健康

日本赤十字社「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」が分かりやすい

投稿日:

今、世界中で新型コロナウイルスによる感染の拡大が続いています。日本全国に緊急事態宣言が発令されて、外出やイベントの自粛が続いています。それが長期に渡ることによってコロナの予防と経済活動の停滞をさせないことを同時進行でやっていかなければならない状況になっています。
そして、コロナ感染者に対する偏見や「コロナ差別」も問題になってきています。
この状況下で必要なことは、命を守るためのコロナ感染予防はもちろん、「人権意識」の問題をどうするか、人権教育も重要です。
大人のモラルや人権意識を高めると同時に子どもたちへの教育も必要です。

日本赤十字社ではこの“負のスパイラル”を知り、断ち切るためのガイドとして「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」という資料を作成しています。
この感染症は、“3つの顔”を持っており、これらが“負のスパイラル”としてつながることで、更なる感染の拡大につながっている、という内容で、とても分かりやすくまとめられています。

・実はこのウイルスが怖いのは、「3つの“感染症〟」という顔があることです。
第1の“感染症〟は病気そのものです
第2の“感染症〟は不安と恐れです
第3の“感染症〟は嫌悪・偏見・差別です

・新型コロナウイルスは、3つの“感染症〟という顔を持って、私たちの生活に影響を及ぼします。
・新型コロナウイルスによって「なぜ、嫌悪・偏見・差別が生まれるのか」
特定の人・地域・職業などに対して「危険」「ばい菌」といったレッテルを貼る心理によって差別や偏見はおこります。
・3つの“感染症〟をみんなで乗り越えていくために、それぞれの立場でできることを行い、みんなが一つになって負のスパイラルを断ち切りましょう!



【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」

人から人へと広まっていく、もしかしたら、ウイルスよりも恐ろしいものとは?そして、わたしたちができることとは?

第1の“感染症〟は病気そのもの「新型コロナウイルス」から身を守ることはもちろん、第2の「不安と恐れ」、第3の「嫌悪・偏見・差別」という“感染症〟を拡げないためにできることは何か?
正しく知り、正しく怖れる。一人ひとりが自分で受け止め考える、そして「今できること」をしていくことが、今最も大切なのだと思います。正しく知り判断するためには、不確かな情報やデマに振り回されるのではなく、正確な根拠のある情報を受け取って学習することが重要です。
そのために、この資料を使って学校や職場などで学習会を行うことも大切なのではないでしょうか。家庭でも親子でいっしょに見ながら、家族で学び、何ができるのか話し合ってみるのもいいと思います。

(出典:新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~

本記事に載せている資料はこちらからはダウンロードできます。
新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~(PDF)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

病院で殺されるって、過激ですか?

「病院で殺される」船瀬 俊介 わが子や自分の健康を護るために知っておきたい真実の情報。 あなたがあたりまえのように受け容れている「常識」には、こんな危険が隠されている。

向精神薬の副作用に多くの子どもが苦しんでいる

特に精神医療については「客観性」「論理性」が欠けていて、医者の「主観」による「診断」がされている分野だと感じています。 医学的、科学的に解明されていないことも多く、医師による「聞き取り」などを通じた問 …

厚労省は、遅くとも2007年から病院勤務医不足・看護師不足を認識していた

厚労省は、遅くとも2007年から病院勤務医不足・看護師不足を認識していたにも関わらず有効な手を打って来ず、医療現場はそのときから崩壊寸前だった。今回それが新型コロナをキッカケに一気に噴出しただけの話。 …

不登校やひきこもりは病気ではありません 発達障害はクスリで治りません

「不登校やひきこもりって病気だよ」っていう「専門家」がいる。 「発達障害はクスリで治る」っていう医者がいる。 それを信じてクスリを飲ませている親がいる。 親や教員など周囲のものにとって都合が悪いと病気 …

このチェックリストに当てはまったらADHDなんですか?

「発達障害児への投薬は危険!」にも書きましたが、この手のチェックリストが大流行しています。 このチェックリストに当てはまったらADHDなんですか? この記事のインタビューに答えているのは、「脳神経外科 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク