教育

「インクルーシブ教育」とはすべての子どもに必要な教育環境です

投稿日:12/02/2016 更新日:

「インクルーシブ教育」とは「障害のある子ども」のためだけに行うのではありません。

すべての子どもに対して一人一人のニーズにあった適切な教育的支援を「通常の学級」で行う教育のことです。

障害のある子が困らない手立てをするのではなく、すべての子が「その子らしく」学習や学校生活に取り組めるようにすること、「みんなが違うこと」を前提とした教育の在り方です。

教室には「みんなちがってみんないい」って貼ってありますが、今ホントにそう考えて教育がされているかというと・・・
?ですよね。

口ではそういっても、実際には画一的な一斉指導が行われ、みんなと合わせることが評価されています。

みんなと「違う」子は、ちょっと変な目で見られたり、教員から「教育的指導」を受けたりしています。

インクルーシブ教育は、それを実行していくことなんです。

教育委員会の指導の手引きやや教職員研修の研究テーマに書いてあることを、本気でやるんです。

研究テーマに書いてあっても、書いてあるだけで実際にはそうなっていないでしょ。

モデル事業とかモデル校の「実験」ではなく、すべての学校ですべての子どものためにやっていくんです。

なんだかワクワクしませんか?
そんな学校だったら、誰もが行きたいと思いませんか?
しかし、今はまだその途中の段階にあります。

インクルーシブ教育への階段を、ようやく一歩踏み出したところなんです。

いよいよ4月1日から施行される「障害者差別解消法」による「合理的配慮」も一段上がるための法的な支えになります。

それを実現できるかどうかは、これからの私たちの行動にかかっています。

特別支援教育の子どもたちが「ともに学べる」環境の実現へ向けて

http://journal.jp.fujitsu.com/2016/02/10/01/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

知的障害の診断・検査の内容と相談窓口

来年度小学校入学を前にして、障害のある子どもさんの就学先について悩んでおられる親御さんもあると思います。 倉吉市の小学校でも平成29年4月に入学するお子さんの就学時健康診断(内科検診、歯科検診、適応検 …

プログラミングを楽しく学べるおすすめの本

プログラミングの勉強中です。 自分で作ったプログラムで遊べるのは楽しいですよね。 スクラッチが簡単で分かりやすいです。

ぴっかりさんの子育て相談室がリニューアルオープン

ぴっかりさん HPのリニューアルオープンおめでとうございます! ぜひ多くの方に知っていただきたいです。 もう13年前のことになりますが、ぴっかりさんのことを知って、すぐに会いたくなり千葉まで行って話を …

一斉休校と学校再開で分かる教員を軽視し続ける日本の教育

学校や教員は、ありとあらゆることを引き受けている。 子どもたちが学校にいたからこそ、家事や仕事ができていた。 子どもたちの勉強から生活までを引き受けていることで、親たちは仕事に専念することができる。 …

NHKテレビ「100分 de 名著」アドラー「人生の意味の心理学」放送

アドラー心理学は実践の心理学です。 「嫌われる勇気」はロングセラーとなっていますが、この本は決して「他人から嫌われる勇気を持とう」という嫌われて生きる方法を書いているのではありません。 私はアドラー心 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク