暮らし

自己判断、自己主張、自己決定できない者がいかに多いことか

投稿日:07/01/2021 更新日:

それにしても自己判断、自己主張、自己決定できない者がいかに多いことか。
つねに指示待ちで自らは考えない、行動しない無責任体質になっています。
さらに、物事を他人事と考え、当事者意識の少ない者がいかに多いことか。
それだけ多くの人が不安を感じているともいえますが、その要因には確かな情報が報道されないことにあります。
そして、人が個ではなく集団、組織、所属先の中のパーツになっていることも自己決定できない要因になっていると思います。
こんなときこそ一人ひとりが物事をシンプルに考えて自分のできることをすべきです

日本人は科学的な根拠に基づいて意思決定するって教育を受けていない

日本人は科学的な根拠に基づいて意思決定するって教育を受けていないのです。言われたこと、与えられたことに従順に従うことが評価される教育を受けてきました。
政治家やメディアは本当のことは伝えないとわかっているのですが、よってたかって都合のいい情報のみ繰返し報道してマインドコントロールすることが目的です。
さらに日本人は同調意識と所属意識がが強いので反対意見が言えません。

既存メディアによる大フェイク報道により人生を台無しにされ抹殺された人がいました。
政府もメディアも真実は伝えない。
しかし、メディア新興宗教の信者とマスク全体主義が広がっています。
コロナの感染よりも全体主義の感染の方がよっぽど恐ろしいです。
政府も自治体もメディアもいつまで不確かな情報を流し続けるつもりなのでしょうか?
新しい生活様式によって生きることができなくなった人たちが急増していますが、これからもずっと続けていくつもりなのでしょうか?
日本が完全にオカシイ、日本人は完全におかしくなっている。
今、最も警戒しなければならないのは、コロナではなく、公共ウイルス、メディアウイルス、テレビウイルス、最も怖いのがヒトウイルスだ。

「コロナは怖い。だから人には近づくな!」という間違った認識を変えよう!

この今、この瞬間にも人生を台無しにされる人が大勢生み出されています。
日本人はいつ目覚めるのでしょうか?
自分で調べて考えることを放棄した日本人は永遠に目覚めることはないでしょうね。

2020年は洗脳に大成功した年になりましたが、2021年は世界中でさらに人間型ロボットの増産が加速化するのではないかと考えています。

これからも「長所を見つけ才能を引き出す達人」松蔭先生に学び、松蔭先生と共に夢を形にしていきます。

「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり」松陰先生の言葉

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

今年も出演していた北斗の心情とは一体?

「今年は森三中の大島美幸が完走しましたが、昨年は北斗晶、それに夫・佐々木健介と2人の息子がランナーを務めました。 実は、北斗には表に出ていない裏話があるんです。 放送から約半年後、北斗がヒザの治療のた …

米子で傾聴コミュニケーション勉強講座が開催されます

答えは本人がすでに持っています。 だから、他者に吐き出すこと話すことが大切で、そのために聴いてもらえる相手との関係性が重要なんですよ。 話を聴くことそのものが解決になることだってあります。 聴くことに …

自分と相手の思いはイコールではない、だから共有できる部分だけでいい

「自分の思いを伝えたい」という思いが強すぎると相手にとっては押し付けられたように感じることがあります。 一生懸命であればあるほどそれに気づかないことがあります。 私も勝手に「相手のためになるだろう」と …

ただぼーっとして時間だけが過ぎていく「なんにもしない」ことにも意味がある

今、コロナ騒ぎで日本全国が過干渉をし過ぎていないでしょうか? 「おうちなんちゃら」 「オンラインなんちゃら」 「なんちゃらリレー」 そして、そこら中に監視の目。よそもんを排除。 日本の悪しき同調圧力が …

長崎県の社会資源ガイドブック『つながらんば』の活用を

不登校やひきこもりになると、誰にも相談できなくて当事者はもちろん家族も孤立してしまうことが少なくありません。 当事者・家族だけでなんとかしようとして、不登校やひきこもりに向き合うことはいい方向には行か …

スポンサーリンク

スポンサーリンク