社会問題

児童相談所が危ない怖い だまされて牧場へ置き去りに

投稿日:25/05/2018 更新日:

あなたは児童相談所による児童拉致、児童虐待の存在を知っていますか?
「児童虐待=悪であり、それを解決するのが児童相談所の仕事である」という世間の受け止めがあります。
「こんなことあるわけない。」
そう思ってはいませんか?
ここで起こっていることは事実です。

児童相談所が危ない~児童相談所の怖い話

全国的に問題になっていますが、対応できない言い訳ばかり聞こえてきます。
何のための専門機関なんでしょうね?
そういう思いをしている保護者の方がいることを知り、改善してほしいです。

子どもの人権も生きる権利も奪われています。
子どもの自由と権利を奪うことが絶対にあってはなりません!

私もこれまでにたくさんの子どもたちと関わってきましたが、各家庭で事情も異なりその背景はさまざまです。
教育の世界でも福祉の世界でも「専門家」といわれる人たちが、子ども個々のニーズや願いを無視して自分たちの都合で対応することで、さらに子どもたちを苦しめていることはないでしょうか。
「支援をしてあげる」という「上からの支配」になっていないでしょうか。
「専門機関」がその機能を十分に果たしていない。
相談に行けばますます追い込まれる。
だから「自己流の防衛策を考えるしかない。」
何のための虐待防止法?
何のための児童相談所?
片山さん、私もそう感じています。
法はできても、相談機関はあっても、それが機能していないのであればないのと同じですね。

SOSを発しているのに受け止めてもらえない、全く対応が間違っている。当事者も家族も本当に必死なんです。

これを改善していくには一人ひとりが自分自身の課題として本気で考え、本当の意味で連携していく必要がありますね。
このような事例を見聞きするたびにその思いを強くします。
子どもを守れる世の中を作るには、親や関係者みんなが知恵を絞って力を合わせてやっていくしかないと思います。
同じ思いでいる人たちがそれぞれの場で懸命に頑張っていますから、一人でできることは微力ですが、できる人がいっしょになって作っていきましょう。

不登校の当事者と言っても、その経験はさまざまであろう。今回、登場いただいた倉地透さんは、「登校拒否を治す」という名目で親から引き離して厳しい生活をさせるように、との専門家のアドバイスから、北海道の牧場にあずけられる、という目にあった人である。もちろん、本人は朝も起きられず、外に出るのも怖い状態であったため北海道行きをOKするわけがない。そこでお父さんは倉地さんをだまして連れて行くのである。

このような事例はたくさんあります。
絶対に間違っています。
絶対に許せません!

これは過去のできごとではありません。
「時代がそうだったから」で片付けてはいけません。
「専門家」と言われる教育関係者が子どもの自由を奪うことになんの疑問も持っていないことが大きな問題です。
今でも安心して過ごせる居場所のない子どもたちはたくさんいます。
大人の勝手な解釈や都合だけで子どもを追い詰めることがあってはなりません。

では私たち大人は何をすべきか?
不登校の「正しい理解」そして、「すべての子どもたち」が安心して過ごせる多様な場を作ることです。
「すべての子どもたち」が、です。

だまされて牧場へ置き去りに【不登校50年/公開】

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

引きこもり状態にある人たちの高年齢化が進んでいる

ひきこもり男性の26%は、発達障害の可能性が高い。 徳島大学の調査で、「広汎性発達障害」と年々高年齢化、長期化する「引きこもり」との関連性が報告されています。 山梨県では「ひきこもり」該当者のうち、4 …

なぜアミメアリは働かないアリを許容するのか? 人間の社会はどうでしょうか?

「最初は圧倒的多数であるはずの『働きアリ』は、やがて巣を崩壊に追い込む危険な『働かないアリ』が誕生した時に、それらを『駆逐することなく、自分たちがより多く働いて彼らを養う』ことで問題をクリアしようとす …

60代のひきこもりが増えているのは自己責任ではなく、社会の責任である

ひきこもりの解決は、就労して賃金をもらうというスタイルを思い浮かべる人が多いと思います。 だから、様々な方法でジョブトレーニング、職業訓練が行われています。 しかし、それだけではないプランも用意する必 …

子どもの自殺の背景すべてに学校信仰と学校絶対主義がある

子どもたちが自ら命を絶つ悲劇は一向に減る傾向にはない。 2016年の小中高生の自殺の原因は「学業不振」など学校問題が36・3%、「親子関係の不和」など家庭問題が23・4%、「うつ病」など健康問題が19 …

「ネット断食」を来年度から開催 効果のほどは?

生徒に「ネット断食」合宿…来年度から依存対策 スマートフォンやパソコンに夢中になるあまり、健康や学業に支障をきたす「インターネット依存」の若者が増加していることを受け、政府が初の調査・研究に乗り出す方 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク