地域情報

鳥取中部地震 もっとローカルな情報が欲しい 個人メディアの方がタイムリーな情報がキャッチ

投稿日:22/10/2016 更新日:

昨日の地震から一夜明け、少しは落ち着きました。
ですが、なんとか居場所は確保できましたが、寝ていても余震の度に目が覚めてしまいます。
今までは他人事のように考えていましたが、本当に体験してみないと分からないとつくづく感じています。

被害状況を見て回っているのだと思いますが、ヘリの音がうるさいです。
報道関係なのか、ジェット機までやってきました。

テレビ報道は被害の大きかったところを切り取って放映していますので、現地を見ていない人はすごい地震だと伝わっているかもしれませんが、実際には現地では通常通りの生活にもどっていますし、情報もいつもと変わりません。
流通経路は大丈夫だったので、コンビニも普通に営業していて、パニックもありません。

鳥取県は人口最小県なのですが、それがかえって被害を小さくしたように思います。
家具に当たったり転んだりしてケガをした人はいますが、重傷者や死者は0です。

テレビやラジオの報道は「こんなこと今伝えてもなんにもならないよなあ」という情報がほとんどです。
自己管理で備えることも必要ですが、どこに行けばどんな情報が分かるか、どこで食料や日常品が手に入るのかという情報伝達の仕組みも必要です。
熊本の時もそうでしたが、もっとローカルな情報が欲しいですね。

地区ごとに連携はしているのだと思いますが、他の避難所の様子はまったくわかりません。
Facebookやtwitterなどの個人メディアの方がきめ細かいタイムリーな情報がキャッチできます。
そして、一つの通信手段だけでなく様々な方法を使えるようにしておくことも大事だなと感じました。
電気、水道も復旧しましたので、調理もできるし風呂にも入れますのでそんなにストレスもないです。
PCも使えますので、一安心です。

家の中の家具などの配置と揺れた時の対策をしっかりやっておかなければなりません。
家の中の片付けもぼとぼちやっていきます。

鳥取、なぜ大地震多い 気象庁「活断層なくても起きる」(朝日新聞)

懸命に連絡、情報収集 安全確保へ県内緊迫(日本海新聞)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

鳥取県中部・倉吉市災害ボランティアセンターを開設

倉吉の町は地震発生から3夜空け、4日目の朝が始まりました。 いつもの月曜日と変わりなく、学校や職場に向かいます。 鳥取県中部で災害ボランティアの受付を開始しています。 今回の地震での作業は家屋のがれき …

北栄町のフリースクール・S 体験工房で和紙明かり制作

今年の3月からスタートした由良にある鳥取県中部地区で唯一のフリースクール「フリースクール・S」。 子どものニーズに対応した丁寧な対応をしておられますが、学習だけでなくさまざまな体験を行っておられます。 …

8月25日に虹の会主催で不登校は不幸じゃない2019in鳥取県」開催

7/29の不登校は不幸じゃない2019in鳥取県プレイベント、今回もいっぱい聴いていっぱい話しました。 話を聴いているだけでなんだか元気になる、そして会場に入ると仲間になれる、そんな会です。 初対面の …

横断歩道でこんなことが 子どもの笑顔って最高のプレゼントだなあ。

保育士さんに連れられた20人くらいの園児たちが横断歩道の前で待っていました。 そこで止まる車は1台もありませんでしたが、私が乗っている車を止めました。すると対向車も止まりました。 すると、園児たちは行 …

鳥取県でも分身ロボット『OriHime』が導入されていますが課題は山積みです

鳥取県では分身ロボット『OriHime』が導入されています。 「OriHime」(オリヒメ)は米子市立就将小学校では昨年2学期から活用されています。 が、しかし、実際の教室では・・・報道にあるように、 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク