地域情報

鳥取県中部地震は報道などで伝えられていることと倉吉の実際の状況は違う

投稿日:24/10/2016 更新日:

新聞やテレビ報道などで伝えられていることは、倉吉の実際の状況の「一部の被害状況を切り取ったもの」です。なので、それを「倉吉の全体像」ととらえることは違います。
新聞の写真やテレビの映像を見ると、確かに酷い光景が映し出され、被害が拡大しどんどんひどくなるように妄想しがちですが、実際にはそれが倉吉全域に及んでいるわけではありません。
我が家に大きな被害が出なかったからそういう言い方ができるのかもしれませんが、その点を考えてメディア報道を見て判断していくことが重要です。
報道される側、被災地のど真ん中に住んでいて感じたことですが、メディアってこんなものなんでしょうね。

ニュース内容は今の現地には役に立たないことが多い

外部に流すニュースなどでは地震の様子やメカニズムなどを解説していますが、現場ではそんな情報はなんの役にも立たないのです。もっと細かい情報を早く知りたいのが現地のニーズなんです。
今日もまだ避難所にいる人もいますが、家の片づけに時間がかかり家の中に安全な居場所が確保できない人がほとんどで、ほぼライフラインも復旧して、ほとんどの商店や事業所も通常営業をしています。中部の温泉地もいつもと変わりません。
災害でイメージする光景とは全く違って、市民は普通の仕事とくらしをしています。いつもの月曜日が始まっただけなのです。

鳥取県中部地震の被害がこれほど少なかった理由

この度の震度6弱の地震で重軽傷者17名(うち軽傷者14名)、死者0人です。住宅被害も全壊3(これも無人の古民家と倉庫)約200棟は屋根瓦や壁などの多少の損傷はありますが、被害は最小限に留まりましたから安全な町だといえますね。
私の住んでいる地区では昼間滞在している地域住民の声掛けによる避難誘導もスムーズにできましたし、行政の対応も早く、工務店や保険会社の方もすぐに駆けつけてくださり迅速で丁寧でした。

何よりも地震直後でも町のスーパーや店舗もすぐに営業を再開できたことが生活の安心感にもなりました。
ライフラインの復旧も早かったので、電気も使え風呂にも入れましたので、しばらくの間は外に出ていましたが、夜は家の中でいつもの暮らしができました。本当に工事関係者の方々の誠心誠意の対応には感謝しています。

完全には予測ができない自然災害に対抗することは不可能ですから、問題は二次災害をいかに小さくするかです。
その点、金曜日の午後の地震発生で天候もよかったこと、土日の休みが家の片づけや整理に使えたし、日曜日の夜には家庭ごみも出せました。
なので地震発生4日後の月曜日には普段の仕事や生活と何ら変わらなかったのです。
もちろん、今も避難所生活の人がいたり農作物や飲食店などには地震の影響は出ていますが、進路が予測できて事前の備えができる台風以上に軽く済んだ、と私は思っています。

倉吉市民は安心して普段の暮らしをしています

余震が続いていること、次に大きな地震が起きるのが心配ではありますが、市民は平常通り仕事をして生活していますので大丈夫です。
これまでの災害から「被災地」というと悲惨な状況を想像してしまいますが、現場にいて多少の不便さはありますが、そんなに深刻ではないですから「風評被害」の方が心配です。
「風評被害」は自然災害ではなく人的災害ですから防ぐことは可能です。というか「風評被害」は起こさないことはできるのです。
メディアが正しい情報をきちんと伝えることで防ぐことができます。
新聞やテレビの報道も暗い面ばかりでなく、「災害に強い倉吉」「みんなが助け合って暮らしている幸せな倉吉」をもっと取り上げてほしいものです。
自分も発信する立場にいますので、そういうこともしっかり伝えていく必要があると思いますね。

確かな情報、寄り添い歩む 鳥取中部地震 地方紙として

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

鳥取県八頭町の旧隼小学校が公民複合型施設『隼lab』として11月下旬にオープン

鳥取県八頭町で今話題の廃校を活用した複合施設『隼lab』がオープンします。 2017年3月から廃校となった八頭町の隼小学校をリノベーションして、食べる(カフェ)、学ぶ(スクール)、集う(コワーキング) …

鳥取県中部を震源とする地震に係る支援物資についての情報

(鳥取県のHPより) 現在のところ、県内では、県や市町村の備蓄物資、民間企業等との応援協定などを活用して、物資の調達を行っております。 このため、県としては、現在のところ、個人の方からの物資提供をお受 …

とっとり県民カレッジ講座「地域を育む”ナナメ”の関係に参加しました

昨日境港であったイベント、やる気のある人たちが集まったのでめっちゃ充実して楽しい時間でした。さらに小田さんの話とワークショップでは多くの気づきがありめっちゃ得しました。 私が今やっていることを全肯定さ …

倉吉で「ウタゲだっぴ」のインタビューを受けました

昨日は「だっぴプロジェクト」の学生メンバー4人が6月30日に行われる「ウタゲだっぴ」のインタビューに倉吉まで来てくれました。 「だっぴ」の目指すものは、“未来を模索する若者”と“地域の魅力的な大人”と …

学校は「空間的密」以上に「時間的密」を作り出していることが問題

今年度はすでに「例年通り」ではなくなっています。だからこれからは「前例」を作っていくしかありません。 それなのに、どうして文科省や教委は授業時間数にこだわるのか? 形にこだわるのか? 時間も教員の数も …

スポンサーリンク

スポンサーリンク