教育

鳥取県 子どもたちの明日を語る会の意見概要がようやく公開されました

投稿日:07/12/2016 更新日:

今年度は「特別な支援を必要とする子どもたちの明日を語る会」が7月に行われましたが、その意見交換概要がようやく公開されました。
語る会では、保護者の方からの深刻な思いも語られました。

・個別の指導計画や個別の教育支援計画を見せてもらったことがないのですが
・個別の教育支援計画を利用して引き継いだにもかかわらず、高等学校の特別支援教育主任が特別支援教育の勉強をされておらず、親が一つ一つ説明しました。
・保護者としては確実に達成していただける目標なのかが知りたいです。
・自閉症・情緒障がい特別支援学級に在籍していても受け皿がないことが不安です。
・高校入試の特別措置について教えてください。
・高等学校では必要な支援を検討してもらえませんでしたが。

このように、毎年同じような意見や要望が繰り返し出されています。
しかし、何年たっても同じ意見に対して同じような回答しか得られていません。
残念ながら「諸般の事情」でほとんど改善されていません。

県教委も「努力します」「検討します」という返事はするのですが、そこからほとんど具体的な改善が見えてきません。
今年度は倉吉会場に参加しましたが、「指導する権限がないからできない」という担当者の発言には腹が立ちました。

「困っている子ども」は、長年困ったまま
「困っている保護者」の声は届かないまま
「学校での理解」も進んでいないまま
「対応に悩んでいる教員」のサポートも人的な配置もされないまま

このような状況を変えていく方法として、3つだけ提案します。

1.各学校の特別支援教育担当教員の専門性を上げ、校内体制でその職務に重点を置いて取り組める仕事分担にする。
2.教職員の理解を深めるための「分かりやすい」研修を行うとともに、保護者の勉強会の場を作る。
3.保護者、学校教職員、専門機関など、子どもに関わる全ての人が一堂に集まって意見交換をする場の設定。

特に、市町村教委の担当者も参加して、直接意見や要望を伝えてその場で回答してもらいたいし、学期末という現場の教員にとってもっとも忙しい時期に開催しても、児童生徒を教室に置いたまま参加できるはずがありません。

子どもたちの明日を語る会の意見交換概要はこちらからダウンロードできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学ぶことを今すぐやめよう「ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい」

「ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい」クリスティン・バーネット著を読みました。 9歳で大学入学、相対性理論に取り組み、将来ノーベル賞候補とも言われる天才児ジェイク。 ジェイクの両親は、最初特別な支援の …

発達障害の可能性が見受けられ対処することができていなかったって、何?

生徒の自殺が日常的に教育現場で発生している日本の学校は異常にも書きましたが、「調査結果などから発達障害の可能性が見受けられ、、松木委員長らは生徒の能力に応じた対応の必要性や学校全体で対処することができ …

発達障害の大学生についての体制づくりが課題

子どもの発達障害は少しずつ認知されるようになってきましたが、大人の発達障害の理解や配慮はまだまだ十分とはいえません。 職場の中で発達障害の理解がないままひどい対応をされている人たちもいます。 また、発 …

「不登校の子どもの権利宣言」を知っていますか?

「学校があると知っていたら、生まれてくるんじゃなかった」 不登校の子どもたちは、子ども間の理不尽な暴言・暴力、教師の無理解な上辺だけの対応、一律的な学習評価など学校生活で傷つき、教室での居場所を失った …

平成18年度鳥取県市町村立小・中学校不登校児童生徒の状況について

かなり前の資料ですが、「不登校対策」についても協議されていたので、資料として貼りつけます。 最近の資料は会の概要が載っているだけで、このように委員の発言を記載したものは公開されていないので、会に参加し …

スポンサーリンク

スポンサーリンク