社会問題

学校や会社が嫌ならとっとと辞めて、自分のすきなことをやったらいい

投稿日:10/02/2016 更新日:

「教育委員会や警察にまで相談しているのに、どこも動いてくれない。」
これが、今の現状です。

いじめは犯罪だ!
被害者が声を出さない限り、なにも変えることはできません。
なのに加害者も被害者も犯罪だという認識ができていません。
今は「いじめは得」という状態にあります。
いじめてもなんの咎も受けない、いじめを許しても何の罪も問われないのであれば、いじめがなくなるはずがないのです。

いじめる側、加害者を罰することができなければ、被害者が逃げることが「損」になってしまいます。
司法に訴えても警察に言っても、加害者が負ける構造を変えていかなければ、加害者に「損」を与えることは不可能です。

いじめは学校や職場での人間関係が要因になっているケースがほとんどです。
学校に行くか行かないかで、その子の人生が決まるわけではありません。
世間には、学校に行くか行かないかでその子の人格まで評価されるような風潮がありますが、これは間違いです。

学校に行くか行かないかなんて、どうってことないんですよ。
さらに、どんな学校に行ったかによって、人の価値が決まるなんてことは絶対にありえません。
いつまで学歴信仰にしがみつくつもりなんでしょうか?
学校なんて嫌なら行かなくていいんです。
自分が学校が必要だと思ったら行けばいいだけのことなんです。

自分の好きなことで生きていくには

好きなことを仕事にするのに必要なのは勇気じゃなくて「やり方を知る」こと、情報です

これは学校だけでなく、会社でも同じこと。
会社が合わなかったら合う仕事を見つけるか、見つからなかったら自分で仕事を作っちゃえばいいんです。
自分で仕事を作ってどんどん稼いじゃいましょう。

就学時期になったら学校へ行って、就活時期がきたら嫌な会社にへこへこして、就職後もやりたくもない仕事(これは仕事ではなく作業)を嫌々やらされて、ほとんどの人はこうやって生きている。
どっかに「所属」していないと怖いんです。

職種によって人が評価される、仕事の内容によって人の価値が決まるなんてことはありません。
どれだけ他者の目が気になっているのでしょうか。
組織に縛られて生きることしか道がないわけではないんです。

これって、ほんとにそう思い込んでいるだけ。
子どものころから一生、そうすり込まれてるだけ。
道から外れるのが怖いんです。
「ここにいれば楽」とか「どこかに所属していたら安心」とか、自分を納得させたいからそうしてるだけ。

生まれてから周りの環境に影響されて、そう思わされているだけなんですが、気づかないんですよね。
気づいていても、他の方法、逃げ道を知らないからただただ我慢しているだけ。

これって、つまらない人生だと思いませんか?
この先の道はたった一本ではなくて、選択肢はいっぱいあるのに自分で行く道を決めつけているだけのことなんです。
もっとひどいのは、親や教員が進路を勝手に決めて、そのレールの上をただただ進んでいるだけ。

そこに、自分の意志はありません。
自己の決定権は自分自身にあるのです。
学校や会社が嫌ならとっとと辞めて、自分のすきなことをやったらいいんですよ。

みんな好きなこと、ワクワクすることをして楽しく生きたほうがいいでしょ

やりたいことが見つからないのは、好きなことをやらせてもらってないから

親日のマレーシアが子どもの教育に向いているこれだけの理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

さまざまな問題が起きている原因は「格差と貧困」

世界中で問題が起きている原因は「格差と貧困」に集約できます。 「子どもに関わる費用をすべて社会が負担する社会」とセットで民間の社会運動として「今すぐ」できることは、学習支援や食の提供そのものよりネット …

東電取締役らの不当な不起訴処分

東電取締役らの不当な不起訴処分は許されない 「東電不起訴の発表を2020年オリンピック誘致が東京に決まったその日、国民がオリンピックの話題に浮かれているその日、更に新聞休刊日にこっそりと発表した。 こ …

精神科医の斎藤環さんとひきこもり新聞の木村ナオヒロ編集長の対談動画

10月11日に、ひきこもり支援を専門とされる精神科医の斎藤環さんと、ひきこもり元当事者で、当事者・元当事者による情報発信メディア「ひきこもり新聞」の木村ナオヒロ編集長の対談イベントが動画で配信されてい …

斎藤環さんが「ひきこもり」について書いている連載記事をまとめました

2018年3月の不登校・ひきこもりに関するイベント情報にも書きましたが、3月5日(月)に鳥取大学であった斎藤環さんの「ひきこもりと対話」という講演会に行ってきました。 講演の内容は詳しく書くことができ …

「とっとり若者自立応援プラン」を機能させるためにできること(提案)

子どもの貧困、不登校、ニート、ひきこもりの対策として行政も様々な取り組みはしているのだと思いますが、発信が足りていません。 時々新聞紙上で会議や報告内容の一部を読むことはありますが、ほとんどの県民はそ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク