教育

「強制されることに過度な違和感を持つ」パーソナリティと不登校対応のギャップを考える

投稿日:22/02/2018 更新日:

私の感じていること考えていることを的確に書いてある記事を見つけました。これが理解できる教育関係者が何人いるでしょうか?
「強制されることに過度な違和感を持つ」パーソナリティとは、自分の主義主張を持っているということです。自己主張できる素晴らしいパーソナリティです。最も重要なことです。
このような子が何でもかんでも強制される学校に合わないのは当然です。だから「適応指導」という強制をしてみんなに合わせようとすることがいかに無理な指導であるかがわかりますよね。これが理解できたら、何をしたらいいか分かるはずです。
学校をはじめとする教育機関がやっていることがいかにパーソナリティを理解していないか、個を無視していかに間違った指導をしているかということです。
さらに、このような指導を不登校対策だと考えて疑うこともなく続けています。
関係者から「こんな子は社会に適応できない。このままでは将来のためにならない」という声が聞こえてきそうですが、決してそんなことはありません。自らで自らの道を切り開いていく力を持っているのです。
私も強制されることがだいっきらいです。
「個に応じた指導とは何か」「生きる力とは何か」一から勉強し直す必要があります。

私がこのパーソナリティに気づいたのは3才のとき、保育園に「行かされた」ときです。
こう考えたら自分のすべての行動に納得がいきます。
これはプラスでもマイナスでもありません。まさにパーソナリティという表現がぴったりです。
っていうか、強制されることに違和感を感じない人なんかいません。
人間に痛みを与えられて飼い慣らされた家畜だって感じています。
「やりなさい!」と言われれば言われるほどやりたくなくなります。
だから自分の好きなことをしたらいいです。
好きなことでも飽きることがあります。そしたらまた別の興味のあることをしたらいいです。

「不登校になった小学生」に親は何ができるか
小学校2年生の息子が学校に行かない

小2で不登校になった娘。親子ともに傷つき、最後に私がたどり着いた答え。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校での日々の授業や入試で障害者への「合理的配慮」を広げよう!

「障害者差別解消法」で公立学校が「合理的配慮」をしないと義務違反にも関連記事を書いていますが、学校の教員や教育委員会も、行政に障害者への合理的配慮を義務付けた「障害者差別解消法」の研修会も行っている。 …

おすすめの夏休み自由研究と読書感想文を簡単に書くテンプレート

自由研究にしても読書感想文にしても、そもそも学校の評価を気にしてやることではありません。 興味・関心があって自分がやってみたいからやることであり、自己達成感がなければやる価値はありません。 だから、そ …

小学3年と4年で始まった英語授業で3割余りが年35コマ(週1コマ)以上の授業を予定

5月8日、文部科学省の調査で4月から小学3年と4年の授業で新たに始まった英語(外国語活動)について、今年度は全国の公立小約1万9千校のうち、ことがわかった。 文科省は年15コマの授業を求めていたが、多 …

学校現場にICTの導入が進まない理由は、つかうのが面倒だから

学校現場にICTの導入が進まない理由は、つかうのが面倒だから。 簡単で便利だというのは、面倒だと思っていない人の論理です。 だから面倒のない黒板、ノート、鉛筆が一番使いやすいんです。 さらに、個別とな …

学校に通わないとまともな大人になれないって!?大嘘です

「学校に通わないとまともな大人になれない」と思い込んでいる人に読んでほしい! これからの時代、言われたことだけやっていてもダメなんです。 そんなことは大企業のおじいちゃんだってわかってますよね。 サラ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク