教育

「インクルーシブ教育」とはすべての子どもに必要な教育環境です

投稿日:12/02/2016 更新日:

「インクルーシブ教育」とは「障害のある子ども」のためだけに行うのではありません。

すべての子どもに対して一人一人のニーズにあった適切な教育的支援を「通常の学級」で行う教育のことです。

障害のある子が困らない手立てをするのではなく、すべての子が「その子らしく」学習や学校生活に取り組めるようにすること、「みんなが違うこと」を前提とした教育の在り方です。

教室には「みんなちがってみんないい」って貼ってありますが、今ホントにそう考えて教育がされているかというと・・・
?ですよね。

口ではそういっても、実際には画一的な一斉指導が行われ、みんなと合わせることが評価されています。

みんなと「違う」子は、ちょっと変な目で見られたり、教員から「教育的指導」を受けたりしています。

インクルーシブ教育は、それを実行していくことなんです。

教育委員会の指導の手引きやや教職員研修の研究テーマに書いてあることを、本気でやるんです。

研究テーマに書いてあっても、書いてあるだけで実際にはそうなっていないでしょ。

モデル事業とかモデル校の「実験」ではなく、すべての学校ですべての子どものためにやっていくんです。

なんだかワクワクしませんか?
そんな学校だったら、誰もが行きたいと思いませんか?
しかし、今はまだその途中の段階にあります。

インクルーシブ教育への階段を、ようやく一歩踏み出したところなんです。

いよいよ4月1日から施行される「障害者差別解消法」による「合理的配慮」も一段上がるための法的な支えになります。

それを実現できるかどうかは、これからの私たちの行動にかかっています。

特別支援教育の子どもたちが「ともに学べる」環境の実現へ向けて

http://journal.jp.fujitsu.com/2016/02/10/01/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「サピエンス全史」は薄っぺらい教科書なんかより歴史と人間の進化について深く学べます

この本、めちゃくちゃ面白いです。 人類の歴史を知らなくても中学生くらいなら読めると思います。 ホモ・サピエンスがなぜ地球を支配するまでに至ったのか? 上下巻、約500ページを超える分厚い本なのではじめ …

「ぼく仮面ライダーになる」本気でそう思っています

「ぼく仮面ライダーになる」本気でそう思っています どうしたら仮面ライダーになれるのか? その疑問にズバリ答えてくれます。 仮面ライダー1号からドライブ、そしてゴースト編までのシリーズ絵本なんですが、仮 …

LD疑似体験 学習障害の中から”読む”ことのへ困難ってどんなの?

発達障害とはどんな障害なのか、言葉や文章だけで説明されても、その実際のイメージは伝わりにくいです。 教室での授業中に周りのともだちが教科書をスラスラ読んでいる中で、学習障害(LD)の子が教科書を読むの …

教員の長時間労働は自ら削減できる やろうとしていないことが問題

今でもパンクしているのに、さらに35時間もどこに入れるつもり?不可能です。 授業年35時間増、文科省が対策へ 小5・6、2020年度から 増やすことばかりで減らすことをしていない学校現場。 その結果、 …

米子であった不登校の親の会「つながろう会」の3月例会に参加

昨日は、米子であった不登校の親の会「つながろう会」の3月例会に参加しました。 鳥取県中部で医療心理士・スクールカウンセラーをしておられる中村宏子さんの学校での事例を交えた話。 NPO法人志塾フリースク …

スポンサーリンク

スポンサーリンク