教育

「インクルーシブ教育」とはすべての子どもに必要な教育環境です

投稿日:12/02/2016 更新日:

「インクルーシブ教育」とは「障害のある子ども」のためだけに行うのではありません。

すべての子どもに対して一人一人のニーズにあった適切な教育的支援を「通常の学級」で行う教育のことです。

障害のある子が困らない手立てをするのではなく、すべての子が「その子らしく」学習や学校生活に取り組めるようにすること、「みんなが違うこと」を前提とした教育の在り方です。

教室には「みんなちがってみんないい」って貼ってありますが、今ホントにそう考えて教育がされているかというと・・・
?ですよね。

口ではそういっても、実際には画一的な一斉指導が行われ、みんなと合わせることが評価されています。

みんなと「違う」子は、ちょっと変な目で見られたり、教員から「教育的指導」を受けたりしています。

インクルーシブ教育は、それを実行していくことなんです。

教育委員会の指導の手引きやや教職員研修の研究テーマに書いてあることを、本気でやるんです。

研究テーマに書いてあっても、書いてあるだけで実際にはそうなっていないでしょ。

モデル事業とかモデル校の「実験」ではなく、すべての学校ですべての子どものためにやっていくんです。

なんだかワクワクしませんか?
そんな学校だったら、誰もが行きたいと思いませんか?
しかし、今はまだその途中の段階にあります。

インクルーシブ教育への階段を、ようやく一歩踏み出したところなんです。

いよいよ4月1日から施行される「障害者差別解消法」による「合理的配慮」も一段上がるための法的な支えになります。

それを実現できるかどうかは、これからの私たちの行動にかかっています。

特別支援教育の子どもたちが「ともに学べる」環境の実現へ向けて

http://journal.jp.fujitsu.com/2016/02/10/01/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校の存在目的、存在価値とは何か?その理由を考えたことがありますか

学校に行っている子は自分で何らかの理由を持っているのですが、理由がわからないけどなんとなく行っている子もいます。 「みんなが行くから」「親が行けというから」「それなりに楽しいから」「特に理由はないけど …

夢や希望は観念ではなく小さな行動の積み重ねによって自分で作っていくもの

思いを持つことは大事です。 思いがなくては何も始まりませんからね。 しかし、思いを持つだけでは夢は実現しません。 思い以上に大事なことが行動を始めること。それ以上に大事なことは行動を続けることです。 …

学校に行けなくなった子が行くための場所って、結局枠にはめようとしているだけ

「親は、どうにかしようとしないこと。」 素晴らしい! どうしても、よってたかって「枠」にはめたがるんだよねえ。 「学校に行きたくない」というのは本人の意思表示です。 学校には行きたくないけどやりたいこ …

ながの不登校を考える県民の会の参議院文教科学委員会の傍聴記録

ながの不登校を考える県民の会の取り組む姿勢、素晴らしいです。 学校へ行くのがいいとか、行かないほうがいいとか、ということではないんです。 子どもの気持ちを理解して、自分に合った学び方を選べばいいという …

「LINEいじめ」からわが子を守る方法は親との関係性にあります

今では小学生がスマホを持つようになりましたが、子どもから「みんな持っているから」スマホほしいとせがまれました。 どのようなことに注意したらいいでしょうか? こんな相談も多いです。 アメリカで話題の母か …

スポンサーリンク

スポンサーリンク