教育

学校に通わないとまともな大人になれないって!?大嘘です

投稿日:16/04/2017 更新日:

「学校に通わないとまともな大人になれない」と思い込んでいる人に読んでほしい!

これからの時代、言われたことだけやっていてもダメなんです。
そんなことは大企業のおじいちゃんだってわかってますよね。
サラリーマンやっている人たちだって「俺はこのままじゃだめだなぁ」と思ってるでしょ。
でも、なぜか子どもに対しては、相変わらず「親や先生の言うことを聞きなさい」とかやっているわけですよ!

学校に通わない「ホームスクーリング(自宅学習)」は、確実に増えていく。

人はみな、学ぶ内容も学び方も学ぶ場も自由に選ぶ権利を持っています。
人はみな、自分に合ったスタイルで生きる権利も自由も持っています。
何人にも自由を奪う権利はありません。
教えることは主体性を奪うことになります。
主体性を育てるには、自分のことは自分で決める自由がなければなりません。
こんな親子もあります。

そんなこんなで、うちでは月曜日からホームスクーリングを始めました。
教材などは学習指導要領に沿ったものを兄さんのために用意しています。

「入学式は欠席で&カリキュラム大幅見直し」

鳥取県フリースクール連携推進事業の補助金ですが、これって「個人」でも申請でき(ました)。
単年事業というのが・・・
昨年度何件の団体、個人の申請があったのか知りたい。
ホームスクーリングも該当すると思いますが、学校に在籍したまま「自由な学び」をするのが一番簡単です。

補助の概要

補助対象 学校法人、NPO法人、企業、団体(地方公共団体を除く。)又は個人
  ※補助事業の交付決定時において、鳥取県教育委員会が定める「不登校児童生徒を指導する民間施設のガイドライン」に準拠し、同委員会から「本県で出席の扱いが考えられる学校外の施設」として通知されていることのほか、「鳥取県フリースクール連携推進事業補助金交付要綱(以下、要綱という。)」に掲げる要件を満たすこと。
 
対象経費 
指導員人件費、カウンセラー謝金、活動費(教材・教具の整備、体験学習・実習費)
 
補助率 1/2 
上限額 300万円 
対象事業 
要綱に掲げる要件を満たした、小中学校の不登校児童・生徒の集団生活への適応、情緒の安定、基礎学力の補充、基本的生活習慣の改善等の相談・指導の実施。

平成28年度鳥取県フリースクール連携推進事業の補助金交付申請

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

子どもが学校に行きたくない本当の理由

「宿題ができていないと、みんなの前ですっごい怒られるんだ」 「給食を見に行くと、え? 軍隊なの?と思うような雰囲気でした。」 学校教育の評価のしかた、教員の対応のまずさも不登校の要因になっています。 …

「共感」「質問」

「共感」は緊張を和らげ、「質問」は達成を後押しする 目標達成とは、最終的には1人ひとりが個別に目指すものですが、共通することの情報があると「自分はひとりじゃない」と勇気付けられるのです。 http:/ …

いかに親や学校が子どもの考える力を奪っているか休校騒ぎで明らかになった

いかに親や学校が子どもの考える力を奪っているか。この度の休校騒ぎでも明らかになったと思います。 「宿題はやったの?」 「子どもだけで出歩いちゃダメ!」 「漫画ばっかり読んで!」 「ゲームばっかりして! …

松谷くんの学習障害はiPadを使うことで障害ではなくなります

iPadの使い方は保護者も勉強して子ども本人が使えるようにしていく必要がありますが、学校からは「教室でiPadなどの機器を使ってもいいよ。」といってもらうだけでいいのです。 特別にモデル校などで実践し …

小学校で「弾道ミサイル落下時の行動について」という通知が配られた!

小学校で「弾道ミサイル落下時の行動について」という通知が配られています。 こんなものが教室で子どもたちに他の手紙と同じように、本気で配られるなんて、ホントに日本の国はどうかしているとしかいえません! …

スポンサーリンク

スポンサーリンク