教育

小学校の隠ぺい体質 いじめ問題が進展しない理由とは

投稿日:15/06/2017 更新日:

学校で発生した問題が解決しないのは、学校や教育委員会などの教育機関の隠ぺい体質にある。
子どものことより、自身の立場の保身がなによりも優先する。

被害を訴えても本気で解決しようという気がない。やったとしても、当たり障りのないその場限りの対応で「解決したこと」にしてしまう。
子どもたちは、それをよく知っているので、教員にはいじめの相談はしない。
教員に相談したら、さらに教員からもいじめを受ける。
さらに、相談することで被害に遇った子がますます追い込まれていく。

また、校内の支援体制がないために、担任も誰にも相談できない。管理職に理解があればいいが、彼らもまた保身を優先する。
担任一人が抱え込み、誰の助けも得られない。
だから、誰にも相談できないまま、何も解決しないまま、ただ日常が過ぎていく。
被害者の子どもも親も担任も、いつまでももやもやしたままだ。
このような学校現場は、日本中に「当たり前のように」ある。
このようにして、ものを言えない子ども、ものを言えない教員、なかったことにする教育委員会が増え続けている。
形式的ないじめ対策や学校の隠ぺい体質、息苦しい学校環境を破らない限り、いじめは永遠になくならない。

学校による対応の差はありますが、本気でなくそうとして取り組んでいる学校も教員もいます。
「いじめはどこの学校でも起こりうる」のは確かなことですが、それが「だから、しかたがない」とか学校側の逃げ口上になるのはいけません。
大事なことは、教職員と保護者が同じ方向を向いて、いじめの根本解決を目指して動いているかどうかです。
学校任せにしないで、保護者もいっしょになって解決していく必要があります。

言いたいことを言う、やりたいことをやる。
生きるとはそういうことです。
生かされている人が多すぎます。
教育の世界だけのことではありません。

勉強は何のためにするのか?
自分の命と人権を守るためです。
子どもの命と人権を守るためです。

小学校の隠ぺい体質を現役探偵が痛烈批判 いじめ問題が進展しない理由とは

教育関係者の体質改善ができない限り、保身や隠蔽は続いていきます。
そこに踏み込むのは、隠蔽協力者による調査委員会ではなく、「本当の意味での」第三者、外部の機関です。

・いじめ防止対策推進法は無力で欠陥ばかり
・文科省や教育委員会にはいじめをなくす気がない
・いじめ自殺を未然に防ぐために
・メモや録音などできちんと記録を取ること
・教員がよっぽど信頼できるときは学校に相談してもいいが、すぐに法的手段をとること

いじめ対応に関する私の見解は、こちらにも書いています。
・現行のいじめ防止対策推進法の何が問題なのか?
・鳥取県いじめ問題対策連絡協議会議事録を問う
・倉吉こども未来フォーラムでいじめはなくせるのか疑問あり
・倉吉こども未来フォーラム「いじめを許さない」とはどういう意味?
・第4回倉吉市学校教育審議会 不登校といじめ問題に関する意見から
・教員が子どものいじめの加害者であることに気づいていますか?
・教育委員会の姿勢こそ、「いじめを許している」姿そのものだ!

隠蔽体質のある学校 わが子をいじめ自殺から守る方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「高校教育は学問ではない」上野千鶴子が17歳の時に訴えたこと

私も上野さんとまったく同意見です。 学ぶことを学べない学校を「学校」とはいえない。 学ぶ楽しさを学べない学校を「学校」とはいえない。 学び方を教えない教育を「教育」とはいわない。 学びたいことを学べな …

9月25日のピカたまの会にはじめて参加しました

9月のピカたまの会にはじめて参加させていただきましたが、みなさんが温かく迎え入れてくださりとても有意義な時間を共有することができました。 参加者の方々の話を聞いてとても勉強になりましたし、私の話も十分 …

あなたは「性行為は早すぎるよ」と明確な理由がいえますか?

今日は、倉吉未来中心で行われた「生きるためのこころ(性)の教育」という思春期保健対策講演会に参加しました。 講師は、東京医療保健大学医療保健学部 看護学科准教授の渡會睦子(わたらいむつこ)さん。 渡會 …

不登校はイノベーションのはじまり 「教育維新」はもう始まっている

社会的には不登校を否定する人が少なくありません。 しかし、現実をよく観てください。 かつて不登校だった子どもたちの「今」を、今不登校中の子どもたちの考えていることを。彼らが未来に向かってやろうとしてい …

「8時出勤17時退勤で学校運営をしたらどうなるか」という文科省の研究指定を提案したら

今の教育課程と教員配置では絶対不可能だと思いますが、「8時出勤17時退勤で学校運営をしたらどうなるか」という文科省の研究指定をしてみたらいい。 そうすれば、今の学校の何が問題なのか明確になります。 教 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク