教育

いじめ問題は学校側の対応に大きな問題があります

投稿日:04/10/2015 更新日:

学校側の対応に大きな問題があります

ウソで固めた学校の対応にお父さんがひとりで闘っています。

当事者だけで頑張っても限界があります。

このような事態になったのは、私たちの問題としてみんなが一緒に向き合ってこなかったからです。

他人事として、自分には関係ないという無関心が起こした事態です。

みんなが一緒になって、日本の教育界を変えていかない限り、このような事件は繰り返されます。

先日、鳥取市立気高中で校内で中学生が死亡し市教委からの説明が一度ありましたが、その後のことは何も分かっていません。

仙台市の小学校で、いじめに遭っている小学生が勇気を出して転校しました。

担任は、「力になれなくてすみません」と誤ったそうです。

転校は、自分で気づき考え判断して行動を起こしました

私も、相談ができる大人の1人でありたいと思っています。

これからも、自分のできる支援活動を続けていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「いじめ対策委員会」は何のために作ったのか?

「いじめ対策委員会」は何のために作ったのか? 自殺の処理のために作った会ではないでしょうが!! 「いじめに気づかなかった。」 「普段と変わりなかった。」 本当にそうだったのでしょうか? いつもいつも出 …

大人になってからアスペルガー症候群かな?と思ったら

アスペルガー症候群は言葉や知能の発達には遅れがみられないので、子どものときには分からないまま過ごして、大人になってから気づかれることも少なくありません。 そのため、社会的な理解がされないために会社の中 …

私は学校を創造性と個性の殺害、及び知性の虐待の罪で告訴します

「私は学校システムを告訴します」 私もまったく同感、まったく同じ考えです。 こんなに明解な説明には感動します。 「教員の常識は、社会の非常識」そうなるのも当たり前の世界が学校というところにも書きました …

教師を辞めたい理由はこれだけではありません

小学校教師、中学校教師、高校教師の離職率はなんと約50%にも上るそうです。離職率の高い職業トップ3は以下のとおりです。 1位:教師、教員 2位:飲食サービス、宿泊 3位:娯楽業、生活関連サービス業 教 …

知的障害や発達障害のある子どもの二次障害を防ぐためにできること

親や園や学校が気づいたときに、子どものうちから知的障害の診断を受けることはもちろん大事です。 しかし、それ以上に大事なことは、診断後の対応の仕方です。 知的障害や発達障害のある子どもに対する周囲の不適 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク