教育

いじめ問題は学校側の対応に大きな問題があります

投稿日:04/10/2015 更新日:

学校側の対応に大きな問題があります

ウソで固めた学校の対応にお父さんがひとりで闘っています。

当事者だけで頑張っても限界があります。

このような事態になったのは、私たちの問題としてみんなが一緒に向き合ってこなかったからです。

他人事として、自分には関係ないという無関心が起こした事態です。

みんなが一緒になって、日本の教育界を変えていかない限り、このような事件は繰り返されます。

先日、鳥取市立気高中で校内で中学生が死亡し市教委からの説明が一度ありましたが、その後のことは何も分かっていません。

仙台市の小学校で、いじめに遭っている小学生が勇気を出して転校しました。

担任は、「力になれなくてすみません」と誤ったそうです。

転校は、自分で気づき考え判断して行動を起こしました

私も、相談ができる大人の1人でありたいと思っています。

これからも、自分のできる支援活動を続けていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

僕の学校はスタバ 13歳の教育革命”ハックスクーリング”とは?

“個”を尊重する教育、学校では教えてくれない「幸せ」と「健康」とは? 私は普通の学校に通っておらず、そして使うカリキュラムは決まっていません。 誰かの作った特定の学習法だけに集中することもありません。 …

「不登校」ではなく「脱学校」で主体的な学び方を作る

「登校、不登校、再登校、非登校、脱学校」そのどれを選んだっていいんです。 学校に行くとか行かないとか、どうだっていいんです。 「学校に行くのが正しい」のでも「学校に行けないから悪い」のでもありません。 …

教員本来の仕事を優先していけば、多忙化を改善することは可能

学校という職場は朝7時前に出勤して帰るのは深夜になることもあります。 家に帰ってからも「宿題」が山積みで寝るのは午前0時を過ぎてからだってあります。 「先生は夏休みがあるからいいね。」と言われますが、 …

発達検査で適切な対応によって子どものよさを伸ばすことができる

私は3才までは自由に遊び自由に暮らしていましたが、4才で保育園に入園した瞬間、異様な雰囲気を感じていました。 それまでは自由になんでもできたのに、入園と同時に「なんでみんなと同じことをしなければならな …

不登校はさぼりではありません 寄り添うための親の心得

多くの子どもたちは「学校に行きたくても、行けない」という状況にあることをたくさんの大人に知ってほしい。 子どもを信じて、見守り、寄り添い、待つ。 そして、嬉しいときはいっしょによろこびましょう。 不登 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク