教育

ICT機器の活用もコミュニケーションを楽しむことが目的

投稿日:21/03/2016 更新日:

日本語を勉強する目的は、言葉を通じて相手とのコミュニケーションをするためです。
英語を学習する目的は、英語圏の人たちとコミュニケーションをするためです。
音楽を勉強するのは歌を歌ったり、楽器を演奏することを楽しむためです。

しかし、漢字や文章が書けなくても相手とのコミュニケーションはできます。
従来通りの読み書きができなくても可能です。

英語が話せなくても英語圏の人たちとのコミュニケーションも可能です。
譜面が書けなくても読めなくても、音楽の演奏を楽しむこともできます。

つまり、「自分に合った」伝達方法や表現方法があれば、相手に伝えることだって自分で楽しむことだってできます。
決まりきった語学や音楽の勉強をしなくても、目的を達成することは可能です。

語学や音楽の勉強をすることが目的ではなく、いろいろな方法を使ってコミュニケーションや音楽を楽しむことが目的なのです。
学ぶことに困難さがある子にとっても、その学習方法はいろいろあります。

例えばIT機器の活用も、それらと全く同じなのです。

情報の入力(インプット)と表現したいことの出力(アウトプット)の手段は1つではありません。
残念ながら、学校では限られた入力と出力の方法しか許されていないため、本人の能力や才能を正当に評価されない場合が多くあります。
みんなと同じ手段しか使えないとすれば、その子のもっている能力を発揮できません。
その子の備えている才能も見つけることもできません。

自分で好きなことを学びたい、好きな仕事をしたいと思っていても、入力と出力の方法が不十分なために「読み書きが困難だから」「勉強が分からないから」「頑張っているけど無理」として諦めている、諦めさせられている人がいるのは社会の損失です。

視力の弱い人がメガネをかけるのや、足の不自由な人が車いすを使ったりするのと同じように、学ぶことに困難さがある子がIT機器の活用によって学習することが楽しくなり、表現することを認めてもらうことで自信がつきます。
そして、さらに学ぶ意欲が向上していきます。

彼らが社会で活躍できるようになれば、多くの人たちに幸福をもたらします。

今、学習困難な子の学校へのiPadの持ち込みについて、学校に行き辛い子に対する学校環境の改善についての学校との交渉、中学校卒業後の進路選択、職場で悩みを抱えている若者の転職相談をしています。
そのどれにも共通していることが、受け入れ態勢が不十分だということです。

それぞれの場に置いて様々な理由や都合があるのでしょうが、受け入れ先の対応次第ではすぐにできることもあります。
「本人にとってどうするのが一番いいのか」という考え方をすれば、答えはすぐに出せることばかりなのです。

彼らを受け入れる環境を整えることによって後に続く子どもたちの道を切り開くことになると同時に、受け入れ先にとっても経験として次に活かせるはずです。
それは、地域貢献、社会貢献につながっていきます。

コミュニケーション方法は画一的なものではありません。
表面的な言動だけを見聞きして、子どもの評価をすることは間違いです。

まずは、さまざまな表現方法や伝達手段があることを知り、その全てを認めること、そしてその子の背景や行動の裏にある理由の理解を深めることによって、その子の存在そのものの価値が見えてきます。
その結果、お互いのコミュニケーションも豊かになっていきます。

日ごろ子どもたちと対面する教員はもちろんですが、すべての人がそれを知ろうと努力をすることで人間関係も円滑になっていくのではないでしょうか。

これからも、引き続き受け入れ先の理解を進めていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

魔法のプロジェクト 素晴らしい実践が発表

今回も素晴らしい実践が発表されています。 魔法のプロジェクトとは、障がいのある子どものための情報端末(ICT)の活用事例研究です。 全国各地の実践によって、発達障害の子どもたちがICTを使って楽しく学 …

多くの学校でiPadで無料学習できるデイジー教科書を利用しましょう

デイジー教科書はメリットがたくさんあります。 1人ひとりの理解力に合わせ、再生方法がカスタマイズできるので、自宅学習にも適しています。 学習障害のある子どもだけでなく、すべての子どもにとって教科書嫌い …

楽々かあさんの学校へのiPad導入の徹底解説が素晴らしい

発達障害の子どもの学習支援ツールとしてiPadの実践報告が発表されています。 「子どもに学校でiPadを使わせたい!」という親御さんは多いです。 iPadの学校への導入に当たっては、特別支援コーディネ …

小二の男の子が書いた本「おこるとどれだけそんするか。?」

親も教員もおこり過ぎています。 よくあるのが、いかりに任せて最後に「わかったわね。ごめんなさいでしょ!」と一方的に誘導して「ごめんなさい。」と言わせて納得している大人がいます。 悪いことをしたら、そん …

子どもが学校に行きたくない本当の理由

「宿題ができていないと、みんなの前ですっごい怒られるんだ」 「給食を見に行くと、え? 軍隊なの?と思うような雰囲気でした。」 学校教育の評価のしかた、教員の対応のまずさも不登校の要因になっています。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク