教育

「インクルーシブ教育」とはすべての子どもに必要な教育環境です

投稿日:12/02/2016 更新日:

「インクルーシブ教育」とは「障害のある子ども」のためだけに行うのではありません。

すべての子どもに対して一人一人のニーズにあった適切な教育的支援を「通常の学級」で行う教育のことです。

障害のある子が困らない手立てをするのではなく、すべての子が「その子らしく」学習や学校生活に取り組めるようにすること、「みんなが違うこと」を前提とした教育の在り方です。

教室には「みんなちがってみんないい」って貼ってありますが、今ホントにそう考えて教育がされているかというと・・・
?ですよね。

口ではそういっても、実際には画一的な一斉指導が行われ、みんなと合わせることが評価されています。

みんなと「違う」子は、ちょっと変な目で見られたり、教員から「教育的指導」を受けたりしています。

インクルーシブ教育は、それを実行していくことなんです。

教育委員会の指導の手引きやや教職員研修の研究テーマに書いてあることを、本気でやるんです。

研究テーマに書いてあっても、書いてあるだけで実際にはそうなっていないでしょ。

モデル事業とかモデル校の「実験」ではなく、すべての学校ですべての子どものためにやっていくんです。

なんだかワクワクしませんか?
そんな学校だったら、誰もが行きたいと思いませんか?
しかし、今はまだその途中の段階にあります。

インクルーシブ教育への階段を、ようやく一歩踏み出したところなんです。

いよいよ4月1日から施行される「障害者差別解消法」による「合理的配慮」も一段上がるための法的な支えになります。

それを実現できるかどうかは、これからの私たちの行動にかかっています。

特別支援教育の子どもたちが「ともに学べる」環境の実現へ向けて

http://journal.jp.fujitsu.com/2016/02/10/01/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

宿題をしろ!わからない僕はダメな子ではありません

ほめる、しかるという賞罰教育では子どもは自己肯定感は感じられません。 「ほめる」という行為は、上から目線の「支配」になるからです。 「しかる」ことによる弊害は説明はいらないでしょう。 3H「比較」「批 …

学校の先生はつまらない仕事なのか?それは個々の感じ方次第

学校の先生の仕事はおもしろいのか、つまらないものなのか。東京デザインウィーク2015の中で行われたトークイベント「ソクラテスカフェ」でキングコングの西野亮廣(キンコン西野)が会場の参加者と話し合ってい …

「小1プロブレム」も「中二病」も子どもの問題ではなく大人の問題です

「小1プロブレム」とか「中二病」とか、子どもの問題ではなく大人の問題です。学校の都合で子どもを縛りつけようとするからダメなんです。 学校が子どもがワクワクするような場になればそんな問題など起きません。 …

高校入試のときの合理的配慮の申請に必要な手続きをまとめました

公立高校の入学試験では障害のある志願者への合理的配慮を申請することが出来ることは知っていますか? 鳥取県立高校を志望する場合も、子どもの特性を踏まえた措置をしてもらうことができます。 平成28年4月か …

狛江市の特別支援学級に通う子どものお母さんたちが書いたleavesが素晴らしい

leaves(はっぱたち)は、小学校の特別支援学級に通う子どものお母さんたちが編集し、市内の小学校で配布している手紙です。 ・ソーシャルスキルってなあに? ・どんな子がどんなことで困っているのか? ・ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク