教育

「教員は忙しいから」というのは言い訳です

投稿日:10/10/2015 更新日:

東京新聞の「発言」で、中学校教師の忙しさを元校長が訴える記事が載っていました。

教育行政の貧困を告発した内容ですが、それを解決できなかったことも問題ではないでしょうか。

208

本当に大切なことは何か、それを優先して行動することで教育行政も変わると思います。
(と、私は信じています。)

仕事には「Need to have」と「Nice to have」があります。

「Need to have」というのは、「それが本当に必要だ。」という仕事、「Nice to have」というのは、なくてもいいけどあればいいな。」という仕事です。

今の学校では、「Nice to have」が多すぎるため「Need to have」が十分にできていない現状があります。

学校現場でも「Need to have」の仕事を最優先して、「Nice to have」の仕事は基本的にはしない、するとしても時間の十分余裕のあるときにするようにしていく必要があります。

「教員は忙しいから、時間がないから」というのは「言い訳」です。

確かに多くのことに追いかけられている現状はありますが、教員は時間の使い方が下手です。

「会議をすることだけが目的」の無駄なだらだら会議、「しなくてもいい報告書や提出物」の作成、「意味のない」出張などは、「Nice to have」です。

そこを整理することで、もっと効率化、精選はできます。

その時間を「Need to have」の方に使うのです。

校長以下職員全員が「Nice to haveの仕事はやらない!」と決めることで、大事な仕事の時間を増やすことは可能です。

そして、その時間を子どもと接する時間に使うことができます。

保護者や地域の理解や協力も必要ですが、「まずは現場の教員が変えるんだ!」という強い意識をもってやることです。

しかし、1人の教員ががんばっても無理ですし、県内は公立学校がほとんどなので長いものに巻かれてしまいます。

なので、学校全体として「Nice to haveを止める!」という強い覚悟と校長のリーダーシップでバッサリ切るしかないです。

人が人として普通に生きることができる社会を作っていくためには、たくさんの人の協力が必要です。

学校現場の忙しさはまずます酷くなっていく一方ですが、教員一人ひとりの覚悟と勇気が試されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

面白い計算問題の面白さは やってみたら分かります

面白い計算。 やってみたら分かります。 1÷81= 1÷8181= 1÷818181= これもやってみたら分かります。 さらに、Googleで「1÷81」などの式を入力するともっと面白いです。 1×1 …

「当たり先生」も「はずれ先生」も学校教育に携わるすべての人たちへ読書のすすめ

今の現状を嘆いたり諦めたりするのではなく、「ではどうする?」という具体的な対策と行動が重要です。 これらの本は批判するためではなく、具体的な処方が書かれています。 『はずれ先生にあたったとき読む本』と …

子どもの自閉症について、学校に何度も伝えても理解してくれない

子どもさんの自閉症について、学校に何度も何度も伝えても理解してくれない。 学校って何のためにあるのか?誰のためにあるのか? 教員って何しに学校へ行っているのか? こんな思いの親御さんも少なくありません …

発達障害児のコミュ力をあげる自己理解ノートの作り方

発達障害などの子どもに共通の問題は、自分自身のことを客観的に見ることが苦手です。 自己を客観視するには、「外在化」といって、自分の不安感や今の状態を「数値化」することが有効です。自分のことを鏡に映して …

障害児を地域で育てる うちの子が入れる学校がない?

4月、新学期が始まります。 子どもにとって一番いい環境ってなんでしょう? 親が子どもに期待することもさまざまです。学校に求めることもさまざまです。 学校長や担任が異動すると、校内の様子や対応が大きく変 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク