教育

「インクルーシブ教育」とはすべての子どもに必要な教育環境です

投稿日:12/02/2016 更新日:

「インクルーシブ教育」とは「障害のある子ども」のためだけに行うのではありません。

すべての子どもに対して一人一人のニーズにあった適切な教育的支援を「通常の学級」で行う教育のことです。

障害のある子が困らない手立てをするのではなく、すべての子が「その子らしく」学習や学校生活に取り組めるようにすること、「みんなが違うこと」を前提とした教育の在り方です。

教室には「みんなちがってみんないい」って貼ってありますが、今ホントにそう考えて教育がされているかというと・・・
?ですよね。

口ではそういっても、実際には画一的な一斉指導が行われ、みんなと合わせることが評価されています。

みんなと「違う」子は、ちょっと変な目で見られたり、教員から「教育的指導」を受けたりしています。

インクルーシブ教育は、それを実行していくことなんです。

教育委員会の指導の手引きやや教職員研修の研究テーマに書いてあることを、本気でやるんです。

研究テーマに書いてあっても、書いてあるだけで実際にはそうなっていないでしょ。

モデル事業とかモデル校の「実験」ではなく、すべての学校ですべての子どものためにやっていくんです。

なんだかワクワクしませんか?
そんな学校だったら、誰もが行きたいと思いませんか?
しかし、今はまだその途中の段階にあります。

インクルーシブ教育への階段を、ようやく一歩踏み出したところなんです。

いよいよ4月1日から施行される「障害者差別解消法」による「合理的配慮」も一段上がるための法的な支えになります。

それを実現できるかどうかは、これからの私たちの行動にかかっています。

特別支援教育の子どもたちが「ともに学べる」環境の実現へ向けて

http://journal.jp.fujitsu.com/2016/02/10/01/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

文科省はコンピュータによる「プログラミング学習」を指しているのではない?

プログラミングといってもいろいろなアプローチのしかたがあります。 見解の違いは、「プログラミング教育」や「プログラミング的思考」の解釈のしかたによるんだと思います。 「論理的思考」はコンピュータを使っ …

“子どもを尊重する”って言うけれど、その子の力を信じてあげてる?

愛子さん、まったく同感です。 こういう関係や環境だと居心地がいい、何でも相談できる。やりたいことが思いっきり何でもできる。それが自信になります。 これって、決して「専門家」の「特別なスキル」じゃないと …

ROCKETプロジェクトは学びを保障しつつ、選択肢を広げる

こういうことは学校ではできない。 だからやるんです。 子どもは、みんな天才です。 それを見逃しているのが「大人のものさし」です。 子どもの「やりたい」を保障する社会をめざしましょう! DO-IT Ja …

ある日の時間割、こんなん絶対無理だわ!イライラするわ!

全国の9割以上で“短い夏休み”に。休校の遅れを取り戻すためです。学習内容は減らせない決まりで、やむなく土曜授業や7時間授業を行う小学校も。4人に1人が「すぐイライラする」という調査もあります。 ある日 …

スマホやタブレットを授業中に使ってもいいよというだけでOK

タブレット型端末は、PCに近い機能を持つだけでなく、画面に直接触って手書き感覚で操作できるなどのメリットを持つことから、急速に普及しています。 しかし、学校でのタブレット型端末の活用となるとまだまだで …

スポンサーリンク

スポンサーリンク