教育

隠蔽体質のある学校 わが子をいじめ自殺から守る方法

投稿日:24/11/2016 更新日:

「いじめの被害者は加害者だけでなく、学校や教育委員会、第三者委員会とも闘っている」や、「長いものに巻かれてきた構造そのものがいじめを生む体質」「いじめを許している、いじめから逃げている張本人が教員です」にも書きましたが、いじめを止められないどころか、蔓延させる要因は教育行政組織と学校内部にあります。

いじめを軽く見ていることが問題で、いじめは「犯罪」であるという認識も必要です。
警察や司法の介入も辞さないという覚悟も求められる重要な問題なんです。

一般論や教科書的な教え方では響きません。

体質改善ができない限り、保身や隠蔽は続いていきます。
そこに踏み込むのは本当の意味での第三者、外部の機関です。

いじめ相談というと教育関係機関しか出ていませんが、気軽に相談できる警察相談や司法の窓口を知っておくことも必要ですね。
本来なら、教育関係機関が迅速、適切に対応してくれれば警察も司法も必要ないんですがね。

大人がどれだけ覚悟を決めて向かっていくかです。
大人がいじめを怖がっていたのでは絶対に解決は不可能です。
覚悟は特に文科省、教育委員会、学校関係者に求められます。

・いじめ防止対策推進法は無力で欠陥ばかり
・文科省や教育委員会にはいじめをなくす気がない
・いじめ自殺を未然に防ぐために
・メモや録音などできちんと記録を取ること
・教員がよっぽど信頼できるときは学校に相談してもいいが、すぐに法的手段をとること

いじめ対応に関する私の見解は、こちらにも書いています。

倉吉こども未来フォーラムでいじめはなくせるのか疑問あり

倉吉こども未来フォーラム「いじめを許さない」とはどういう意味?

教育委員会の姿勢こそ、「いじめを許している」姿そのものだ

現行のいじめ防止対策推進法の何が問題なのか?

鳥取県いじめ問題対策連絡協議会議事録を問う

第4回倉吉市学校教育審議会 不登校といじめ問題に関する意見から

教員が子どもをいじめの加害者であることに気づいていますか?

では、このようなおそまつな対応に対して、具体的にどのようにしたら子どもたちを守れるのか?

いじめキャンペーンのような「初心者講座」からいいかげんに脱出せよ

スウェーデンのいじめをなくす方法が素晴らしい

隠蔽体質のある“調査委員会”に頼らずに「わが子をいじめ自殺から守る方法」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「スマホは偏差値を下げるから使うのをやめよう」の理由にはならない、これには反対です

“スマホが学力を破壊する”これだけの根拠を読みました。しかし、この分析はあまりにも乱暴です。 まるで全国学力テストの分析と同じで、まず「学力=学力テストの偏差値」としていること …

子どもの才能をつぶしているのが日本の学校教育

日本の学校教育は、子どもだけでなく親にも「決められた一本の道」しか通れないように教え込んでいます。 すごい能力と大きな可能性をもっている子どもの才能をつぶしているのが日本の学校教育です。 それに気づい …

新学習指導要領の柱「考える力を育てる」ために最も必要なこと

新学習指導要領の柱は「考える力を育てる」ことです。 考える力を育てるのに一番いい方法は「何も与えない」「何も言わない」ことです。 何もない状況、規定のものや規則がなかったら、自分で考えて作り始めます。 …

不登校の子どもへの対応でやってはいけないこと

不登校の子どもへの対応でやってはいけないことはいくつかあります。 また、これは不登校の子どもだけでなく、すべての子どもへの対応に当てはまります。 そして、親子の関係だけでなく、学校の教師と生徒との関係 …

不登校対策で重要なことは「不登校の本質」の理解と教育予算の増加

不登校調査をすることは意味がないことはないのですが、調査のための調査に終わっては意味がないのです。 文科省も教育委員会も学校も調査やアンケート、その報告だけが目的でやっているのでは何の意味もありません …

スポンサーリンク

スポンサーリンク