地域情報

鳥取中部地震 もっとローカルな情報が欲しい 個人メディアの方がタイムリーな情報がキャッチ

投稿日:22/10/2016 更新日:

昨日の地震から一夜明け、少しは落ち着きました。
ですが、なんとか居場所は確保できましたが、寝ていても余震の度に目が覚めてしまいます。
今までは他人事のように考えていましたが、本当に体験してみないと分からないとつくづく感じています。

被害状況を見て回っているのだと思いますが、ヘリの音がうるさいです。
報道関係なのか、ジェット機までやってきました。

テレビ報道は被害の大きかったところを切り取って放映していますので、現地を見ていない人はすごい地震だと伝わっているかもしれませんが、実際には現地では通常通りの生活にもどっていますし、情報もいつもと変わりません。
流通経路は大丈夫だったので、コンビニも普通に営業していて、パニックもありません。

鳥取県は人口最小県なのですが、それがかえって被害を小さくしたように思います。
家具に当たったり転んだりしてケガをした人はいますが、重傷者や死者は0です。

テレビやラジオの報道は「こんなこと今伝えてもなんにもならないよなあ」という情報がほとんどです。
自己管理で備えることも必要ですが、どこに行けばどんな情報が分かるか、どこで食料や日常品が手に入るのかという情報伝達の仕組みも必要です。
熊本の時もそうでしたが、もっとローカルな情報が欲しいですね。

地区ごとに連携はしているのだと思いますが、他の避難所の様子はまったくわかりません。
Facebookやtwitterなどの個人メディアの方がきめ細かいタイムリーな情報がキャッチできます。
そして、一つの通信手段だけでなく様々な方法を使えるようにしておくことも大事だなと感じました。
電気、水道も復旧しましたので、調理もできるし風呂にも入れますのでそんなにストレスもないです。
PCも使えますので、一安心です。

家の中の家具などの配置と揺れた時の対策をしっかりやっておかなければなりません。
家の中の片付けもぼとぼちやっていきます。

鳥取、なぜ大地震多い 気象庁「活断層なくても起きる」(朝日新聞)

懸命に連絡、情報収集 安全確保へ県内緊迫(日本海新聞)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

大山町民と一体となって世界に通用する感動価値を共創

大山町の総合戦略は独自性が明確に出ていて素晴らしいと思います。 問題はそれを実行できるかなんですが、このように若者を中心とした一般町民がプラン作りから参画でき、「計画」で終わらない実践というのがいいで …

倉吉市民の意識、ニーズと行政の考え方とでギャップが大きい

倉吉市の抱えている課題を解決するには、どうすべきか? 倉吉市は、平成17年度から毎年意識調査を行っています。 平成22年度から今の質問事項に変わっています。 これまでの調査結果は、こちらで見ることがで …

鳥取中部地震 避難後の空き巣等の盗難被害や悪質商法被害等に注意

家の中を早く処理したい、修理して元の生活に戻りたいという人は多いと思いますが、震災に便乗した「避難後の空き巣等の盗難被害」「建物修理等に関した悪質商法被害」等にくれぐれも気をつけてください。 自分の自 …

鳥取県中部地震から一年、身近な人のつながりと今必要な情報が大切

1年前の今日、鳥取県中部地震災害時の特別避難所として地域ケアセンターと連携していたので、車で母親と近所の高齢者の方を避難所に送って町内の見回りをしました。 昼間は高齢者しかいないために、多くの人は身動 …

「市民から意見を聞いた形にしよう」というのが狙い?

何もしないよりはマシかもしれませんが・・・難ありですね。 私のグループも私以外は各地区の公民館長5人でしたが、それぞれの意見を聞くことができたという意味では参加してよかったです。 しかし、時間も発言も …

スポンサーリンク

スポンサーリンク