暮らし

五輪開催よりも被災地の復興が政権の最優先事案である!

投稿日:09/09/2013 更新日:

東京五輪開催を被災地の復興より優先した結果となった。
政府が先頭に立ち、国民が一丸となって取り組むことは、五輪開催よりも被災地の復興だ。
東京五輪開催を歓迎する一方で、被災者の思いは様々であろう。
今後7年間で、被災地の復興全力で当たるべきである。

安倍晋三は、五輪プレゼンでこう述べた。
「福島とは離れているから東京は安全だ」と。
つまり、「東京なら安全だが、福島は安全ではない。」ということである。
このような招致活動の場での説明に対し、被災地の人々は複雑な思いに違いない。
被災者が心から五輪開催を喜べるのは、本来の生活を一刻も早く取り戻すことだ。
東京五輪開催の2020年には、被災地はどのような姿になっているのか。
その完全復興が伴わなければ、東京五輪は成功したとはいえない。
いや、7年後の2020年という遠い日をめざすのではなく、一日でも早い完全復興が待たれる。

福島第1原発の汚染水漏れは、いまだ収束のめどが見えていないにも関わらず、安倍晋三は「福島原発は完全にコントロールできている。」という大嘘を全世界にアピールしてしまった。
そして政府は今月3日、汚染水対策の基本方針を公表し470億円の国費投入を決めた。
国費とは、他でもない国民の血税であり、当然被災者の血税も含まれている。
安倍晋三は「政府が前面に立ち、解決に当たる」とは言ったが、あまりにも遅すぎた対応であることは誰が見ても否めない。
これまでの東電任せの汚染水処理は今や破綻に近い状態なのである。

さらに、テレビなどのマスコミは、こぞって東京五輪開催の決定をお祭り騒ぎ状態で取り上げている。
”公共放送”とは名ばかりのNHKをはじめ、テレビでは国民の喜ぶ姿ばかりが映し出され、多くの災害、人災で命を奪われ生活を苦しめられている人々の存在を忘れてはいけない。
7年後、多くの国民は福島第1原発の人災、被災地の実態を忘れてしまっていることも想像される。
そのような”国家的・国民的危機”の真っ直中で開催されるのが東京五輪なのであることを絶対に忘れてはいけない。

20年東京五輪:歓迎の一方、疑問の声も…震災被災地

社説[20年東京五輪決定]真の「復興」世界に示せ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

「人権学習」という枠の中で「何を言ってもいい」という矛盾

昨晩はある人権学習会に参加して来ました。そのほとんど(主催者も含めて全員がといってもいいかも)が動員で集められた参加者の会です。 その時間はほとんどが講師の話で、「これについてあなたはどう思いますか? …

「HSC」にとって学校ほど過酷な社会はありません

そもそも「HSC」にとって、学校ほど過酷な社会はありません。大人であれば、対人関係が苦手であったとしても、それをさほど必要としない働き方を選ぶことができます。しかし、学校という場は全員が同じでなければ …

生きていくためのランニンングコストの引き下げを社会的なムーブメントに

豊田さん、なかなかいいことを言っています。 「日本の自動車関係税は世界でとんでもなく高い。例えばフランスは保有税はゼロ。米国との比較では31倍。」 「軽自動車は地方の人々にとっては実質的には公共交通機 …

仕事も育児も嫌なことはやらない!それが一番いい

イヤなことはやらない。 ものすごく共感! 「親が常にいつも好きなことをして、生き生きと「楽しいね」「次はこんなことにチャレンジしよう」と前向きであれば、子どももそうなるんです。 自己肯定感が高く、自分 …

今必要なのは、素のままにそこに居る大人の存在と「待ち続ける」こと

武田さんのような大人がたくさんいたらいい。 今必要なのは、素のままにそこに居る大人の存在だ。 今、多くの大人たちは、恥をかくこと、失敗すること、弱音をはくこと、助けを求めること、負けることをとっても怖 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク