健康

鳥取県の平井知事、「ワクチンは礼儀」「ワクチンはマナー」なんて言わないで!

投稿日:16/02/2021 更新日:

鳥取県の平井知事は「ワクチン接種は、我が国全体に集団免疫をつける大事な大事な仕事。対象者全員に行き渡らなければ意味がない。」という。
しかし、自分が「対象者」になっても絶対に打たない!
「ワクチンは礼儀」「ワクチンはマナー」なんてことは絶対に言わないでもらいたい。
接種ありきの前提ではなく、新型コロナウイルス対策およびワクチン接種の必要性について、すべての県民が理解できるように説明してもらいたい。そのうえで、マスクの着用もワクチンの接種も個人の判断することです。

全国知事会としてもワクチンの特別対策チームを編成させていただきたい。
15日に発足した特別対策チーム。Web形式で初会合を開いた。チームは全国知事会の対策本部内に設置され、トップのチームリーダーには鳥取県の平井知事が就任した。全国民が対象のワクチン接種という前例のない課題。地域の実情に応じた接種体制が求められている。
それぞれの地域で「何とか方式」を作って工夫をしていかなければならない。

特別対策チームは、国との情報共有や各都道府県との連携を通じ接種体制を構築し、住民へのスムーズな接種につなげたい。
ワクチン接種は、我が国全体に集団免疫をつける大事な大事な仕事。対象者全員に行き渡らなければ意味がない。円滑に進めるため、この特別対策チームを生かしていきたい。

新型コロナワクチン接種への動き加速 鳥取・平井知事が特別チームのトップ務める(鳥取・島根)

女性看護師は「上司に『怖くて打ちたくないのは理由にならない』と圧をかけられた

一般に先行して行われる医療従事者向けのワクチン接種に、医療現場からは副反応などへの不安や、院内で圧力が生じることへの懸念の声が上がっている。
 コロナ患者に対応する阪神地域の病院に勤める女性看護師は「院内では『全員接種』の通達があった。上司に『怖くて打ちたくないのは理由にならない』と圧をかけられた」と明かす。
 接種を希望せず、退職を検討する職員もいるという。近い将来妊娠も視野に入れる女性は「自分の意見も言えず、接種を受けない人が悪者扱いされるのはおかしい。人権が無視されている」と涙ながらに訴えた。

県ワクチン対策課の担当者は「接種が望まれる」としながら「最終的には個人の判断。接種の有無で業務の担当などに影響してはならない」としている。

ワクチン特例承認 副反応不安、病院内の圧力…現場懸念

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

鳥取県コロナ関連の重症者6人、死亡者2人、島根県は重症者0人、死亡者0人

接触者を片っ端から検査すれば偽陽性者が増えるのは当たり前。 陽性者の属性には症状については何も書いてありません。 こっちの方が重要なんじゃないの? 57万人の県民の中で、わずか重症者6人、死亡者2人。 …

今の大人たちのやるべきことができていない

抗議を受けた室井佑月「あたしの意見は福島差別になるのだろうか」〈週刊朝日〉 室井佑月「なぜ子どもをわざわざ福島へ連れていかなきゃいけないの?」 理解できない。 http://dot.asahi.com …

日本赤十字社「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」が分かりやすい

今、世界中で新型コロナウイルスによる感染の拡大が続いています。日本全国に緊急事態宣言が発令されて、外出やイベントの自粛が続いています。それが長期に渡ることによってコロナの予防と経済活動の停滞をさせない …

感染予防のため消毒やマスク?子どものマスクは、虐待です!

子どものマスクは、虐待です! 大人のマスクも不要です。 大人が外さなければ、子どもははずせません。 消毒やマスク、新しい生活様式は免疫力を下げる。 その結果、感染症にかかりやすくなる。 大事なことは陽 …

新型コロナウイルス「感染爆発の重大局面」はどこまで重大か、検査の能力と限界

武蔵野大学国際総合研究所研究主幹 鎌江伊三夫氏の解説です。この解説も信頼度が高い内容だと思います。 「感染爆発の重大局面」とはどこまで重大なのか。私たちは今の事態をどう理解すればよいのか。 感染経路の …

スポンサーリンク

スポンサーリンク