教育

教員が子どもをいじめの加害者であることに気づいていますか?

投稿日:28/01/2016 更新日:

先日の「いじめフォーラム」でも発言したのですが、「いじめを許している存在」いじめの加害者は学校現場の教員です。

子どもがいじめの加害者になっているだけでなく、強い立場にいる複数の教員が弱い立場の教員をいじめています。

これは他県のことではありません。

さらに、教員が子どもをいじめていたり、いじめに気づいても見てみぬふりをしている教員もいます。

これでは、子どもたちが「いじめは許さない」「いじめをなくしたい」といくら大きく叫んだとしても、いじめは永遠になくなりません。

教員が子どもや立場の弱い教員をいじめている。

さらに、県教委もそれを知っていながら本気で向かっていこうとしていません。

「教育的指導」という組織的なパワハラも起こっています。

教員や教育委員会が加害者になっていじめに加担しています。

立場の弱い者が権力のある上層部に意見がいえるはずがありません。

さらに、いじめの対象が子どもの場合、訴えることなんかとうてい不可能です。

内部の人間に訴えても変わることはありませんから、外部の信頼できる人に相談するしかないのですが、その窓口はありません。

いったいなんのために「いじめ防止対策推進法」が作られたのでしょうか?
「法律を作って終わり」で形骸化されています。
それでは責任を果たしているとはいえません。

法の実行力が問われています。

藤井さん、私もかつて教職に就いていましたので、現場で苦しんでいる若い教員たちがいることも知っています。

情熱をもって教員になったものの、組織の中で個が埋没し教員を辞めたいと考えている人も少なくありません。

教育の本質とはかけ離れた上からの指導が、子どもや教員を苦しめている現状があります。

ご縁に感謝いたします。

私も学校現場に20年以上おりましたので、いろいろな方とのつながりを深めていっているところです。

子どもも保護者も教員も「学校に行くのが楽しい」といえる学校を作っていきましょう。

今後のご活躍にも期待しています。

いっしょに勉強させていただきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

教師と呼びたくない教師たち

http://ameblo.jp/pcc-fujii/entry-12121214836.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

ジェントル ハート プロジェクトの資料集ページを更新

ジェントル ハート プロジェクトの資料集ページが更新されています。   学校事件事故の調査・検証委員会についてのアンケートPDFを追加。 いじめ調査結果概要PDFを改定。 いじめアンケート 「いじめ調 …

「勉強しない子」「やる気のない子」は変われます

一番大切なことは「やる楽しさ」があるかどうか。 親や教員がただ「やりなさい」というのは全く逆効果です。これは特に教員の場合は責任放棄の言葉かけです。 知る楽しさ、わかる楽しさ、できる楽しさがなければ、 …

平成29年11月鳥取県定例教育委員会の資料が掲載されました。

平成29年11月定例教育委員会の資料が掲載されました。 【報告事項イ】 公開 ≪資料PDF≫ 平成29年度鳥取県コミュニティ・スクール推進研修会について 【報告事項ウ】 公開 ≪資料PDF≫ 平成30 …

「インクルーシブ教育」とはすべての子どもに必要な教育環境です

「インクルーシブ教育」とは「障害のある子ども」のためだけに行うのではありません。 すべての子どもに対して一人一人のニーズにあった適切な教育的支援を「通常の学級」で行う教育のことです。 障害のある子が困 …

まずは「学校はすでに限界を越えている」ことを自覚すること

学校が抱えている問題は不登校だけではありません。 学校は何年も前からとっくに限界に来ています。すでに限界を越えています。 それなのに「学校という場」をなんとか必死になって維持しようと無理に無理を重ねて …

スポンサーリンク

スポンサーリンク