教育

知恵も工夫もない学習計画表、休校中に家庭で学習するときの心得?

投稿日:14/05/2020 更新日:

子どもを一瞬で勉強嫌いにする方法と好きになる方法を教えますにも書きましたが、休校になったために多くの学校では、とてもやりこなせないほどの「学習計画表」が配られています。
こんなのもありました。知恵も工夫もない計画表です。やればやるほど、子どもが勉強嫌いになる、学校嫌いになります。



(引用元:木幡 寛さんのFacebookより)

「教育委員会が作りなさい、やりなさい」というからやっている。保護者から「宿題がないと子どもが勉強しないから」という理由もあるようですが、子ども個々の実態なんかまったく無視されています。
ベルトコンベアーに乗せてオートメーション化しているとしか見えません。
これ、「休校中もちゃんと学習対応しています、学校はきちんと指導しています」のポーズ、パフォーマンスにしか見えません。これが家庭で子どもだけでできる内容なのでしょうか。
まずは、そこから、考え方からおかしいです。
というか、もっと現実的なこと、もっと子どもたちが「やってみたい!」と思うようなものが出せないのでしょうか?
今の学校はそこまで画一的で面白くない場になってしまっているのでしょうか?
こんな不可能なことがホントにできると考えて作ったのでしょうかね。

多分、全国の学校のスタンダードになっているんじゃないかと思います。
子どもたちは学校でこんな生活を毎日送っているんです。見方を変えれば、これが学校での教員の評価の観点、評価基準になっていると考えられます。
ようやってるわ。
こんなぎゅうぎゅう詰めの学校なんか行きたくなくなる方が正常だと思うけどね。
この計画表を作ってなんの疑問も持たないのでしょうか?絶対無理だわ。
子どもも大変だけど、家でさせるほうも無理ですよ。親御さんもこんなんさせんでもええですよ。
このようなものを配られても、休校中の宿題、公立校では約半数がイヤイヤやっているのも当たり前だと思います。

休校中に家庭で学習するときの心得??


(引用元:伊藤 敏雄さんのFacebookより)

これ、「家庭ですること」なんだそうです。
家に学校の教室を作れ、学校のルールを持ち込めっていうこと?
絶対に無理でしょ。誰もせんわ!
このプリントを作った学校はどういう目的があるのか聞いてみたいです。
「夏休みのよいこのくらし」も意味ないし。

休校になったので確かに「こうすべき」だと考えている人もいると思います。
しかし、このような通知を平気で出せる、出さなければならない学校というところはどう考えてもおかしいです。
これが当たり前だというのはどう見てもおかしいです。

今年度、第一子が入学した家庭では、「これをしなければ学校生活ができない」「学校ではこれができないといけない」と思っている親御さんもあるかもしれません。
この他にどんな通知が配られたのか分かりませんが、これで学校に行きたくない子が増えるかもしれません。
むしろ、そう考える子の方が正常なのだと思います。

学校というところは使えないものを作るのが得意なのかもしれません。知らんけど。

家の中に学校の教室を作ることが目的になってはダメ

そもそも「勉強ってつまんないよね。だからやるのはたいぎい」っていうのがほとんどの子どもの意識じゃないかと思います。
子どもが家庭学習をしないのではなく、これまでの学校教育によって、そうできないようにしているのです。
子どもが「自分自身で考え、学び、その楽しさを見つけ、自分で行動することができる」ようにしてこなかった。その結果なのです。新学習指導要領でめざすことは「主体的・対話的で深い学び」、児童生徒の実態はどうなっているでしょうか。学校として教員がそれをめざして学び、対応の準備ができているでしょうか。
新型コロナによる学校再開後に学校が本当にすべきことは、「課題を見つけることって面白い」「勉強するって楽しい」って感じるために学校は何をすべきがが問われています。
やる気も起きない、とてもやりきれないほどの量の宿題を出しても、ますます学校嫌いの子どもを増やすだけに終わります。

新学習指導要領でめざすことは「主体的・対話的で深い学び」、児童生徒の実態は?

新型コロナによる学校再開後に学校が本当にすべきことは何か?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校の宿題なんかしなくたっていい むしろ害になります

ほとんどの学校の宿題は「苦行」でしかありません。 学校の授業でちゃんと学んでいれば宿題なんてやる必要ないんです。 重たいカバンを背負って教科書やノートも持ち帰る必要はありません。手ぶらで行って手ぶらで …

豊見城市の小学4年の男児、学校側が適切な対応を取っていれば自殺を防げた

2015年10月に沖縄県豊見城市内の小学4年の男児が自殺した問題で、市教育委員会が設置した第三者委員会(天方徹委員長)は30日、児童に対するいじめを認定し、自殺の大きな要因の一つにいじめがあったとして …

鳥取県中部の不登校の子どもと親の会「倉吉トトロの会」2月の定例会

昨日は、不登校の子どもと親の会「倉吉トトロの会」が倉吉市文化活動センター(リフレプラザ)でありました。 トトロの会のいいところは、参加しているお母さんが明るく元気だということです。 世話役のお母さんた …

鳥取県で「不登校児童生徒への自宅学習支援事業」が9月から実施されました

ホームスクールで学んでいる子どもの保護者の方が「自宅でのICT学習が出席扱いとして認められた」という報告をされる事例が少しずつ増えてきました。 実はこの「不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学 …

自治体間、学校間でオンライン授業競争が始まっている

ここ最近の教育の現場で起こっていることを見ていて思うことですが、自治体間、学校間でオンライン授業競争、狭い意味での勉強の押し付け競争になってないでしょうか? 「どこどこはこんなんやってるようだけど、う …

スポンサーリンク

スポンサーリンク