教育

ICT機器の活用もコミュニケーションを楽しむことが目的

投稿日:21/03/2016 更新日:

日本語を勉強する目的は、言葉を通じて相手とのコミュニケーションをするためです。
英語を学習する目的は、英語圏の人たちとコミュニケーションをするためです。
音楽を勉強するのは歌を歌ったり、楽器を演奏することを楽しむためです。

しかし、漢字や文章が書けなくても相手とのコミュニケーションはできます。
従来通りの読み書きができなくても可能です。

英語が話せなくても英語圏の人たちとのコミュニケーションも可能です。
譜面が書けなくても読めなくても、音楽の演奏を楽しむこともできます。

つまり、「自分に合った」伝達方法や表現方法があれば、相手に伝えることだって自分で楽しむことだってできます。
決まりきった語学や音楽の勉強をしなくても、目的を達成することは可能です。

語学や音楽の勉強をすることが目的ではなく、いろいろな方法を使ってコミュニケーションや音楽を楽しむことが目的なのです。
学ぶことに困難さがある子にとっても、その学習方法はいろいろあります。

例えばIT機器の活用も、それらと全く同じなのです。

情報の入力(インプット)と表現したいことの出力(アウトプット)の手段は1つではありません。
残念ながら、学校では限られた入力と出力の方法しか許されていないため、本人の能力や才能を正当に評価されない場合が多くあります。
みんなと同じ手段しか使えないとすれば、その子のもっている能力を発揮できません。
その子の備えている才能も見つけることもできません。

自分で好きなことを学びたい、好きな仕事をしたいと思っていても、入力と出力の方法が不十分なために「読み書きが困難だから」「勉強が分からないから」「頑張っているけど無理」として諦めている、諦めさせられている人がいるのは社会の損失です。

視力の弱い人がメガネをかけるのや、足の不自由な人が車いすを使ったりするのと同じように、学ぶことに困難さがある子がIT機器の活用によって学習することが楽しくなり、表現することを認めてもらうことで自信がつきます。
そして、さらに学ぶ意欲が向上していきます。

彼らが社会で活躍できるようになれば、多くの人たちに幸福をもたらします。

今、学習困難な子の学校へのiPadの持ち込みについて、学校に行き辛い子に対する学校環境の改善についての学校との交渉、中学校卒業後の進路選択、職場で悩みを抱えている若者の転職相談をしています。
そのどれにも共通していることが、受け入れ態勢が不十分だということです。

それぞれの場に置いて様々な理由や都合があるのでしょうが、受け入れ先の対応次第ではすぐにできることもあります。
「本人にとってどうするのが一番いいのか」という考え方をすれば、答えはすぐに出せることばかりなのです。

彼らを受け入れる環境を整えることによって後に続く子どもたちの道を切り開くことになると同時に、受け入れ先にとっても経験として次に活かせるはずです。
それは、地域貢献、社会貢献につながっていきます。

コミュニケーション方法は画一的なものではありません。
表面的な言動だけを見聞きして、子どもの評価をすることは間違いです。

まずは、さまざまな表現方法や伝達手段があることを知り、その全てを認めること、そしてその子の背景や行動の裏にある理由の理解を深めることによって、その子の存在そのものの価値が見えてきます。
その結果、お互いのコミュニケーションも豊かになっていきます。

日ごろ子どもたちと対面する教員はもちろんですが、すべての人がそれを知ろうと努力をすることで人間関係も円滑になっていくのではないでしょうか。

これからも、引き続き受け入れ先の理解を進めていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校再開で小中学校などに指導担当ら8万人以上確保できるのか?

学習指導員は誰でもできることではありません。 8万人~9万人をどうやって確保するのでしょうか? そして、その期限はいつまで? indeedで募集する? 時給2200円か。 臨時休校していた学校の多くが …

高校の特別支援教育ではどんなことをしているの?

学校教育法は、特別支援教育の実施について特別支援学校や小中学校だけではなく、「高校もその対象になる」と明記しています。しかし、実際には小中学校の通級指導のような「特別の教育課程」を編成する制度が高校に …

認知行動療法を取り入れた「勇者の旅プログラム」の実践

みなさんは、「勇者の旅プログラム」って知っていますか? こんな取り組みがあることを初めて知りました。 鳥取県でも気高中学校、鳥取市立逢坂小学校など3中学校区を推進モデル地域に指定して、認知行動療法を取 …

児童虐待への対応、行政職員は丸腰 スキル磨けぬ仕組みが問題

今、この瞬間も子どもたちは苦しんでいるのに ・国の施策は穴だらけで肝心なところは現場任せ ・虐待にきちんと対応できない構造的な問題を ・児相は人手が足りず、専門性もない ・児相を国の機関にし、児童福祉 …

日本海新聞の「私の視点」に「不登校を考える鳥取県民のつどい」掲載

今日の日本海新聞の「私の視点」に「子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい」のことを載せていただきました。 「子どもの声を聴く」という当たり前のことから始めていきます。 長野のように10回をめざし …

スポンサーリンク

スポンサーリンク