教育

「強制されることに過度な違和感を持つ」パーソナリティと不登校対応のギャップを考える

投稿日:22/02/2018 更新日:

私の感じていること考えていることを的確に書いてある記事を見つけました。これが理解できる教育関係者が何人いるでしょうか?
「強制されることに過度な違和感を持つ」パーソナリティとは、自分の主義主張を持っているということです。自己主張できる素晴らしいパーソナリティです。最も重要なことです。
このような子が何でもかんでも強制される学校に合わないのは当然です。だから「適応指導」という強制をしてみんなに合わせようとすることがいかに無理な指導であるかがわかりますよね。これが理解できたら、何をしたらいいか分かるはずです。
学校をはじめとする教育機関がやっていることがいかにパーソナリティを理解していないか、個を無視していかに間違った指導をしているかということです。
さらに、このような指導を不登校対策だと考えて疑うこともなく続けています。
関係者から「こんな子は社会に適応できない。このままでは将来のためにならない」という声が聞こえてきそうですが、決してそんなことはありません。自らで自らの道を切り開いていく力を持っているのです。
私も強制されることがだいっきらいです。
「個に応じた指導とは何か」「生きる力とは何か」一から勉強し直す必要があります。

私がこのパーソナリティに気づいたのは3才のとき、保育園に「行かされた」ときです。
こう考えたら自分のすべての行動に納得がいきます。
これはプラスでもマイナスでもありません。まさにパーソナリティという表現がぴったりです。
っていうか、強制されることに違和感を感じない人なんかいません。
人間に痛みを与えられて飼い慣らされた家畜だって感じています。
「やりなさい!」と言われれば言われるほどやりたくなくなります。
だから自分の好きなことをしたらいいです。
好きなことでも飽きることがあります。そしたらまた別の興味のあることをしたらいいです。

「不登校になった小学生」に親は何ができるか
小学校2年生の息子が学校に行かない

小2で不登校になった娘。親子ともに傷つき、最後に私がたどり着いた答え。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

PTAや町内会をなくしたらどうなるかやってみたらいい

今日は新年度最初の参観日とPTA総会の学校が多かったようです。 これPTAだけじゃないです。 強制的に動員したってやる気のない集団なので全然楽しくないですよ。 PTAは任意団体なのですが、実態とかけ離 …

宿題代行が横行、教師困惑「受験に集中するため」保護者が依頼

子供の宿題や自由研究などを請け負う代行業者が横行しているといいます。 これ、需要があるから供給が生まれます。 必要な人がいるからサービスが誕生するのです。 学校にしても学習塾にしても、このような業者に …

なぜ日本では自分で考えない子どもが育つのか?日本の学校のせいです

やりたいことが見つからない。 それは、考えないような教育を受けているから。 学校では「みんなと同じこと」を強制され、社会でも「世間に合わせること」をよしとされている。 みんなと同じじゃ面白くない。 み …

不登校も競い合いの学校体制が背景にあります

不登校も競い合いの学校体制が背景にあります。 親御さんは「なぜうちの子が」「なぜ自分たちがこんな思いを・・」という”悩み”を抱えておられますが、学校に行かないことが間違っているのではありません。 学校 …

米子であった不登校の親の会「つながろう会」の3月例会に参加

昨日は、米子であった不登校の親の会「つながろう会」の3月例会に参加しました。 鳥取県中部で医療心理士・スクールカウンセラーをしておられる中村宏子さんの学校での事例を交えた話。 NPO法人志塾フリースク …

スポンサーリンク

スポンサーリンク