教育

楽々かあさんの学校へのiPad導入の徹底解説が素晴らしい

投稿日:11/03/2016 更新日:

発達障害の子どもの学習支援ツールとしてiPadの実践報告が発表されています。
「子どもに学校でiPadを使わせたい!」という親御さんは多いです。

iPadの学校への導入に当たっては、特別支援コーディネーター担当教員と話を進めていく必要がありますが、現状ではその理解がなかなか進まないという方も多いです。

そこでわが子の支援学級への転籍を機に楽々かあさんが、支援が必要な子の学校へのiPad導入への交渉のしかたまで詳しく説明しておられます。
さすが楽々かあさんです。

前例がないのであれば、これを前例にしていけばいいんです。

楽々かあさんはiPadを購入するところから始められます。
この記録は必見です。

iPadを購入する前に、レンタルして試してみるという手もあります。
機器の値段は安くはありませんので、買っても使えなかったというのではもったいないです。
実際に学校での学習や生活の場面で、iPadを使うとどんなことができるのか、学習中のどんなときに有効活用できるのかアプリを入れて試しにつかってみる。

そのうえで子どもの学習や生活の場で有効だと思えば購入するというのがいいかもしれません。
行政がiPadを無料で貸し出してくれたら一番いいので、何台か貸してもらうことはできないでしょうか。

とりあえず、県教委に連絡してみるのが早いかな?
出来る範囲で、できることを、まずはとにかくやってみることです。

No.161「iPad導入への道~交渉編~」

4月から子どもさんが支援級に転籍し、学校にiPadを持ち込んでいいという許可がもらえたそうです。
しばらく、学校とどう話し合うのか、説明するのか、どう使って行くのか、といったことを、超具体的に発信していかれます。
まずは、支援教室でのiPad導入に向けての学校との交渉の仕方です。

No.162「iPad導入への道~準備編~」

このケースでは、iPadを実際に用意しハードウェアの準備を進め方です。

iPadを購入する際には、取り扱い電気店の店頭で、子どもさんと一緒に実際に触ってから選んだとのことでた。
iPadにも各種あるので、使用目的によって大きさや性能を選ぶこと、学習や自己管理の補助的なツールとして使う目的なので、教室の机に置いても大きすぎない、国語辞典くらいの面積の「iPad mini4」が「これくらいがいい」とのことでした。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

発達障害 アイデア支援ツールと楽々工夫note facebook

発達障害 アイデア支援ツールと楽々工夫note

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

2017年9月16日(土)に弁護士による全国一斉無料電話相談を実施

いじめの被害者は加害者だけでなく、学校や教育委員会、第三者委員会とも闘っているや学校とはいじめを生みやすい環境であることを強く認識すべきや教育委員会の姿勢こそ、「いじめを許している」姿そのものだにも書 …

就学前検診で発達障害を知らせておけば理解のある担任にしてくれるのか?

就学前検診は集団で行いますが、個別の相談はできます。 発達障害に理解のある担任にしてくれるかどうかは言えませんが、入学する学校に子どもさんの様子や保護者の願いを伝えておくことは重要です。 事前に相談し …

「英語と私」の著者の松本 亨さんは今の学校での英語教育をどう思っているだろう?

二十歳の誕生日に買った松本 亨の「英語と私」。 今読んでもとても新鮮で、というか今、学校で英語教育が推進されている中で考えさせられる内容が多い。 読み返してみると、実に面白い。 新刊書もよく読むのです …

日本の教育はものすごく遅れている。 本人が希望する学校選択ができない

日本の教育はものすごく遅れている。 本人の希望や目的に応じた学校選択ができない。どこかの学校に「在籍」しているという「形」が優先される。 中学校や高校に行っていない子にとっても進学は大きなことです。 …

発達障害のある息子が1年間支援いらずだったA先生の話

『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる120の子育て法』著者・楽々かあさんこと、大場美鈴さんが、毎日当たり前のように、どんな子にも自然に行っていたA先生のスゴ腕の職人技を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク