健康

日本赤十字社「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」が分かりやすい

投稿日:

今、世界中で新型コロナウイルスによる感染の拡大が続いています。日本全国に緊急事態宣言が発令されて、外出やイベントの自粛が続いています。それが長期に渡ることによってコロナの予防と経済活動の停滞をさせないことを同時進行でやっていかなければならない状況になっています。
そして、コロナ感染者に対する偏見や「コロナ差別」も問題になってきています。
この状況下で必要なことは、命を守るためのコロナ感染予防はもちろん、「人権意識」の問題をどうするか、人権教育も重要です。
大人のモラルや人権意識を高めると同時に子どもたちへの教育も必要です。

日本赤十字社ではこの“負のスパイラル”を知り、断ち切るためのガイドとして「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」という資料を作成しています。
この感染症は、“3つの顔”を持っており、これらが“負のスパイラル”としてつながることで、更なる感染の拡大につながっている、という内容で、とても分かりやすくまとめられています。

・実はこのウイルスが怖いのは、「3つの“感染症〟」という顔があることです。
第1の“感染症〟は病気そのものです
第2の“感染症〟は不安と恐れです
第3の“感染症〟は嫌悪・偏見・差別です

・新型コロナウイルスは、3つの“感染症〟という顔を持って、私たちの生活に影響を及ぼします。
・新型コロナウイルスによって「なぜ、嫌悪・偏見・差別が生まれるのか」
特定の人・地域・職業などに対して「危険」「ばい菌」といったレッテルを貼る心理によって差別や偏見はおこります。
・3つの“感染症〟をみんなで乗り越えていくために、それぞれの立場でできることを行い、みんなが一つになって負のスパイラルを断ち切りましょう!



【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」

人から人へと広まっていく、もしかしたら、ウイルスよりも恐ろしいものとは?そして、わたしたちができることとは?

第1の“感染症〟は病気そのもの「新型コロナウイルス」から身を守ることはもちろん、第2の「不安と恐れ」、第3の「嫌悪・偏見・差別」という“感染症〟を拡げないためにできることは何か?
正しく知り、正しく怖れる。一人ひとりが自分で受け止め考える、そして「今できること」をしていくことが、今最も大切なのだと思います。正しく知り判断するためには、不確かな情報やデマに振り回されるのではなく、正確な根拠のある情報を受け取って学習することが重要です。
そのために、この資料を使って学校や職場などで学習会を行うことも大切なのではないでしょうか。家庭でも親子でいっしょに見ながら、家族で学び、何ができるのか話し合ってみるのもいいと思います。

(出典:新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~

本記事に載せている資料はこちらからはダウンロードできます。
新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~(PDF)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

医者に殺されない47の心得を身に着けましょう

最近、身近(年の近い)な人の訃報が多い。 そのほとんどが、癌での死亡。 これって、本当に癌で死んだのか疑問に思っています。 もし自分が癌だと分かったら余命申告を真っ先に聞きたい。 そして、そう診断した …

新型コロナウイルスの集団感染拡大について思う

政府もお粗末ならメディアもお粗末。 どちらも無策、隠蔽、パニックを煽るだけ煽って責任回避に走っているだけ。 素人でも考えられる対策を出して終わり? 政府の対応力のなさとメディアの情報操作、今回もまた典 …

砂糖も人工甘味料もIQが下がりトラブルを起こしやすくなる理由

体は食べたものから作られているのですが、精神や心も食べたものから作られています。 子どもは日本食中心の雑食で(身体も心も)健康になる。 毎日の食材の基本は、「まごわやさしい」。 昔の人はいいこといって …

コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない!

・コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない。 ・健康に有害であるマスクの常時着用は不要である。 ・大手メディアによるプロパガンダが酷く、感染者数ばかり取り上げるために冷静な判断をでき …

発達障害は心の問題ではなく、脳の神経の発達の問題である

この解説分かりやすいです。 発達障害は心の問題ではない 発達障害は心の問題ではなく、脳の神経の発達の問題であるということも脳科学で分かってきました。 発達障害児の脳の神経は、一般の人よりも成長が緩やか …

スポンサーリンク

スポンサーリンク