メディア

樹木希林さん最後の主演映画「あん」追悼上映開始

投稿日:21/09/2018 更新日:

9月15日に死去した女優・樹木希林さんの最後の主演映画「あん」(2015)が、本日9月21日から全国のイオンシネマなどで追悼上映される。あわせて新ビジュアルも披露され、樹木さん、共演の永瀬正敏、樹木さんの孫娘である内田伽羅が天を見つめる様子を切り取っている。

あん、素晴らしい映画です。
希林さんじゃなければできなかった映画です。
原作本も読みましたが、日本人が絶対に見るべき映画です。
ほっこりと温もりを感じる映画です。
人の役に立つってどういうことか?生きる意味を考えさせられます。
ぜひ見てください。
この映画で何時間でも語り合いができますよ。
人間とは何か、生きるとは何かで。

希林さんは、スポンサーがほとんどついてない市民上映会には、謝礼金や出演料すら受け取らず、九州のある映画祭には、自分のマイレージが溜まっているからと「交通費も要らないわよ。」と、独りで出かけていたそうです。

レンタルDVDもありますよ。

樹木希林さん最後の主演映画「あん」追悼上映開始

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-メディア

執筆者:

関連記事

知的障害者が発信する日本初のインターネット放送パンジーメディア

障害者本人たちが自ら発信するメディア「きぼうのつばさ」。 知的障害の人たちが中心となって番組制作を行う放送局が開局されました。 「してあげる支援、してもらう支援」から「やりたいからやる」「伝えたいこと …

ネットメディアは、あくまでも人間が利用する「伝達手段」の一部である

SNSという場では、何気ない言動が人間関係のトラブルになることを学ぶ必要があります。 便利さと簡易さの裏で、思わぬ誤解を発生させる危険性があるということを学んでからSNSを利用すべきです。 それだけで …

倉吉図書館では「戊辰戦争150年コーナ」で会津関連の本の特集

長州と会津、同時進行で読んでいます。 松陰先生と容保公とは関係ないけど、なんだか、今自分が生きていることに対してご先祖様の墓にお礼に行きたくなりました。かつて国のことを命をかけて本気で守ろうとした人た …

コロナ騒ぎで統計を理解できる人とまったく出来ない人の差が明確らになった

コロナ禍では統計を理解できる人とまったく出来ない人の差が明確らになった。 「テレビに出ている専門家」は、データを見ないで無難な発言しかしない。 人の動きと感染拡大は、収束期にはまったく相関関係がない。 …

ドラえもんとのび太君が長く愛され続けている理由

「ドラえもんの名言」を覚えていますか? これを読めば、なぜドラえもんとのび太君が長く愛され続けているのかが分かります。 ドラえもんのアイテムもその理由の1つですが、日常を素直な心で生きている2人の姿が …

スポンサーリンク

スポンサーリンク