教育

いじめ問題は学校側の対応に大きな問題があります

投稿日:04/10/2015 更新日:

学校側の対応に大きな問題があります

ウソで固めた学校の対応にお父さんがひとりで闘っています。

当事者だけで頑張っても限界があります。

このような事態になったのは、私たちの問題としてみんなが一緒に向き合ってこなかったからです。

他人事として、自分には関係ないという無関心が起こした事態です。

みんなが一緒になって、日本の教育界を変えていかない限り、このような事件は繰り返されます。

先日、鳥取市立気高中で校内で中学生が死亡し市教委からの説明が一度ありましたが、その後のことは何も分かっていません。

仙台市の小学校で、いじめに遭っている小学生が勇気を出して転校しました。

担任は、「力になれなくてすみません」と誤ったそうです。

転校は、自分で気づき考え判断して行動を起こしました

私も、相談ができる大人の1人でありたいと思っています。

これからも、自分のできる支援活動を続けていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

いじめの解決に向けた教育システムが全く機能していない

いじめの事実は生徒57人だけでなく、気づいていた教職員もいたはずだと思います。 何か問題が起きると事後アンケートが取られ、そこではじめていじめの事実が分かるという。 これって、どう考えても変じゃないで …

なぜ学校だけ「同年齢集団」なのか?学年とクラスをなくせば不登校は激減する

そもそも「不登校」か「不登校じゃない」と分けることがナンセンスなんです。学校もあり学校以外もありなんです。 だから、私たち大人が手を取り合って子どもたちがのびのびと学べる場所がいろいろできればいい。 …

課題を抱えているのは、不登校になっている生徒ではなく学校の側だ

文部科学省の坪田知広・児童生徒課長が「国の不登校政策」と題して講演し、「課題を抱えているのは、不登校になっている生徒ではなく学校の側だ。学校や教育委員会は一人一人の子どもに向き合わなければならない」と …

当時の担任らを懲戒処分にしただけでは、問題解決にはならない

当時の担任らを懲戒処分にしただけでは、問題解決にはなりません。 いじめ問題を直視しないどころか、いじめを見てみぬふりをしている、いじめの要因を作りだしている学校制度を放置している者たちが教育の現場に存 …

みえ不登校フォーラムを開催 鳥取県でもやりたい!

素晴らしいですね。 フリースクール代表、教育センター班長、大学の先生がコーディネーターとなり、不登校経験の当事者と親が同じ場で語り合う会です。 みえ不登校支援ネットワークは、三重県内の不登校に関わる行 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク