になることもあります。 家に帰ってからも「宿題」が山積みで寝るのは午前0時を過ぎてからだってあります。 「先生は夏休みがあるからいいね。」と言われますが、 …

学校はなんのために? – 不登校をめぐる見落とされがちな事情

まつもとさん、結構本質をついているなあと思います。 「不登校生への圧力は親や学校の都合」 「実際には学校なんてたいしたことを教えていない。むしろそれは有害であるとさえいえる。だから、勉学のためにも社会 …

5つの回復段階に応じたその子に合った不登校支援を 

子どもが不登校になると、ほとんどの親は不安と焦りを感じていると思います。 「子どもがなにを考えているのか分からない」 「この状態がいつまで続いていくのか」 「学校に行かないと、この子は将来どうなってし …

日本海新聞の「私の視点」に「不登校を考える鳥取県民のつどい」掲載

今日の日本海新聞の「私の視点」に「子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい」のことを載せていただきました。 「子どもの声を聴く」という当たり前のことから始めていきます。 長野のように10回をめざし …

スポンサーリンク

スポンサーリンク