社会問題

感染予防効果も意味もない緊急事態宣言は今すぐ解除すべきである

投稿日:23/02/2021 更新日:

季節性インフルエンザも例年だと今がピークで3月には減少傾向になる。
(今シーズンはインフルエンザ感染が少ない理由はまたあとで書きます)
新型コロナもほっといても3月には減少傾向になると思う。もしかしたら、政府はそのタイミングを待って「自粛」や「宣言」に効果があったというかもしれない。
ところか、今日も西村大臣や小池都知事は「いっそうの外出自粛を要請し、場合によってはさらなる制限や罰則を与える」という。
CR検査のCT値を変えたらもっと早く陽性者数は減らせる。CT値には国際基準がないので国によって異なる。だからいくらでも操作は可能。
ここ1年で分かったことは重症者への対応です。
そこに重点を当てたら、今のような医療の大変さは起きていないと思います。
陽性になっても、そのほとんどは軽症。
しかも、他の死因と比較したらコロナ死因は圧倒的に少ない。
それ以上に問題なことは、人の動きを止めたこと、社会不安を増大させたこと、自殺者を増やしたことなど、「負の連鎖」を起こしてしまったことです。
意味のない緊急事態宣言を続け、時短営業を「命令」するのは間違っています。早く通常の営業に戻すべきです。
この1年間やってきたことをしっかり反省して、分かったことをきちんと分析して事に当たるべきです。
実際には、2020年の死亡者数は減っているのだから、一日も早く「宣言」を解除すべきです。

【独自】「3/7に東京も解除」で調整 政府“今週金曜に決定”の方向

自由を制限してもウイルスは消えない

政府は「これまでの対策は間違っていた」とは口が裂けてもいいません。
しかし、これまでのコロナ対応は明らかに過剰です。
ことさらコロナを怖がる必要はない。自粛も時短営業も必要なかった。
にも関わらず、政府はさらに命令と過料によって、すべての事業者を追い込もうとしています。
これは国民の暮らしを壊す行為です。

東浩紀「“自由”を制限してもウイルスは消えない…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避だ」

「気を緩めても努力が無に」ならない

「気を緩めたらこれまでの努力が無になる」のではない。
「これまでの努力が無駄だった」ことに気づいたということです。過剰なコロナ対策は意味がないと気づいたということです。
これから早いうちにマスクを外す人が増えていくと思います。夏までにはマスクをする人は半分以下になるでしょうね。
私はもうマスクを着けていません。息苦しいから。

関西圏や中京圏の知事が政府に緊急事態宣言の解除を要請したことに、東京や神奈川など首都圏の4都県知事が住民の気の緩みにつながるのではないかと警戒を強めている。4知事は23日にテレビ会議で新型コロナウイルスの感染状況などについて意見交換したが、「気を緩めたらこれまでの努力が無になる」などの厳しい声が相次いだ。

首都圏知事、宣言解除要請に警戒感「気を緩めたら努力が無に」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

いじめに関する教員対象アンケート報告結果

いじめに関する全国15都道府県30の小・中・高校生を対象に調査を実施し統計を取った資料、学校事件事故の調査・検証委員会についてや教員向けアンケートも見られます。 以下、教員対象アンケート報告から一部抜 …

児童虐待 届かぬ通報 児相転送前に切る

国や自治体が本気じゃない、相談機関が機能していないというのも確かです。 人手が足りていない、忙しいなどとという理由で片づけられる問題ではありません。 しかし、国や自治体の対応を待つだけではなく、住民の …

18歳のビッグバン―見えない障害を抱えて生きるということを読んで

小林さんは本の中で「見えない障害」という表現を使っていますが、健常者と障害者を分けて考えることが障害なんだと思います。 社会的な障壁こそが障害なのです。 2016年4月に施行される「障害者差別解消法」 …

コロナ報道でいかに情報操作がされているか検証する

コロナ報道でいかに情報操作がされているか見てみることにします。 報道でコロナ感染による死亡とされている人数は以下の通り (コロナが直接要因ではないものも多く含まれる) 全体9176人 80代以上533 …

上野千鶴子さんの祝辞全文「がんばっても報われない社会が待っている」

4月12日に開かれた東京大学の入学式の祝辞が、話題を呼んでいる。 「がんばっても報われない社会が待っている」 「あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。 ですが、冒頭で不正入試に …

スポンサーリンク

スポンサーリンク