社会問題

池田町学校事故等調査委員会の報告書はもっと突っ込んだ分析と具体的な提言が必要

投稿日:

福井県池田町池田中2年生の自殺で、池田町学校事故等調査委員会がまとめた報告書が公開されました。
この報告書の「提言」はいかにも「教科書通り」で、これは「本件」についてではなく一般的な提言となっています。
もっと突っ込んだ分析と具体的な提言が必要です。
内容があいまいで弱すぎます。

・本件は教員集団からのいじめが原因であること
・本件はは自殺ではなく殺人であること
・「発達障害の可能性があったから」という逃げに感じられる捉え方考え方に対する追及が足りない。
・なぜこのような事件が繰り返されるのか、校内にいじめや体罰を許し見逃す体質が蔓延している。

それを断ち切るための具体的な行動を示すべきです。

・最も重要な点は学校教育の構造的な欠陥であること、この学校や町教委、市教委への責任追及でなく、構造や組織改革にまで踏み込む必要があるがそれが欠落している。
・今後処分も検討されると思いますが、該当教員、関係者への厳罰も必要。

さらに、本件がこのように注目されたのは遺族からの度重なる訴えがあったことを忘れてはなりません。
「重大事件」であるとの認識が教育現場に欠落していること、他者からの要求やマスコミなどが取り上げたことによってようやくここまでに至ったのです。
とはいっても全く不十分な対応と提言ですが。
そして、これは他人ごとではなく、身近なところでも多く発生していますが、その多くは保護者、遺族が泣き寝入りしなくてはならない現実があることも知っておくべきです。

教育評論家は無責任な発言だけで具体的な提案がない

今日もまた「教育評論家」という他人事で話をする人たちがメディアに登場しています。
そこには、「だからどうする」「自分はこういう行動をする」という具体的な対策も責任感もありません。ホント他人事で終わっています。私の一番大っ嫌いな人種です。
その内容も現状を述べてあれこれ文句を言っているだけで、具体的な行動目標もこれから何をするのかも全く出てきません。
「そうはいってもねえ。現実にはねえ・・・」
「人が足りてない、予算がないから・・・」
「ちゃんとしてもらわないとダメだよねえ。」
とこんな言い訳ばかり話し合っています。

だから同じようなことが何度も何度も繰り返されるのです。
・現実を変えるには具体的に何をどうするのか
・教育現場に人材がいないのなら何をどうするのか
・教育予算が削られていく中で何をどうするのか
・発達障害への理解が進んでいない、だったら何をするのか
・自分自身は今からどんな行動をするのか
そういった議論をして、できることを実行していく必要があります。
・やるかやらないか
・本気でやろうとする気があるのか
・本気で教育現場を変える気があってそれをやるかどうかなのです。
自分自身の身近なところで起きている事件を見てみぬ振りし、やったことしによう主義はいいかげんにもう取り払おうよ!

池田中学校2年生自殺・報告書
池田町事故等調査委員会

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

日本で言ってはいけない真実とは?

「わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相! 」船瀬 俊介 (著) 今日もメディアは、皮層の情報しか流さない。 深層は永遠に闇の奥に隠蔽される。 それどころか虚報が“真実”の衣を …

平成30年2月鳥取県議会で「不登校・ひきこもり支援について」の一般質問と質疑が行われました

2017年12月10日に不登校やひきこもり支援について鳥取県行政へのご意見、ご要望に書いていたのですが、今日の平成30年2月鳥取県議会で「不登校・ひきこもり支援について」の一般質問と議案に対する質疑が …

鳥取県いじめの防止等のための基本的な方針(改定案)について意見募集

今、鳥取県が「いじめの防止等のための基本的な方針」について意見を募集しています。 これまでも、県や市町村でも行政の取り組みについて様々なテーマでパブリックコメントの募集が行われてきました。 しかし、そ …

緊急特集 赤木さんの真実 〜「森友」を忘れない

オリンピックの延期騒ぎよりも100倍重要なこと。 メディアも世間もコロナ一色ですが、日本人なら絶対に知らなければいけないことです。 私たちの人生だけでなく、次世代にも通じる大事件です。 これがコロナ騒 …

利権はびこるマイナンバー制度は無視していい

こんな制度は無視していい。 マイナンバー「受け取り拒否」しても問題なし!こんな「政府のための制度」がいらない理由 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46119 利 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク